夢工房ハイライト岡さんのところへカウルを持って行きました。
やはり小さい傷を治したりすることは中々難しく、古い塗装も活かすことはできないとのことでした。
細かい割れは治しても塗料が跳ねてしまい綺麗にはならないとのこと。全塗装は高額なのと味がなくなるので一旦諦め、
フロントカウルの割れとスクリーン周りの修正塗装(わかりますよ!とのことでしたが)と、
アンダーカウルの穴あきを裏から積層と、クイックファスナー穴の破損の修正積層、
両方裏側のフラットブラックの手塗りをお願いしました。

DB1のマニアさんで仲川さんともお知り合いでした。もちろんTIO江澤さんの紹介でしたがPHの高見沢さんとも
お仕事仲間のようです。みんな仲間ですね。(笑)

a0051924_17384424.jpg
a0051924_17384188.jpg
車で夢工房ハイライトへ
a0051924_17390306.jpg
岡さんはかなりのマニアックでした。
a0051924_17385917.jpg
a0051924_17385674.jpg
a0051924_17385268.jpg
a0051924_17385070.jpg
a0051924_17384739.jpg
DB1のモデルはワンオフで作っているそうです。


そしてリアカウルは持ち帰ってまたまた傷埋めやってます。
a0051924_17390684.jpg
まずは3000番で水研ぎ。細かい傷は消えました。


a0051924_17391137.jpg

a0051924_17391506.jpg
a0051924_17412448.jpg



この割れも味ですね。
一ヶ月は乗れません(笑)
ハイライト岡さんよろしくお願いいたします。

タンクタッチアップしようかな〜〜〜〜。


# by hiki-hiroyuki | 2017-11-05 18:03 | Comments(0)

フロントカウルを自分で修復しようと、、、、まずは裏からの積層のためにブラックの塗装を落とそう!と、、、

a0051924_22500421.jpg

a0051924_22500512.jpg
a0051924_22500749.jpg
a0051924_22500789.jpg
a0051924_22500633.jpg
a0051924_22500640.jpg
前から気になっていた剥がれがひどいので一度全部アセトンで落としました。ものすごく大変でした。ここで進路変更。こうなればアンダーカウルもリアシートも一度綺麗にしよう!と一大決心しました。


そしてアンダーカウルも!!!
a0051924_23013674.jpg
a0051924_23013733.jpg
a0051924_23013755.jpg
a0051924_23013878.jpg
a0051924_23013875.jpg
a0051924_23013816.jpg
a0051924_23013926.jpg
明日夢工房ハイライトさんに相談に行ってきます。いや〜立ちゴケはものすごいコストと成りました。

とほほ、、、、。


# by hiki-hiroyuki | 2017-11-04 23:04 | Comments(0)

a0051924_22382156.jpg
a0051924_22382038.jpg
さて割れてしまったスクリーン。ネットで色々探してみますが、リプロ品含めもう手に入らないようです。1型2型は絶滅種ですね。
a0051924_22382528.jpg
a0051924_22382250.jpg
a0051924_22382163.jpg
a0051924_22381892.jpg
有吉さんところでモンジュイタイプを購入しましたが・・・・。
a0051924_22382377.jpg

かなりサイズが違います。フランジもなく???電話してみたら、一つだけ在庫があるので送ってみます!と送っていただいたのがこれ!
a0051924_22420858.jpg
おお!合いそうです!


a0051924_22382460.jpg
左がモンジュイ右がオールドレーシング製
a0051924_22434003.jpg
a0051924_22440616.jpg
穴も最初から開いていたので、開け直さないとな〜っとゆっくり合わせてみるとなんとかそのままつけることができました。
有吉さんありがとうございました。しかしフランジもないし2型のリプロは存在しないようですね。
a0051924_22454964.jpg
割れを修復して保存してアクリル屋さんに聞いてみよう!




# by hiki-hiroyuki | 2017-11-04 22:46 | Comments(0)

スイッチ修復。パッと見ると大丈夫のようですが・・・・。開けると粉々
a0051924_22275311.jpg
a0051924_22274004.jpg
治すのは不可能なので、大山さんにちょっと塗装が違いますが部品を譲っていただく。
a0051924_22274372.jpg
大山さんのスイッチのパーツを移植することにします。
a0051924_22274685.jpg
上が2型のカプラー、下が3型。ベベルは2型と同じですね。

a0051924_22274355.jpg
a0051924_22275375.jpg
a0051924_22275343.jpg
a0051924_22275292.jpg
a0051924_22274863.jpg
a0051924_22275039.jpg
a0051924_22332317.jpg
無事に移植完了。
a0051924_22332627.jpg
a0051924_22333456.jpg
治りました。点灯チェックも完了。





# by hiki-hiroyuki | 2017-11-04 22:34 | Comments(0)

タンクの復旧!
少しキズやヘコミがあったのでハリマのデントハリマにお願いすることにしました。
a0051924_22153566.jpg
ここの引き起こしもお願いしました。結果は塗装の際にリペアがなく残念な結果でした・・・・。
a0051924_22153501.jpg
タンク内のチャプチャプ止めの仕切り板がありタンクの内側からはデントアプローチができなたったとのこと。仕方なく表から引き起こそうとしたが塗装が剥がれ、その後は何の接着で引き上げを試みるがダメだったので結果溶接アルミ盛りで修復。塗装も焼けたのでこちらで塗装しますとのことでお願いしました。
アルミ盛りのところは綺麗に塗装できてましたが、フローパイプや一部クリアーのハゲや傷の未補修などがありました。う〜ん70点ってとこですかね。残念。
a0051924_22153712.jpg
a0051924_22153731.jpg
a0051924_22153642.jpg
本日タンク設置ガソリンを入れてエンジン始動!無事に復活しました。

# by hiki-hiroyuki | 2017-11-04 22:24 | Comments(0)

見たくもないですが
a0051924_22084086.jpg
スイッチ。中が粉々に・・・・・・。

今日気づきましたがウインカースイッチがタンクにヒットしてました。少し凹んでました。僕も凹んでます。



a0051924_22083945.jpg
a0051924_22084085.jpg
ここは磨けば治るでしょう。

a0051924_22083729.jpg
フロントカウルステーのところが割れました。



a0051924_22083872.jpg
写真ではわかりせんがエクボができました。



a0051924_22083912.jpg
a0051924_00044096.jpg
スクリーン大破!





スイッチ・フロントカウル・タンク・シールドとやられました。




# by hiki-hiroyuki | 2017-11-04 22:13 | Comments(0)

DUCATI f1 2型 整備日記



a0051924_21500524.jpg
久しぶりのワイヤリング。これは間違いですね。
a0051924_21500561.jpg
あまり綺麗ではありませんね。


慣らしも兼ねて箱根を抜けて沼津の先まで行って本田さんのいるナップスにレストア完成のF1を見せにって燃費を計って帰ってきました。
a0051924_21500710.jpg
a0051924_21500609.jpg
a0051924_21500453.jpg
19898km-19785km=113km÷4.92L=22.96km

すごい!いくら高速道路で時速80kmの慣らし運転とはいえ「リッター23km」はすごい!前はこんなに伸びなかったです。

a0051924_21500780.jpg
a0051924_21500631.jpg
このあとガレージで深夜たちゴケという恐怖が待ってます。

a0051924_21500829.jpg
a0051924_21500884.jpg
a0051924_21500964.jpg
最新のスクリーンに交換!!

a0051924_21583428.jpg
バイク屋さんに全然行けなかった、、、いつの間にかにこんな便利シールドがあるとは。少し高いですが冬に備えて更新しました。
a0051924_21583890.jpg
a0051924_22002877.jpg
江澤さんところによってお願いしていたスイングアームのキャップとオイル交換をするためにアルミのガスケットを購入。


そして、、、、ガレージでフキフキしている時にこかしてしまいました。
なんと慣らしで200km走ってレストア完成!と叫んだ夜の出来事でした。


とほほ・・・・・。がっくし・・・・。


# by hiki-hiroyuki | 2017-11-04 21:59 | Comments(0)

ducati TT1への道12

久しぶりに仲川さんところへハリスマフラーを持って行きました。


a0051924_21563435.jpg
a0051924_21563476.jpg
a0051924_21563572.jpg
a0051924_21563576.jpg
a0051924_21563561.jpg
a0051924_21563658.jpg
a0051924_21563610.jpg
a0051924_21563693.jpg
a0051924_21563779.jpg
a0051924_21563792.jpg
a0051924_21595693.jpg
a0051924_21595797.jpg
a0051924_21595729.jpg
a0051924_21595807.jpg
ポン付けとはいきませんでした。少しブラケットより全体が短かったので、バンク角を稼ぐためにエキパイ側を少し伸ばして取り付けることにしました。早速古いマフラーを旋盤で削りだしてもらいました。













タンクもいい感じになってきました。まさにロングタンク!です!!!


a0051924_22042140.jpg

a0051924_22042577.jpg
a0051924_22042676.jpg
a0051924_22042604.jpg


a0051924_22042799.jpg
a0051924_22042831.jpg
a0051924_22042806.jpg













写真で送ってもらったキャリパーブラケットやマスタシリンダーの取り付けなどびっくりする加工でした。
a0051924_22410525.jpg

a0051924_22073022.jpg
a0051924_22075235.jpg
マスターを取り外すと!!









a0051924_22075904.jpg
こんな特殊な加工です。オリジナルのフレームをいじめないで!のお願いにこんな特殊な加工となりました。ありがとうございます。

















a0051924_22094417.jpg
直引きになったマスターシリンダー内もバラして加工。これは僕にはわかりません。これまた大変な手間をかけていただきすいません。

















リアのキャリパーステーもごっついものでした!!!
a0051924_22110374.jpg
a0051924_22110109.jpg
a0051924_22105864.jpg
a0051924_22105612.jpg
実物は本当にごついでした。かっこいい!!!








a0051924_22115613.jpg
a0051924_22123224.jpg
a0051924_22123928.jpg
a0051924_22123696.jpg
リアタイヤも付きました!!!
























いや〜〜〜どんどん進んでます。しかし今更ですが悩んでます。






a0051924_22331676.jpg
a0051924_22331777.jpg
a0051924_22331723.jpg
本当にハンドルが切れません。今更なのですが・・・・・。現在900SSの移植です。モンスターの方が SS
より5mmオフセットがあるようです。それに交換するしかアンダーブラケットとフレームの隙間を増やす方法しかないのか!!!フロント周りに財産を投入しているので諦めることはできません。現代バイクの全てを打ち込む最高のTT1のはずでしたがそもそもがダメなのか・・・・!さあどうしましょう!でもなんとか乗れたりして(笑)これはかなり無理っぽいです。

# by hiki-hiroyuki | 2017-09-17 22:37 | Comments(0)

ducati TT1への道11

さらに仲川さんところから写真が・・・・。




a0051924_22015520.jpg


ついにF1−1型のアルミタンクの延長が始まってました!!!40mmほど伸びるのでしょうか。楽しみです。







幾つかの部品も購入。

a0051924_22071403.jpg
オイルフィラーキャップ。なんと現行部品です。久しぶりに普通のドカティーショップで購入。










a0051924_22091554.jpg
間違って発注してしまったオイルクーラーのエンジン側のRUN MAX製のアダプター







そしてシフトレバーを江澤さんが見つけてくれました。

a0051924_22120023.jpg
a0051924_22115836.jpg
a0051924_22120664.jpg
F1純正です。








そしてついに大物をゲット!ハリス風マフラー(新品)ミブコーポレーション製で最後の一本をTIOさんに譲ってもらいました。メッキをかけてないのでリブが合うか緑フレーム合わせてからメッキに出せます。もしかしたらポン付けでいけるかもです。TT1の残された大物はカウルのみとなりました。

a0051924_22160872.jpg
ハリスマフラーは凹ましてなんぼ!とハマヒロさんに教えてもらいました。
a0051924_22161197.jpg
少し錆びていますが、深くはないので大丈夫でしょう。新品です!しかしいくら待ってもハリスマフラーはネットでもでません。
a0051924_22161597.jpg












ハマヒロさんの凹ましてなんぼのもんんです写真です。

a0051924_22263074.jpg
a0051924_22263485.jpg
a0051924_22263700.jpg
しっかりマフラーを上げないとこうなるようです。
a0051924_22275635.jpg
a0051924_22282653.jpg
ハマヒロさんありがとうございました。仲川さんと取り付け考えてみます。TT1で膝すりを夢見て・・・・。










ちなみにネットで前のオーナーの写真を見つけました。
a0051924_22303108.jpg
スイングアームやビータと思われるタンク。落札にはエンジンとフレームだけでギブアップ。誰が持っているのかな???スタンドのありかは見つけました(笑)エンジンは目覚めるのでしょうか?

a0051924_22402463.jpg
a0051924_22405836.png
しかし皮肉なものです。バラバラになった車両部品を購入して作り直すとは・・・。まあこうでうなくこうしますが・・・・!
a0051924_22440058.jpg





# by hiki-hiroyuki | 2017-09-11 22:46 | Comments(0)

ducati TT1への道12 20170810

仲川さんから続々と写真とメールが飛び込んできました!!!!








こんな塊が・・・・・・・・・・

a0051924_23203929.jpg

a0051924_23194626.jpg

これを削り出して!











a0051924_23131622.jpg

ヤッホー!!!かっこいい!!!!












そしてリアブレーキは・・・・・・・・

a0051924_23255724.jpg


これを削り出して!






a0051924_23132066.jpg


おおおおおおおお!!!!!!!!!!!










そしてヤフオクでミス購入したリアマスターを!!!!50mm ➡︎40mmに汎用性のあるプレートを製作!これはオリジナルのベルリッキーフレームをぶった切って溶接する方が早いのですが、あえてフレームは触らないようにお願いしました。あまり意味ないですがなんとなくです。







a0051924_23354441.png

これを手間をかけて付けてもらいました!!!










a0051924_23132365.jpg

おおおおお!直な感じ! 大改造しましたと仲川さんよりメールがありましたが!シンプルすぎる!構造!!!
いやはや、自分で全く作業していませんが感動ですね。

ステップもF1用なのでベルリッキのステップ径とも違うのですがお願いしてスリーブ入れて流用できるようにしてもらいました。


自分では絶対無理な魔法です。すごいな!プロは!ググッとTT1は進み出しました。

しかし夢は大きく日本一乗りやすくて早いF1を目指します。なんちゃって!!!ぜーんぶできたらエンジンやりたいな〜〜〜〜。














部品が足りません・・・・・

a0051924_23394729.jpg

シフトレバー 1番  

この部品が足りないことが判明!写真逆側のシフトチェンジに必要です。

いよいよ気が早いですがこんな物も妄想中。



a0051924_23413391.jpg
もちろんこれではなく!












a0051924_23415013.jpg
こうするために!





a0051924_23414248.jpg

a0051924_23413937.jpg

a0051924_23414546.png

などなど妄想中。(大山さんの影響大)







残るゲットが必要な物と行程は・・・・
大物はカウル(3型流用か?)ペイント、ウインカーリア、チェーン、
何よりもエンジン本体です。

まだまだ先になりますが、小物の取付や電気関係の整理をしつつ楽しんでいきたいと思います。
一度仲川さんの工場からうちのガレージに持って帰ってなぜなぜしながら整備で1年ほど引っ張ります。


仲川さには残作業、
TT1タンク1型から改造して製作、フロントブレーキ周り(ビックブレンボ・ディスク)の取付調整、フレーム調整、車高やディメンション調整(走るバイクにするため)キャブとアクセル取付調整
バイクの基本構成を頼みます。


# by hiki-hiroyuki | 2017-08-11 00:10 | Comments(0)

初めてのブレーキメンテンナンス




リアブレーキの引きずりが出たので、一度自分でやってみよう!と奮起しメンテナンス部品を購入し色々なビデオ映像を見て勉強してみました。
















a0051924_22260926.jpg
a0051924_22261273.jpg
これらを購入!万全な体制なはずです。


















a0051924_22270247.jpg
まずはキャリパーを外して、、、、、、」










a0051924_22270554.jpg
ずっと前に買っていた便利グッズを取り出して試してみました。便利!というか必需品です。







a0051924_22270703.jpg
定番中性洗剤でゴシゴシ洗いました。









a0051924_22270945.jpg
洗ってもみ出ししたのですが、やっぱりバラさないと!と!











a0051924_22290470.jpg
フルードを抜いて、ピストンを抜いて、











a0051924_22290799.jpg
シールを慎重に外します。







a0051924_22291043.jpg
シールを掃除してMR−20を塗布して・・・・










初めてのオーバーホール!シールキットが高くてなかなか手に入らないかったのでとりあえずのオーバーホール。








a0051924_22365521.jpg
いよいよ組み上げてから、便利グッズにフルード充填し、フルードを注入・・・・????
ブレーキをいくら踏んだり離したりしてもフルードが上がってきません。














落ち着いていろいろ考えてみて、やっと解決しました。







ブレーキを踏む、ボルト一瞬緩めて締める、フルード送る、ブレーキ離す、ブレーキ踏む、ボルト一瞬緩めて締める、フルード送る。

このサイクルが必要と!

やっているうちにわかり無事にエアーが抜けて完了。

が、、、、しかし症状は変わらず???

結果別マスターから先のジョイント部品のグリス切れが結果原因でした。
バラしてグリスアップしたらななんともなく治りました。


しかしこれでフルード交換、エアー抜き、ブレーキシール交換の行程はなんとなくやっていけそうになりました。マスターのオーバーホールは次の機会に勉強しましょう。











治りました!!!

# by hiki-hiroyuki | 2017-08-10 22:49 | Comments(0)

ducati TT1への道11

仲川さんところへオーリンズのモンスターSR4延長フォークを持って行きました。フロントのオイルクーラーとフェンダーの間が900SS 用では短くフルボトムできない!かもしれないとのことで、延長キットを組み込んだものでセットしてみます。

a0051924_22560256.jpg
なんちゃっての一台をまたまたバラシです。
a0051924_22564769.jpg
バラバラ逆さ吊り。フォークは仲川さんところへ!

少し進んでいました。

a0051924_23062473.jpg
a0051924_21500297.jpg
a0051924_21500476.jpg
a0051924_21495993.jpg
a0051924_21511024.jpg
a0051924_23071600.jpg
a0051924_21510847.jpg
ヤマハTZRφ210のブレーキディスクのボルト頭を逃げるために微妙な加工が必要です。






a0051924_21504625.jpg
a0051924_21505297.jpg
奥にあるのがスーパーバイクのスプロケの受けです。この塊を加工をします。

a0051924_21505994.jpg
ということでこのホイールを選んだためにワンオフの部品を作成することになりました。仲川さん曰くは、こんなことは毎回やることなのでとおっしゃってますが。楽しみです。

# by hiki-hiroyuki | 2017-07-28 23:12 | Comments(0)


色々ありました。(笑)
a0051924_20503532.jpg
a0051924_20503780.jpg
ガレージで立ちゴケ!スタンドを外したらハンドルが切れたままやったので右に倒れました。体で傷がつかないように人間フェンダー!F1とCBRの間に挟まれ動けず。大した傷はなかったですが・・・。

a0051924_20535359.jpg
ビタローニの付け根とカウルに傷がつきました。ついでのカウルの白い部分もタッチアップしました。
a0051924_20510159.jpg
この手のタッチアップキットが本当に便利です。結構ホンダの白も合います。

a0051924_20505673.jpg
a0051924_20505305.jpg
a0051924_20505824.jpg
a0051924_20504975.jpg
a0051924_20510332.jpg
ちょっとツヤがきついですが・・・・。水ペーパーでツヤを落として完成。










a0051924_20582913.jpg
ずっとコックから漏れが止まらないのでいよいよコックの交換をします。

a0051924_20583604.jpg
このトラブルコックと別に備蓄しているお漏らしコックを勉強のためバラしてみると・・・・。腐食もしているし立ち上がりも腐ってますね。

a0051924_20580400.jpg
a0051924_20580184.jpg
これが交換しただめコック。PHさんにて面だしもしてもらいました。穴も腐食がないのに?何でこんな綺麗なので漏るのでしょうか?

a0051924_20583182.jpg
こここも増し締めしました。シールも新品にしたのにじとっとお漏らし止まりませんね。かなり締めました。

a0051924_20583415.jpg
新コック装着完了。ガレージのガソリンの匂いが消えました。








a0051924_21413450.jpg
続いて!リアブレーキが引きずります。どうやら脱脂スプレーをかけたのが原因かもしれません。フロントもかけて掃除したのでやばいかもです。一度自分でやってみようと!道具を購入しました。

a0051924_21431915.jpg
a0051924_21434604.jpg


シールキットがめちゃくちゃ高いです。もう少し出せばキャリパーごと交換できそうなん金額です。まずは水で洗ってからピストンモミモミしてみましょう。





# by hiki-hiroyuki | 2017-07-28 21:46 | Comments(0)

ducati TT1への道10

仲川ところへ極上のヤフオクでゲットしたビックブレンボのディスクを持って行きました。
下の写真がそもそもオフセット7.5mm。ドカ定番のサイズです。

a0051924_22574444.jpg

このスペーサーを触りたくなかったです。





a0051924_22574682.jpg

a0051924_22574731.jpg
極上のディスクをヤフオクげゲット!!!インナー予備までおまけ付き!






しかし!おまけはオフセットがプラス3mmでした。




ヤフオク史上最高に近い状態でした。結構がっくりが多いヤフオクですが、


たまにはいいものゲットできました。




あくまで予備としてアウターを千葉産に付け替えて、インナーはヤフオク行きです!


a0051924_22574864.jpg
付け替え完了。







そしていよいよタンクの製作にかかります。仲川さん!宜しくお願いいたします。
a0051924_22574914.jpg







イタリア職人の技が光ります。僕にはわかりませんが、溶接をする人には内側にビートが残るのはとてもすごい技のようです。

a0051924_23321631.jpg






a0051924_23321180.jpg






a0051924_22574989.jpg






a0051924_22575067.jpg






a0051924_22575098.jpg











 
a0051924_23105541.jpg

ハマヒロさんにお借りしたハリスのFRPタンク。これならポンつけです。このシルエットにどこまで近づけるか!!仲川さん宜しくお願いいたします。


# by hiki-hiroyuki | 2017-06-25 23:17 | Comments(0)

2型は嘘のように普通に走るようになりまた。

130kmほど慣らし運転に東京往復、回転を4000以上使わずに走ってきました。3000回転付近のもたつきもなく、やはり全バラの前からキャブの不具合とピックアップの不具合があったかもしれません。嘘のように順調です。
高見沢さんありがとうございました。複合トラブルだけに、絶対脱出不可能でした。


迷宮脱出感謝です。


a0051924_22395456.jpg
前はタンクの上にこれをつけてましたが、あまりにも不細工なのでパーツを利用して再セット。トップブリッジの下にボルト穴があるのでこれを利用しました。

a0051924_22395577.jpg
a0051924_22395685.jpg




しかし順調なのですが定番のオイル漏れ。クランクではありませんようにと念じながら・・・・。仲川さんところへお礼参りに行ったら「これですよ!」とフィラーキャップ。緑フレームのエンジンから外して付け替えるとバシッと止まりました。ほっ、、、、。




a0051924_23253613.jpg







a0051924_23255442.jpg







a0051924_23263162.jpg
なんと単純。フィラーキャップがだめでした。エンジンからのオイル漏れはナシ!です!よかったよかった!!!


# by hiki-hiroyuki | 2017-06-25 22:52 | Comments(0)

ducati TT1への道9

いや〜千葉産には参りました。

お安くしていただいたビックブレンボ、本体は最高でしたが、付いていたパッドは何用か分からないですが、厚すぎて装着ができませんでした。新たに購入しましたが、、、、高い!!!


インナーは再アルマイトされおり、ぱっと見は綺麗ですがキズものでした、、、、。

そして新品のピンとEリングとありましたがEリングはオーバーサイズでがたがたでした。

オーリンズ14mmピンに対しEリングは9mmなのに10mm用が付いているのか??


手で取れるぐらいのガタガタEリングでした。

中古購入なので仕方ないですが、納得いかない高い買い物でした。
a0051924_22163095.jpg
a0051924_22164523.jpg
APが付いていたのか段差が付いてます。
a0051924_22165212.jpg
これだけ分厚いと6mmのディスクは入りません。
a0051924_22170474.jpg
a0051924_22165892.jpg
何用のビックブレンボパッドでしょうか?
a0051924_22171441.jpg
9.5mmあります。ワンサイズ大きいです。
a0051924_22170929.jpg
上にのっているのが純正のブレンボのEリング。下の黒いのはでかいです。
インナーは再度ヤフオクに出します。(再アルマイトももちろん明らかにして!)
a0051924_22234209.jpg
新しく購入したディスクにおまけのインナーが。しかしオフセットが7.5mmではなくプラス3mmでした。あくまで予備として(使うときはキャリパーにスペーサーを)置いておきます。

# by hiki-hiroyuki | 2017-06-25 22:34 | Comments(0)

ドカティーレストア絶好調73ついに終了!!!



やっとこさ終わりました。仲川さんところでバラして組んで、最後に迷宮入り。パワーハウスさんに助っ人お願いして無事にレストア終了です。 3年かかりました。いやー長かった。

パワーハウスさんに行く前にすべてのストックキャブをばらして洗浄。予備パーツとして一緒に入れ込みました。
a0051924_22204671.jpg
アトマイザー(ガンメタ塗装キャブ)
a0051924_22215023.jpg








B265です。アトマイザーとニードルを新品にしてセットですね。次の課題です。
a0051924_22230181.jpg
このMSとはなんですかね?塗装も自家製ではないようです。
a0051924_22240799.jpg
ドカ仲間がデロルトのメンテナンス記事を教えてもらい早速ゲット。さらにガスケットのセットも用意しました。
a0051924_22254507.jpg
a0051924_22253080.jpg
a0051924_22252564.jpg
ニードルはK8(ガンメタ塗装)
なんとこれが今付けているリアは謎のニードルが入っておりとにかく濃い状態。フロントはこのガンメタ塗装をセットしたのでこの番手です。
a0051924_22281646.jpg
a0051924_22280519.jpg
いよいよパワーハウスさんにお願いしました。ちょっと触っただけでフロントキャブのミクスチャーの中には整備前のワッシャーとOリングが残っていました。ダブルで入っていたので全く機能なしでした。







PHにお願い事項

❶キャブ調整.電気関係調整(迷宮脱出願い)
❷リアサス調整(モンジュイ用のリアサスなので短いリンクユニットに交換)
❸フロントブレーキスッチ交換
❹燃料コック調整(これはダメでした笑)
❺ハーネス周りの整理













a0051924_22371774.jpg
❷リアサス調整(モンジュイ用のリアサスなので短いリンクユニットに交換)
これは劇的に変わりました。(最大緩めから20ノッチ)触れます!!!
a0051924_22510622.jpg
これが短いユニットです。これで標準の高さに!!!
a0051924_22450573.jpg
a0051924_22450171.jpg

今までスタンドで傾けるたびに「こける!!!」とヒヤッとし続けてました。そもそものリアサスの長さが間違ったままでした。普通の傾きなり足つきも良くなりました。




❹燃料コック調整(これはダメでした笑)


a0051924_22494212.jpg
せっかくやってもらいましたがイタリアの不具合でした。







❶キャブ調整.電気関係調整(迷宮脱出願い)

フロントバンクにミクスチャーにOリングとワッシャーの遺物を残したままさらに締め込んで全く効いてませんでした。後リアもオーバフローしていたようです。

リアのキャブはニードルが純正でないニードルが付いていたらしく、そもそもそれが濃すぎる原因でした。フロントのガンメタ色に交換したのでリアは最初からのキャブなので未調整のまま!ということでした。

現在は2型フロントに付いていたニードルがリアの2型にセットしてます。一度番手を確認しないとです。


そして何より、「ピックアップコイルがアウト!」でした。油温が上がるとダウン!する症状がパワーハウスさんでも起き、高見沢さんが走りながら止まったので「電気系!だ」との判断。ピックアッップを交換すると復活!でした。こんなトラブルは絶対に治せません。


a0051924_22532915.jpg
a0051924_22534828.jpg
川崎から藤沢まで走りました。以前の真っ黒とは違い!!燃えてます!!!








❺ハーネス周りの整理

a0051924_22580447.jpg
a0051924_22583496.jpg
a0051924_22584670.jpg
a0051924_22584059.jpg
ピックアップはカプラーに交換するために長めにとってもらってます。






いや〜。ハーネスや燃料ホースなどなど。やはりきっちり収まる場所があるんですね。タンクを外して写真を撮っておかないとです。


そんなこんなでパワーハウスさんのお力もお借りして無事にレストア終了宣言いたします。長かったですね〜〜〜!!!


そして完成記念にストックの部品を付けてみました。
a0051924_23020962.jpg
a0051924_23021461.jpg
a0051924_23022161.jpg




a0051924_23022942.jpg
光軸も合わせてもらいました!!





a0051924_23024009.jpg
a0051924_23023695.jpg
リアサスも短くしたのでチェーンの張りも調整してもらいました。ちなみに25mmほどのたるみです。



そんなこんなでやっとレストア終了です。パワーハウスさんから鵠沼まで何のトラブルもなく走って帰れました。キャブがもたつくこともなく、素直にふけ上がりました。4000回転をキープして初めての慣らし運転となりました。トラブったままで慣らしもできなかったので、また次はロングライドに挑戦したいと思います。

いや〜知識がないので本当にみまさまにご迷惑をおかけしました。次は乗りながら勉強です。燃料コックも交換しないといけないです。キャブセッティングも煮詰めたいし・・・。さて?このままトラブルなく走るのかな〜。まだ信用できません(笑)



# by hiki-hiroyuki | 2017-06-04 23:21 | Comments(0)

整理も含め動画をアップします。完全に迷宮入りです。ギブアップ。やれることは前後ジェットを絞るぐらいしか思いつきません。配線系も怪しいですが一通りやっただけに完全迷宮入りです。もう自分では無理な感じがしてきました。
5月2日
5月3日
5月3日

a0051924_22283296.jpg
a0051924_22282956.jpg
a0051924_22282734.jpg
a0051924_22282450.jpg
a0051924_22282050.jpg
a0051924_22281755.jpg
このめくり方は失敗。8mmのコード外皮を削いて7mmにしないとしっかり止まらない。

5月4日
a0051924_22591824.jpg
コイルの入りのカプラーにテスターを当てると一定のタイミングで一瞬電圧が上がることを確認。この時点で実はピックアップ4本中1本が切れていたので、このテスターの数値が正しいかはわかりません。今度全部繋がっている状態で測ってみないといけません。



5月4日
5月5日
仲川さんところへトランポで移動。
結局な何んとピックアップの4本中1本のギボシが折れていたために通電せず。テスターで抵抗値を見るとコイルなのに抵抗値がテスターを当てても振らない!エンジン内を疑ってみたが結局単純なミスでした。これで治ったと思って自宅に戻りエンジンもかかり、翌朝走りましたが突然のストップとなる。
a0051924_22310062.jpg
a0051924_22310116.jpg
a0051924_22310121.jpg
a0051924_22310215.jpg
a0051924_22310269.jpg
a0051924_22310390.jpg
a0051924_22310314.jpg
a0051924_22310378.jpg
5月5日
自宅に戻りタンクを取り付けエンジン始動。問題なくアイドリング。これで治ったと思いましたが・・・。

5月6日
翌日走りましたが見事にエンジンストップ。ほんの2キロほど走ったら3000回転から老けないな???と思ったらのけぞるようにエンジン停止。

5月7日
イグニッションコードの取り付けがイマイチだったかと・・・旧コードに取り替える。問題なくアイドリングするので「イグニッションコードの取り付けミス」と判断!これで解決!試走は一週間後と決める。

5月14日
辻堂まで走ったら3000回転付近でかぶったように前回と同じ症状でエンジンストップ。プラグも発火、ガソリンも行ってることを確認する、プラグを変えてもエンジンかからず。30分ほど押して帰る。ヘトヘトなので一度エンジンをかけてみるとなんとかかかり急いでガレージに戻る。この映像ではなんとアイドリングしているが走っている時もかぶったようなもたつきのまま帰還しました。
a0051924_22562069.jpg
プラグは真っ黒!!!フロントキャブのミクスチャーをチェックするとなんと全閉状態。これは明らかにおかしくめちゃくちゃ濃い状態。しかし左に緩めると回転が落ちてエンジンが止まります。最初はアイドリングしていましたが、プラグを変えても最終的にはエンジンがかからない状態になりました。
リアのキャブにもなんかコツコツと打音もありなんか嫌な感じです。

a0051924_22562347.jpg
とりあえずキャブを昔のに戻すかと・・・・。またまた丸裸・・・・。

5月17日
エンジンをかけてみると普通にかかりアイドリング・・・。やっぱりキャブかも???







あまりにもトラブルが多くわけわからなくなりましたので一度整理します。



1、エンジンがパンパン行ってバイクが前に進まない!
2、とにかくキャブを掃除してフロントに別のキャブを取り付ける 145/65
3、ピックアップの4本線をいろいろ試してみるが3000回転から4000回転でボソボソ言った後とつぜん加速!4、もうダメなのでウオタニに修理に出す。
5、配線が間違いに気づく。イグニッションコードもテレコ、CDIユニットから出たせんもテレコ、テレコのテレコでは走れません。配線をウオタニ図面通りで再配線し直す・5、見事に走る!気持ちいい!最高!で車庫に戻り
6、配線をシュリンクやテープできっちり収める
7、エンジン始動かからない?プラグを外してセルを回すと火花が飛んでない。
8、配線を全てあらわにして、改めてスターを当てる。配線導通を確認。コイルに行っている箇所には微電流時々1.2Vが流れているので、もうピックアップしかないということで仲川さんところへトランポ◆アース取り直し◆ウオタニ交換◆配線交換◆コイルの電圧チェック◆ピックアップの抵抗値未確認(これがいかんかった)9、4本のピックアップの抵抗を見ると明らかに赤白が抵抗がない!断線の疑い
10、ケースを開けてピックアップを確認。あちこちをチェックするが、結果自分で配線し直したギボシのところで線が折れていて不通でした。
11、ピックアップの配線をやり直し、2.5mmに隙間を調整し蓋をする。
12、火花を確認する。
13、自宅に戻り、火花チェックしながら配線を整理する。
14、エンジン始動!すぐにアイドリングし、ブリッピングしてもきっちり回る。15、公道で試運転1キロほど走る。問題なく走る。ウオタニを新品にしているのか軽い走り。
16、国道に出ようとしたらのけぞるようにエンジンストップ。
17、工具がない!エンジンを再起動するが時々かかるがすぐに止まる。仕方なく押して帰る。
18、まずは火花チェック、火花は飛んでいる。
19、ここで発見プラグキャップが緩んでいたので締め直してプラグを掃除してエンジンをかける。
20、エンジンはかかるもののやはりおかしいまま。
21、キャブのファンネルを開けてガソリンが送られていることは確認。ガソリンも行っている。
22、フロントが燃えてない?のでイグニッションコードを入れたり抜いたりするとフロントも燃える。
23、エンジンは時々かかるが安定しない。そして別日に
24、プラグの配線をチェックする。プラグキャップがしっかり刺さってない、コイルとプラグのジョイントを見る。
25、満充電してエンジンをかけると何もなったようにアイドリング。
26、いよいよ試走。
27、辻堂(役2キロ)走ったところで急に3000回転ぐらいからかぶり出したような感じがしてそのままエンジンストップ。
28、火花チェック、キャブレターのファンネルから燃料チェック(加速ポンプから燃料が出ている)
29、押して自宅に戻る(約一時間)途中でエンジンをかけるとかかる。調子は良くないが自宅に戻る。再度エンジンをかけるとかかるが、結果ガレージに車両を入れて再稼動するがかからず。かかっている時にマフラーからポン!という音があるリズムでなったり、リアキャブに嫌な振動も感じる。
30、エンジンがかかっていた時にミクスチャーをチェック。リアは2回転でアイドリングが上がるので問題ないが、フロントは全閉まる状態で左に緩めると回転が落ちてエンジンが止まる。
31、フロントもリアもプラグ真っ黒(特にフロント)
32、その後はエンジンかからず、時々火が入るがかからずでした。

# by hiki-hiroyuki | 2017-05-15 22:36 | Comments(0)




バイクが前に走らない症状から暗中模索。いろいろやっているので忘れずメモを残します。まずはリアサスを縮めます。まずはネジ山許す限り縮めてみました。結果足つき良くなり乗りやすく、サイドスタンドの収まりもましになりました。
a0051924_20353887.jpg
  
a0051924_20405517.jpg
ここのスパナーがなくヤフオクで購入
a0051924_20425633.jpg
a0051924_20362588.jpg
a0051924_20365013.jpg
a0051924_20355689.jpg
a0051924_20372458.jpg
a0051924_20372115.jpg
この釣り方なら後輪が先に上がります。
a0051924_21224767.jpg
一応マジックでマーキング











a0051924_20441681.jpg
いずれは注文しなけらばならないスロットルピストン 品番60/
a0051924_20441924.jpg
ミクスチャースクリューもこんなに長さが違うものでてきました。

















キャブを交換しても同じ症状だったのでウオタニさんにチェックをお願いしました。結果・・・・(魚谷さんには本当に親切な対応に感謝です)
a0051924_20465129.jpg
配線が間違っていました。図面を送っていただきました。
a0051924_20523140.jpg
この図面通り一から配線をやり直す。結果プラグは前後逆に入っているは、ピックアップからも前後逆、テレコのテレコでコンピュータはさぞ混乱していたことです。ウオタニさんの丁寧な対応でこれで解決か?

a0051924_20570607.jpg
a0051924_20570370.jpg
バルタイもチェックしました。問題ないようです。そしていよいよ試走!



エンジンも無事にかかり、すべてが順調になりました。本当に気持ち良く乗れました・・・・・が・・・・


治った治ったと大喜びも束の間、すべての配線にシュリンクチューブとテープで防水処理をして完成!そしてエンジンをかけたら???かかりません。プラグを外して火花を見ると!!!全く火花が散ってません。

a0051924_21025685.jpg
せっかく巻いたシュリンクとテープを全て外し配線チェック開始!
a0051924_21040062.jpg
キルスイッチを動かすとたまに火花が散ります。怪しいのでバラしてみるが特に目けんでは問題なく、、、。
a0051924_21050689.jpg
オレンジ・白もRUNにすれば導通します。配線的には問題ないようです。
その他配線を全てチェックするもののはずれたりしている箇所は見つからないです。
a0051924_21060669.jpg
何よりウオタニに行っている電源もしっかりと確認。これでダメならウオタニが逝って仕舞った・・・としか考えれない。しかしこんなタイミングで??迷っても仕方がないので仲川さんところのTT1用を取りに行く。

a0051924_21084766.jpg
a0051924_21103681.jpg
a0051924_21110571.jpg
a0051924_21110088.jpg
アースも全て取り直し・一応アルミプレートもアルマイトを剥がす→火花なし
心臓部分を移植する。→火花なし
新品の付属配線に交換してみる→火花なし
プラグを新品に→火花なし
もう一度配線を見てみるが異常なし






完全迷宮入りとなりました。残っているとしたら、コイルとプラグコートも新しくするか、ピックアップの再チェックぐらいしかありあません。昨日はあれだけしっかりと走ったのに全く分かりません。幻のような走りの後の完全迷宮状態。打つ手がなく本当に落ち込みます。

改めてすべての配線をチェックし直さないといけないが、寸前まで走ってただけに・・・・。頭混乱です。今日は寝ます。

組みあがってから、キャブをやり直し、ウオタニを修理に出し、配線間違いに気づき、そして走るようになった・・・・直後の火花が飛ばない・・・ウオタニ変えてもダメ・・・何が悪いのか・・・・。F1レストアで最大のピンチです。

# by hiki-hiroyuki | 2017-04-30 21:19 | Comments(0)

a0051924_11554349.jpg
a0051924_11555463.jpg
オリジナル2型のキャブを外し、ヤフオクレストアキャブに交換する。フロントが違うキャブで走ってみたが基本的は症状は同じ。ということはキャブが原因ではないということ・・になるが・・・・。迷宮入りの前にメモ代わりに残しておきます。

a0051924_11561620.jpg
配線は図面通り
フロント WB→WR W→R

これでエンジンをかけてみると・・・・・

3000あたりから吹けなくなる、フロントキャブはパンパンと全くダメ。

a0051924_11574862.jpg
フロント側の配線を入れ替える。
WB→R W→WR



エンジンの始動性は少し悪くなります。エンジンがかかった時アイドリングが2000回転ほどに上がりました。フロントキャブのアイドルスクリューで下げました。2000〜3000の間でもたつきはしますが、吹けるようになります。これで走ってみると。

低速 アイドリングから少し上では走り出しもスムースで調子がいい感んじ
中速 3000あたりから吹けなくなる。ボソボソと回転を上げていくと・・・
高速 4200ぐらいから急加速する。その後は4500から6000内でシフトを合わせて走るとものすごく走ります。が下は全くダメ。

以上が症状です。2型オリジナルのフロントキャブの時も、新しくつけたキャブもでも基本の症状は同じです。フロントを変えたほうがパンパンいうことは少なくなり4500〜6000で走ればそれは気持ちがいい!走りです。
一体どこに原因があるのか?
a0051924_12054028.jpg
リアはいい感じ
a0051924_12060571.jpg

フロントはやや黒、2型オリジナルの時はこれ!
a0051924_16592170.jpg
左側がフロント!
この症状だけは明らかにちがいます。

とはいえキャブなのか?はたまた別の原因があるのか?
僕にはもうわかりません。頭を冷やそう!なんとかなるはずだ!

みなさんのお力を!くださいませ。

# by hiki-hiroyuki | 2017-04-15 12:42 | Comments(0)

フロントプラグは真っ黒ですが、今までのキャブでは白く、逆にガソリンがスムーズにいってなかったことも考えられます。明らかに違います。もしかして・・・・。


a0051924_17403781.jpg



a0051924_17405353.jpg
リアはキャブがそのままなので変わりません。

# by hiki-hiroyuki | 2017-04-09 17:43 | Comments(0)

迷宮入り脱出作戦②
ピックアップ配線を入れ替えてみるが迷宮から脱出できず。ストックのデロルトをオーバーホールして取り付けてみる第2作戦へ



a0051924_16452304.jpg
2セットある内なんとなくガンメタ色に塗ってある方が状態が良さそうなのでまずはこいつを分解清掃組み立て!

a0051924_16465587.jpg
いや〜バラスとひどい状態ですね。
a0051924_16470859.jpg
加速ポンプもダメです。今付いているキャブから移植。ダイヤフラム2、Oリングセット、ミクスチャーのワッシャーをグッチーノさんに発注しました。リアもガンメタに交換できるように準備します。

a0051924_16472585.jpg
a0051924_16472187.jpg
a0051924_16470423.jpg
スロットルボディーも状態は良くなく、2型のアクセルからニードルまではそのまま使用してみます。



とにかくキャブクリーナーを吹き付け、10分漬け込み、パークリで洗浄しエアーで仕上げ。ガソリンをつないでみてリークテストを繰り返しいよいよ始動!





今一な感じですね・・・。外が雨なので爆音が近所では迷惑なので調子が見れません。この画像の前は明らかに3000で失速してパンパンいってます。あまり変わらないような気がします。

そしてアイドリングだけはします。これも同じ症状です。





a0051924_16575573.jpg
これがハマヒロさんに見せてもらった理想の焼け具合。少しきつね色がベストだそうです。


a0051924_16592170.jpg
左がフロント、白く焼けているのはガソリンが入ってないということであまりよくない状態です。リアの方が少しましですが・・・。


そんなこんなでフロントキャブを別キャブに交換してもあまり症状が変わらないような予感です。天気のいい日にはしてみないと分かりませんが・・・・。第3作戦はピックアップの隙間チェックです。いやはや・・・・。


# by hiki-hiroyuki | 2017-04-09 17:01 | Comments(0)

迷宮から脱出できません。3000回転を超えたあたりで、ボソボソとエンジンが吹けず、パンパンもごもごと・・・・。片肺のようにパワーが出ません。まずは裸にしてウオタニの配線・ピックアップの配線をチェックする。みなさんのアドバイスでピックアップの配線ミスで似たような症状が出るとのこと。

a0051924_16094434.jpg
またまた裸にします。


a0051924_16110778.jpg

a0051924_16121567.jpg
a0051924_16124144.jpg
a0051924_16175918.jpg
これは配線図通りの配線①





a0051924_16130025.jpg
リアを入れ替えてみる②





a0051924_16130570.jpg
フロントを入れ替えてみる③これはかからず・・・。
a0051924_16131008.jpg
なんとなく良さそうでも???④



a0051924_16271848.jpg

a0051924_16272107.jpg
分かりやすいようにギボシ配線に変えました!これでいつでも試せます。


ものすごく回った感じ!治った!と思ったのもつかの間。3000回転でもたついた後、前輪が浮くぐらい加速をするというわけのわからない現象が起きる???これだけ回っているのに?走行で負荷がかかるとバイクが前に行きません。なんだろう???



もう諦めハマヒロさんところにお邪魔することにする。何度かエンジンが止まりそうになりながら無事に到着。



a0051924_16295435.jpg
ハマヒロさんはアクセルふかした後「根本的におかしい!」とバルタイをチェック。フロント側が一つずれていたようです。ピンのマークがゴムにありちょっとした癖を知らないとこうなるようです。
この後走ったら!やった!治った!!という軽快な走りでしたが、、、、


a0051924_16301428.jpg
なぜかまた迷宮入りしてきました。
a0051924_16331162.jpg
a0051924_16330823.jpg
ハマヒロさんに直伝で掃除の仕方を教えてもらう。キャブクリーナーとパークリとエアーで綺麗にして再度走ってみるが・・・・・やはり吹けない、、、だんだん悪くなってくる。

結果フロントのキャブが仕事をしていないという状況からは抜け出せないまま時間切レ。

ハマヒロさんと相談し、とにかく別のキャブをフロントに入れてみて、それで治ればキャブが原因。それで治らなければ別の要因(電気系統とかピックアップとか)となる。

すっかりお世話になりました。ありがとうございました。

ということで横浜から自宅まで乗って帰りましたが、やはり吹けません。キャブが原因ならいいのですが・・・。






# by hiki-hiroyuki | 2017-04-09 16:38 | Comments(0)



アイドリングは何もないようにするのです・・・・・?でも3000回転以上でボソボソ・・・、そのままアクセルオンしてもいつもの加速が起きません。1.5気筒な感じです。パワーが出ません。


a0051924_20213113.jpg
仲川さんと相談し、ハマヒロさんに教えを頂きました。

パイロットスクリュー全閉から2.5回転が限界です。こんなものでしょうか?
スロー62、メイン145でかぶり気味で黒いのですが薄い感じもあり145から142にスローを62から65にしてみようと考えてます。デロルトのF1はスタンダード145、65あたりでしょうか?

こんな質問に対してハマヒロさんの回答です。

「パイロットスクリューではなく、エアミクスチャースクリューでしょうか?
キャブの横に付いているモノですよね?
基本は 全閉から1.5回転戻しです。
開けると濃くなり、閉めると薄くなります。
スローは#65ぐらいが一般的です。
2.5回転も開けているならなおさら#65が良いと思います。
交換したらミクスチャーを1.5回転戻しにしてみてから微調整してみてください。
メインは140~145ぐらいが多いです。
スロー#62でカブっていたのであれば、
原因はジェットではなく他にあると考えたほうが良いです。
あと、よくあるのがバルタイでしょうかね。
ベルトが緩すぎて1コマ飛ばしちゃったとか。
1型系はバルブが小さくてオーバーラップが少ないので1コマ飛んだぐらいではヒットしないんです。」


ということで仲川さんと方針決定。スロー65でミクスチャースクリュー1.5回転なら、メインジェットを142か145
にしてみましょう!と


a0051924_20213002.jpg
最終的にメイン140、スロー65でセット。しかし吹けません。3000あたりでボソボソとなり、バイクが前に進みません。それ以上回せば回るのですが、ドドドド!というドカならではの加速がありません。
仲川さんもこうなるとお手上げ・・・。ハマヒロさんの言う通り、ジェットの問題でない感じがしました。



今後の方針として・・・・・

1、とりあえず家に一度持って帰る。
2、キャブ事態を疑うということで、予備の2セットのキャブばらして洗浄して、取り付けてみる。もしくは誰かに調子のいいキャブをお借りして走ってみる。
3、これで治ればキャブ自体がアウト
4、それでも不調ならばキャブではなく他(電気系統?)に原因がある。

ということで一度乗って自宅に帰りました。本当に走らないF1です。プラグをチェックすると・・・・・。

a0051924_20212992.jpg
こちらがリアマックロクロスケ!

a0051924_20213015.jpg
フロントの方が少しましです。

a0051924_20213143.jpg
デロルトセット。フロートバルブのガスケット使っただけですので、これらを使って予備の36を洗浄組み立てしてみます。

キャブでなかったら・・・・考えてもキリがないですがとにかくやってみよう。

a0051924_22052133.jpg
2セットありますが・・・・年代物です・・・・。果たして?そもそも?大丈夫かな?と悩んでます。


# by hiki-hiroyuki | 2017-03-25 20:50 | Comments(0)

ducati TT1への道8

スプロケットが完成。オリジナルより長いギアシャフトが入っているようで、結果ALFAでオリジナルのモンスター用を作ってもらいましたが、仲川さんの旋盤加工が必要でした。


a0051924_20090815.jpg


a0051924_20091309.jpg




























オルタネーターカバーも再び購入。こちらを先に付けることにします。スポルト用なので激安2000円也。前回のF1用セカイモンの20分の1でした。



a0051924_20090802.png
ヤフオクで19×18のマスターをゲット。本当は削り出しにしたかったのですが・・・・ここは無理せずまずは組み上げることで。それなりの値段でそれなりのやれ具合でした。


# by hiki-hiroyuki | 2017-03-25 20:17 | Comments(0)

3月11日

いやはや、レストア初めて3年。やっとこさ車検をお願いして車両をピックアップして自宅まで!バイクが全く加速しません。全然躍動感がありません。3000回転超えるとボソボソともたつき、なんとか自宅まで戻れましたが・・・・・・。ドカらしい乗り味は何処え・・・・・・。かなり凹みました。
a0051924_20135747.jpg
a0051924_20135591.jpg
カーサ・デ・プラノ野村さんに車検をお願いしました。ななかさんのご紹介でした。またよろしくお願いいたします。

そして走って帰ろう!と走り出したら・・・・・全く吹けません!3000回転からボソボソともたつき、片肺のようにパワーが出ません。あのドカドカドカという加速感もなく、やっとこさで自宅へ戻りました。改めエンジンやら各部のチェックをしてみたら・・・・。


a0051924_20240404.jpg
a0051924_20235955.jpg
a0051924_20241992.jpg
a0051924_20241950.jpg
a0051924_20243470.jpg
a0051924_20242952.jpg
a0051924_20244716.jpg
オイル漏れのオンパレードに思わず笑いが止まらない!本当にイタ車の精度はどうなってるのか!笑うしかありません。
a0051924_20250929.jpg
a0051924_20251257.jpg
燃料が濃くて真っ黒なのか?燃焼が悪くて真っ黒なのか?



3月12日
仕事終わりでエンスト覚悟で仲川さんところまで自走!だんだん慣れてきてボソボソ言う3000回転当たりを使わずになんとか仲川さんところへ到着。(19030Kmがレストア後のスタート。20000kmエンジンオイル交換を忘れないように。)
a0051924_21203643.jpg

症状:3000回転を超えるとボゾボゾと回らない。その後ゆっくりアクセルあげると回転を上げると上がるが、バイクがグイグイ前に全く行かない。右股下のフロントキャブはパンパンと弾けてます。マフラーからはアクセルを戻してパーシャルでもパンパンが止まりません。とにかくバイクが前に行きません。

早速仲川さんチェック。アイドリングするものの、仲川さんもブリッピングしながら??????の連続。片肺?燃えてない?プラグを外してみると、ススが付いているので濃い!しかし走りは濃くない?????

とりあえずキャブをばらす・・・・「フロートバルブのガスケット入ってないのじゃないですか?」キャブをばらしてすぐに気づく仲川さん!すごい!前回キャブからだだ漏れをハマヒロさんのもしかしてOリング入ってないのでは?でリアは解消(ここで入れたの厚い紙のガスケットOリング)してましたがフロントはノーマーク。これに新たにパッキンを入れ直し、仲川さんが試走!。戻ってくると「85%は解消しました!」パワーが甦りました。油面が定まってないために調子が出なかったようです。



とりあえずは仲川さんところへ入院
・パイロットスクリュー2.5回転緩め。これが限界なので・・・。ここのチェック。
・スローを60から65に戻す。部品は新品を発注。
・リアのフロートバルブのOリングを薄い硬質の方に交換(これも油面が変わります。オーバーホールキット発注)
※紙がスタンダードなようです。とにかく2個セットで注文だ!

a0051924_22145289.png
これらを注文して仲川さんに再度調整をお願いします。仲川さんがキャブの調整するための試走ライド。この飛び乗りが謎です。自転車の片足乗りでもなく、バイクはハンドルだけでなんでバイクにまたげるのか???『秘技』です。これができればアルビからの出庫は抜群にカッコよくいけます。

仲川さんところでオイル漏れなどなどチェック。またまたクラッチドラムの入り口からフルード漏れ。これは仲川さんに増し締めをお願いする。フロントのオイルラインのバンジョーは昨日増し締めしたのが効いたのか、オイル漏れなし。エンジン下部からの各所オイル漏れも本格的にエンジンを回したのか?なぜか漏れなし(さすがイタリア)
カーサ・デ・プラノ野村さんにアリート製のフロントフォークシールを交換していただく。高さが高く今後漏れたら、純正のダストシール付きに交換した方がいいとのこと。

仲川さん!キャブ調整復活加速!よろしくお願いいたします。

# by hiki-hiroyuki | 2017-03-12 20:56 | Comments(0)


いや〜楽しかったです。ずーっと明けても暮れてもベベルとパンタの話ばかり。よく話題が持つものです。おそらく不具合の連続が生み出す、ネタの宝庫Ducatiの仕業です。
a0051924_22163693.jpg
a0051924_22163408.jpg
前日から大山秘宝館に工作員さんと泊めてもらいましたが寝たのは4時でした。
a0051924_22163923.jpg
これを塗るとガソリン系の漏れも止まるそうです。キャブのドレンボルトからにじみ出るガソリンに使ってみたい。
a0051924_22164222.jpg
羨ましい環境です。
a0051924_22164535.jpg
我がTT1の分身がこんなところに!返してください!僕の分身!と言いたいところですがもう手に入れてます。
a0051924_22165009.jpg
a0051924_22164866.jpg
泉田さんのお宝もこの人の手に・・・。
a0051924_22165622.jpg
a0051924_22165350.jpg
餃子をよばれ、、、
a0051924_22170487.jpg
宴会をして、、、、
a0051924_22170957.jpg
還暦を祝い、、、

a0051924_22165997.jpg
a0051924_22170174.jpg
翌日はヘッドバラシ講座も開いてもらい、、、
a0051924_22171157.jpg
豆大福を買い
a0051924_22173335.jpg
a0051924_22173730.jpg
激安激ウマのお蕎麦をいただき、、、、
a0051924_22171450.jpg
a0051924_22171695.jpg
a0051924_22172997.jpg
かっこいい高村さんの2台のベベルとパンタのエンジンを聞かせてもらいました。


いや〜たまたま日光に仕事で行く日だったので前日からの合流。ベベルパンタ漬けの丸二日!最高に楽しかってです。皆さんベテラン!聞くこと全て楽しく勉強でした。ありがとうございました。

# by hiki-hiroyuki | 2017-02-16 22:30 | Comments(0)

ducatiTT1への道 7

まだまだディクスも見つからず装着まで時間がかかりますが、とりあえずパンタクラブで教えてもらったようにエアーでゆっくりピストンを押し出しMR20をたっぷり含浸させておきました。固着してなくてよかったです。
a0051924_23105877.jpg
a0051924_23110123.jpg
a0051924_23110418.jpg
旧バッテリーの写真を引っ張り出しましたが、どこのメーカーか?わかりません。
a0051924_23110630.jpg
多くすぎて入らなかったバッテリーはお仲間に格安で横流し。少々容量が不安でsぐあYTV-L BSの台湾ユアサにしました。たぶんもう一回り大きな14の開放型も入ると思いますが、やはり密閉型の方がバイクには楽なのでこれにしました。まだ希硫酸入れていません。車検先のショップが決まれば液入れ充電と行きます。さあ!いよいよデビューです・・・・。でももう2月。このまま夏だったりして・・・。


# by hiki-hiroyuki | 2017-02-15 23:19 | Comments(0)

やっとこさ全ての漏れが止まりました。
a0051924_22563567.jpg
まずはブレーキバンジョーも漏れていません。
a0051924_22564121.jpg
a0051924_22563919.jpg
このドレンボルトからの漏れが原因でしたが、マジ締めで止まりました。
いよいよこれでF1レストアは終了です。後は車検だけですが、なかなか平日にできないのでショップに頼もうと思ってます。どこか良いとこないかな〜。


# by hiki-hiroyuki | 2017-02-15 22:59 | Comments(0)

ずっとフォークからのオイル漏れやっとわかりました。



動画は一部理解していないのでちょっと間違ってました。よしさんに教えてもらい解決しそうですf。

まずはブレーキフルード。
a0051924_20102587.jpg
ブレーキをインシュロックで固定して一週間!見事にもってます。順番にたどりやっと見つけました。

a0051924_20103226.jpg
一番マスター側のバンジョーでした。まし締めして再度漏れを見てみます。
a0051924_20122414.jpg
テストに紙をあてて漏れをチェックします。
a0051924_20131003.jpg
再びインシュロックで固定してます。途中様子を見に行きましたが漏れは今の所ありません。ブレーキのタッチもタイトなままです。もしかしたら治るかな???



a0051924_20143257.jpg
最初はこのアスクルシャフトの固定ボルトから持っているので??アスクルシャフトにシールがあると思っていましたがそれではなく、ドレンボルトからの漏れでした。

a0051924_20143465.jpg

右側は確定できまし締めしましたがほとんど緩んでいなかったのでおそらくシール交換が必要かと思います。




a0051924_20172838.png

この部品が必要ですね・・・。

ただ左側も持っているようです。ドレンボルトをまし締めしましたが少し緩んでいました。パーツクリーナで綺麗にしたのでまた数日後にチェックしてみます。これで治れば全てバラさずに車検に行けます。


その後よしさんから・・・。インナーパーツ固定のフォークアウターの底のヘキサゴン(六角穴)ボルトですね。そのシールワッシャーからでしょうね・・・・とのこと
a0051924_20450979.jpg
a0051924_20450791.jpg
鏡を使ってもヘキサンゴンらしきもはなく・・・インナーパーツですからね。

a0051924_20460931.png
このパーツの交換が必要かもです。・・・やはり図面がないとわからないですね・・・。


# by hiki-hiroyuki | 2017-01-29 20:21 | Comments(0)