<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

20080524

20080523
仕事終わりで油壺に23時到着。ついつい夜更かしをしてしまい、2時就寝。
20080524
日高さんの電話で起きる。少々寝過ごしてしまい8時起床。まずはクーラーボックスの固定用のベルトを取り付ける。左右にアイを取り付けそれにベルトを抱かすようにする。簡単に出した状態と引っ込めた状態でも、両方使いやすいベルトの長さと取り付け方はもう一工夫が必要。とりあえず帆走には問題ないようにする。ベルト取り付け後は、前回の残った木工事に取り掛かる。スタン側の受けはビスをはずしすべて埋木をし、板がぶれないように受けを取り付ける。ギャレー側も、使わないときに受けの板が暴れないように、L型の木を作成し取り付ける。真鍮の板を加工して取り付ける。
a0051924_21402430.jpg

クーラー上の横板が出して使うときにはめる幅木。
a0051924_21404671.jpg

a0051924_2141635.jpg

後はニスを塗るだけ。

午前中から窓の取り付けが終了し、いよいよハードドジャーが乗る。全員での作業となる。色がクリーム色になったので戦闘的なイメージから、とてもやさしいイメージに変わる。色というものはすごいものだ!
a0051924_21475061.jpg

a0051924_21461831.jpg

a0051924_2145169.jpg

13時過ぎから雨が降ってきたがみんなで取り付けを決心し、カバーをして一挙に取り掛かる。そんななか日本テレビの技術の下見もあり、土屋さん久保さん、技術の鴇田さんがこられる。インマルサットのスイッチを入れて試験的に電波を出して見せようとするとエラーがでて使えない。山本電気さんに来てもらいチェックしてもらうが、やはり不具合があるようだ。洋上で起きずにくわばらくわばら。
これから鴇田さんと中継のこと、撮影のことを細かく打ち合わせをしていき、ミスの無いようにしたいものです。夏すぎには洋上から伝送・メール・生放送の実験を繰り返しやらなくては・・・。

a0051924_21433499.jpg

新しく加わっていただく技術の鴇田さん!

4人がかりで雨の中、シーリング材をしっかり塗りこみ一挙に取り付けにかかる。ドッグハウス裏側がたまたま、四角く穴の空いている元スピードメーター穴、ついでに埋木をする。全員で順番にタッピングで止めていく。はみ出たシリコンをふき取るのが一苦労!一番スタン側ポート3本はエンジンルームよりビスナットで固定。スタボー側はバルクヘッドにあたるため、スタンより3本目はタッピングで後ろ2本がビスナット止めとなる。みんなでわいわいやりながら終了!雨が強くなる。何とか取り付け完了!やっと付きました!後始末をし、バスに乗ろうとしたところ、ロケが終了した、さかなくん伊藤社長ロッキーマネージャーにピックアップしてもらい家まで送ってもらう。ありがたやありがたや!いよいよ来週天候が問題なければいよいよ鴨川です。
a0051924_21484193.jpg

a0051924_21485878.jpg

愛称は「ドナルド!」
a0051924_2153836.jpg

by hiki-hiroyuki | 2008-05-24 21:49 | Comments(0)

20080509セーリング合宿

今回は9日間船中泊を中心に座学と実施練習を繰り返し、最低限のセーリングのスキルを寛平さんに覚えてもらうための合宿。幸い整備が少し遅れたのでABSをベースキャンプで行うことができた。いろいろお世話になりっ放しで日高夫妻には本当に感謝です。

20080509
朝8時40分寛平さんより到着の電話。荷物を積み込み、油壷へ向かう。10時30分過ぎ到着。日高夫妻にごあいさつをする。またまた西岡さんより、釣り道具をセッティングして再プレゼントしていただく。しかもタックルボックスつきで・・・。ありがとうございます。雨が降るとのことで早目にスライドハッチを取り付けてしまう。ハードドジャーの方はフランジが仮溶接できたところ! 
まずは練習開始。シートワークのおさらいから始める。すこし間が開いたので勘を取り戻すまですこし時間がかかったが、前回の半分の時間で一通りできるようになる。その後メインシートセッティングから、メインセール上げ下げ、セッティング、リーフ、リーフ解除、インナージブセッティングアップダウン、アウト。トップセールのセッティング、ファーリング、タッキングのウインチワーク・・・・。と止まった船の上ですが、しっかり練習できました。驚くべき集中力。理解が早い!今日はNTV土屋さん、坂本さん小澤さんと表敬訪問していただき、賑やかな一日。夕方で終了し風呂に行っていつもの喫茶店で夕食。船に戻りゆっくり飲んで寝る。明日は復習のち海にでることにする。台風の動きが気になるところ・・・。

a0051924_20145437.jpg

土屋さんがプロジェクトのチーフ演出となる。長いお付き合いになります。よろしくお願いいたします。

20080510
すこし飲みすぎ起床は8時30分。寛平さんもぐっすり眠れたのこと・・・。今日は朝からすっかり雨・・・。レトルトのなめこ汁とおにぎりで朝食。雨はあきらめ新品の合羽を着こみ、ふたりで昨日の復習をしながら出港準備をする。インナージブもセットし、10時30分出港。いよいよ寛平さんとの二人だけの出港!

a0051924_20153771.jpg

初めて二人だけでの出港。

ゆっくりゆっくり油壷湾を進む。ヨット第一弾としては少々風が強い!1ポイントリーフで初めてのメインアップ!止まった船とは違い、かなり緊張と船の揺れで思うようにいかない寛平さん。

a0051924_20161912.jpg

いきなり練習には少々きついコンディション。雨風の中でのマスト周りのクルーワーク。昨日止まった船でさんざん繰り返しやってはいるが、本番はなかなか思うようにいきません。まだそれぞれの作業、それぞれのギヤが何を意味しているかしっかり理解できてないので仕方がない!それでも一生懸命やっている姿には脱帽!

当たり前といえば当たり前。初日の航海。無事にセールもあがり、アビームで走る。まずは僕が単独で上手回しでラフしてタック、アビームではしる!を繰り返しスタンデッキから見てもらう。理解できたところで舵を代わる。まずは舵を切るとどっちに船が走るかを体験してもらう。それからは「風上に行きます!ハイ!ラフ!」「風下に少し行きます!」をくりかえし、その後は上手回しでタックをし、アビームでの帆走を繰り返す。最後には何も言わなくてもばっちり船を走らせている寛平さんにはおどろき!5メートルから10メートルそして雨!少々初心者にはハードなコンディションだが、3時間しっかりとセーリングし13時30分に無事入港。船をかたづけ風呂屋で風呂を浴び、夕方はまたまた西岡さん宅におよばれになる。

a0051924_20171475.jpg

西岡さんには釣り道具提供やディンギーをお借りしたり、お世話になりっぱなしでした。ありがとうございます。

東出隊長以下ソウスミ・バンさんも途中参加する。すっかり斉藤中国料理マニアプロの税理士斉藤さんの料理を堪能し、船に戻る。ぴあチームとすこし打ち合わせをし、12時就寝。しかしラフな状態でも積極的だった寛平さんには乾杯!はっきりいって上手です。

a0051924_20175552.jpg

座学と実施トレーニングの繰り返し。船内でも勉強する寛平さん。

20080511
夜中はかなりの強風。夜が明けても強風なため、ABSの2階をおかりして座学をおこなう。まずは基本的なヨット用語を覚えてもらう。バウ・スタン・ポート・スタボー・・・・・。覚えにくいヨット用語をハイペースで集中して覚えいく!今回の合宿での寛平さんの集中力はすごい!昼過ぎに光代夫人到着。昼食を日高さんでおよばれになる。午後はすこし風が落ちたのでみんなで出港することにする。寛平さん、光代婦人、日高夫人、娘さん!風が落ちたと思い湾からでるとやはりまだまだ吹いていて、ブローで10メートルは超えていた。2ポイントリーフメイン一枚で走る。メインの上げ下げは両方とちった寛平さん。明日は止めた船で復習をしましょう。夜は日高ファミリーと食事。少々飲みすぎました。

a0051924_20182231.jpg

タックする二人。
a0051924_20184657.jpg

日高親子と寛平夫妻での乗船。しかも2ポン、びゅん吹き!油壷初のできごと!
a0051924_20192931.jpg

ドジャーの下の部分を一枚に溶接
a0051924_20195826.jpg

天盤を合わせる。溶接のひずみがこの後どれぐらいでるか・・・?

5月12日
今日も風が強いので、桟橋に付けたままで復習。メインセール上げ下げ・ジブ上げ下げ・リーフセットと解除・タックのウインチワーク・後は用語を復習する。遅めの昼食を光代婦人ととり、昼食後駅までお送りする。もどってから、もう一度一通りの作業を行う。風が強すぎるので4時に終わる。寛平さんは1時間ランニング。風呂屋にいってゆっくりする。明日も台風で出港は無理。ハードドジャーもだいぶ出来上がってきた。

a0051924_20203549.jpg

天盤をいよいよ仮溶接する。
a0051924_20205822.jpg

すべてのパーツがつくとかなりの大きさになる。船に乗せる経路も船で運びます。
a0051924_20212010.jpg
まだ天盤は仮溶接。しかししっかりとフォルムが出来上がってきた。

明日は日高さんの作業を手伝うことにする。かなりハードなスケジュールをがまんしてがんばっている寛平さん。用語も基本的な動きやシートワークもさまになってきた。夜再び坂本さんにモバ!HO!テレビを、持ってきていただく。これで退屈な船の中にもテレビが見れる。契約は7CHと気象専門チャンネルをお願いする。
a0051924_20214691.jpg

またまた勉強!勉強!
a0051924_20221357.jpg

モバHO!をわざわざ持ってきていただいた坂本さん。半ば強制ですいません。
5月13日
台風が通過。昨日の晩はすごい雨!滝のような雨!まだ風がかなり強い。いつ通りご飯を炊き、卵ご飯とみそ汁とうどん。朝食後、ヘビーウエザーセーリングのVTRを見ながら、時々止めながら座学を行う。昼食を日高さんにおよばれになり、午後からは船内のレクチャー。トイレの使い方や配管の構造、スルハルの位置の確認、エンジンのかけ方、スイッチパネルの各操作などなど・・・。頭がもう一杯や!と叫ぶ中、再びヨットの基本動作を風が強くセールがあげられないので、イメージしながらおさらいをする。3時すぎからはランニングに出かける。ハードドジャーもいよいよすべての溶接が終わる・・・。
燃料タンクのエアー抜きに油水分離器のようなものをつけ海水の逆流を止める工夫と、エグゾースト排気にもバルブをつけてもらうことにする。夜「木村屋」へ日高夫妻とホルモンを食べに行く。またまた飲みすぎました。
a0051924_20224029.jpg

スライドハッチ上部も出来上がる。ここは4mmのアルミを使う。ライフラフトを乗せるため。人がのってもびくともしません。

5月14日
飲みすぎ10時起床。また雨。本当に雨雨雨。ビデオで座学アナポリスシーマンシップ3を見る。昼過ぎから天気が回復し13時30分出港。すこし白波が立っているが、1ポンレギュラージブで快走!タックを何度もやる。タックは完全に理解した感じ。すこしは手間取るがすべての作業を寛平さんがおこなう。
a0051924_20241236.jpg

しっかりとしたフォルム。
a0051924_20245527.jpg

舵をとる寛平さん。
a0051924_20252088.jpg

ABS2階はすっかり、憩いの場とビデオをみて座学の場となる。

戻ってから、ストームジブとストームトライスルのセットをしてみる。またまた夕食をおよばれになる。昨日は飲みすぎたので、今日はビール一杯だけにして9時就寝。明日は昼過ぎから会社に行かなければならない。午前中は西岡さんにお借りした、OPディンギーで風を覚えてもらうことにする。

5月15日
ぐっすりねて7時起床。ごんぶとうどんで朝食。用意をして二人でOPに乗り込む。基本の動作を教え、日高夫人が撮影にテンダーで来たので寛平さんシングルハンドで練習する。昼前までタックやジャイブを繰り返す。一度会社に行かなければならないので、田中マネージャーと交代して昼過ぎに油壷を離れる。午後も引き続きOPでの稽古を行う予定。
a0051924_20274543.jpg

最初は二人で乗って簡単に操作を教える。
a0051924_20283460.jpg

ひとりでトレーニングする寛平さん。三日間で一人ででて、戻ってこれるようになる。風とセールとの関係もかなり勉強になった。西岡さんありがとうございました。
a0051924_20263016.jpg

手すりと補強が入る。これで人が乗っても大丈夫!完全に強度がでました。
a0051924_20304173.jpg

酩酊いや名艇カムシンとエオラス

5月16日
会社で缶詰会議。寛平さんは、引き続きOPディンギーでのトレーニングを繰り返しおこなってもらう。夜寛平さんはそのまま民宿で就寝。夜11時過ぎにヨットに戻り缶チュウハイを2杯、ラーメンを食べて就寝。
5月17日
今日は最終日ということもあり、NTVの土屋さんをはじめ、海宴隊・隊長、小坂隊員永嶋隊員が集まる。寛平さんの搭乗前にギャレーの整備に全員で取りかかる。ジンバルを外し少し上にあげ、ガス式クーラーを稼働させない時はギャレーした、冷却をかける時は熱がでるので手前に引き出して使えるように改造!
a0051924_20365170.jpg

a0051924_20371373.jpg

ベルトの取り付けや、細かい木工事がのこる。これで足元が広くなる!帆走中でもクーラーを使用したまま走れる!

ディンギートレーニングから戻ってすぐに全員で昼食を食べ、セーリング!すべてのクルーワークを寛平さんが行い、海宴隊の隊員は拍手!しかし本当にすごい進歩!あっぱれ!ハーバーに戻り、全員ビールで乾杯。
a0051924_20333765.jpg

マネージャーが迎えに来るまで、再びジンバルの細工。夜はみんなで名物木村屋で飯食う。明日日高さんにもお礼と残工事の打ち合わせも含め一人ヨットで寝ます。
a0051924_20315815.jpg

いよいよドジャーの窓の位置決め。
a0051924_20323851.jpg

窓ぬきも終了。いよいよ完成まじか・・・。
a0051924_2034865.jpg

本当にお世話なりました。合宿大成功!
a0051924_20345967.jpg

最終日は海宴隊も集合!
a0051924_20355424.jpg

見る角度によってはドナルドに見える。

総括
かなりハードな内容をあきらめずに続けていた寛平さんにはあっぱれ。油壺ボートサービスのご協力があり、スムーズに合宿をおこなうことができました。一応のクルーワークは理解し、二人でどこでも行けるまでにはなったと思います。後は乗船回数を増やし、体で風とセールとヨットの関係が理解できるまでには少し時間がかかるが、問題はなさそう。6月はISPNのヨットスクールでさらに練習をつづけます。みなさまおつかれさまでした。
by hiki-hiroyuki | 2008-05-18 20:41 | Comments(0)

20080503

20080503
朝6時に起き油壷へ向かう。霧雨がやまずに雨の整備がスタート。まずはコンパスライトの配線から始める。いきなり旧配線の取り回しを失敗し手こずる。古いコンパスの上部の電球が切れているよう・・・。せっかく新しい配線にしたがまたまたやり直し。一応スイッチパネル手前で5Aのフューズを取り付ける。予備は電気タッパー中。これだけで昼までかかってしまう。インスタントラーメンを食ってそのまま作業をつづける。クオーターバース上、セティーバース上、フォクスルにLEDを取り付ける。フォクスルの白熱球を交換し、そのまま配線をし、パラで使えるようにする。
a0051924_2132858.jpg

a0051924_2134848.jpg

これで本が読めます。低電力で本当にすぐれものです。
a0051924_214540.jpg

船内を整理。交換用のタッパーを作り、電球の替えやエンジン部品の交換品などなどまとめる。夕方からは日高さんのホームパーティーにお呼ばれになる。ごちそうさまでした。とてもとても愉快な会でした。ハードドジャーも目処がつきそう。イメージ通りにいきそう!今日は一日線の皮むきとはんだごてとの戦いでした。明日はゴムパッキン取り付けるか・・。
a0051924_215980.jpg


20080504
スタンハッチのパッキン取り付けをはじめる。ナットの頭をグラインダーでけずり、厚いほうの中空のゴムをつけてみる。完全に水密になるがやはりぶ厚すぎ、薄いほうにとりかえる。両はしコックピット側がすこし隙間ができるので、ゴムをコーナーにはる。
a0051924_215599.jpg

永嶋選手登場。バウハッチのロックの受けの木部の制作をお願いする。スカイハッチは分厚い方をつける。少々厚いがこの方が水密によさそう。バウハッチは薄い方で終了。山本電機の息子さんも残工事で来ていただく。インマルサットの国際VHFも使えるようになる。すべてのマニュアルを一度持って帰ってもらい、ファイルにするようお願いをする。同じものを正本もって打ち合わせしたい旨をお願いする。夕方お向いの別荘「西岡邸」で津軽三味線と尺八のショーにご招待いただく。トランスパックも出られた方で、経験豊富なヨットマンです。気象のサイトをおしえていただく。釣り道具もいただく。ありがたやありがたや。
a0051924_2165765.jpg

20080505
朝起きてすぐに塩ラーメンを食べて作業にはいる。永嶋選手はひきつづきバウハッチのロック金具の取り付け、微妙な作業で少々手間取る。
a0051924_2185990.jpg

T字の金具がまだとどいてないので、ひとつだけセットアップ!微妙な工事なので永嶋選手のテクニックが必要!
日高さんとツインポールの長さをチェックする。五十嵐さんにお願いしていたレギュラーと2枚張りをしてみる。ばっちりハンクスの位置も互い違いになっており、ペンダントも短くしてもらい、ばっちり!ポールは4メートルで発注し微調整することにする。3人で重量級の3口コンロを運び出す。長い間おつかれさまでした。少し船尾が浮く!はずした後のギャレーあとをきれいにする。人ジンバルの受けもはずす。コンロのガス管は合わないのでギャレー側でカットする。昼過ぎ小坂選手登場。ライフラフトを表に出す!いよいよ本格的なセッティングが・・・。3人でチキンラーメンを食べて作業スタート。ギャレーを板に載せるプランで行くことにし、作業は小坂選手にゆだねる。バタバタと突貫工事だがなんとか取りつく。少々ぐらつくので補強が必要。旧ジンバルのロックの受けの木部も、はずさないといけない。明日の作業に!しかしギャレー下が大きな物入れになり、長年の無駄なスペースが解消!かなりの物入れになりそう!3人で潮騒荘で風呂。まぐろ丼を食べ、二人は東京へ。ありがとうございましたいよいよ明日で整備は終わり。さすがにすこしバテテきました。今夜は久しぶりにびゅんびゅん風が吹いています。
明日の作業
ギャレーした木部撤去・ギャレー揺れ止め木部補強・ギャレーニス塗り・バウトイレ配管チェック・メインシートブロックセンター取り付け直し・フォクスペンキ塗り・・・・この辺で時間オーバーかな・・・。
a0051924_2174952.jpg

コックピット側から・・。これがあると航海はホントに楽だろう!
a0051924_218592.jpg

上から見るとスムースなカーブで収まる。
20080506
朝7時起床。まずはギャレーの揺れ止めをビスナットで止める。長さとナットの位置が微妙でまたまた手こずる。そのままジンバルの受けも接着剤を入れて固定する。一度ジンバルをはずしニスを塗る。バウの配管をチェックする。バースのクッションをはずし大掃除。トイレは一度フォールディングタンク上部に汚水が流れ、下部からバキューム・船外と続き、蛇口を閉めるようなコックが付いている。これを締めれば外部からの浸水は防げる。あとはフォールディングタンクからの逆流はトイレ側にある逆止弁で止まるという仕組みでした。その後インスタントラーメンを食べながら、船内整理と掃除。ニスが乾いたので、ギャレーを取り付け。旧ゴムホースは硬すぎ、ジンバルが動かないので、銅管を切り、直接ガスホースを取り付ける。やっと完成!ギャレー前の物入れがスムースに使えるようになり、ジンバル下も大きな物入れスペースに利用できる。ただしクーラーはぎりぎり高さあわず・・・。どうせなら計って入れれるようにすればよかった・・・。やり直すか・・・・?着火テストをする。「押し回し」と一番強い火と弱い火は逆!一応吹きこぼれガスストップも付いているみたい。
a0051924_2195969.jpg

a0051924_21102025.jpg

船首と船尾に名前が入りました。
9日よりいよいよ寛平さんと泊まり込み合宿がスタート。
by hiki-hiroyuki | 2008-05-06 21:11 | Comments(0)

20080428

20080428
朝早く起き油壷へ向かう。8時30分到着。まずはスタンハッチのヒンジをつけ直す。ほぼ同じサイズの部品だが、微妙に違う。今まで左にずらしてはずしていたハッチを、たまたま2重発注した、右側にスライドするヒンジだと穴を改めてあけるには丁度いいので逆側を使う。少々ハッチか船体自身がひねられており、パッキンと口に当たるナットの出っ張りの調整が必要。
a0051924_20443739.jpg

ファンベルトを増し締めする。一度ベルトをはずして清水ポンプのプーリーをまわしてチェックする。芯はでているがプーリー自体の外周の大きさにぶれがあるようだ。もう少し様子を見よう。エンジンを一時間回す。右のスイッチを入れ忘れ充電せずにまわしてしまう。もうこれは直結しなければ・・・。ウエストマリンで手配した、給油口のOリングを交換する。2本送って切れもらったが、太くて短いものと、長くて細いもの。これが純正のようだ。とにかく太い方にシリコングリスを塗って交換終了。
a0051924_20454098.jpg

ビルジポンプのスイッチも完了していた。これも直結で作動するようにする。一度テストが必要。
a0051924_20473340.jpg

床板を固定。早めの昼飯を食べてから、コンパスの取り付けにかかる。ホルソーとジグソーで手早くあける。配線はまだだが取り付け終了。
a0051924_2046173.jpg

夕方からは日高さんとハードドジャーの検証。まずは永嶋選手のプラバンをセッティングしたのち、アルミ3mmを直接あててみる。船台にパイプを固定してゆっくりまげていく。
a0051924_2049362.jpg

何とかなりそうだ・・・。本日は時間切れ。トイレ交換も美しく作業が終了していた。
a0051924_20482491.jpg

T字コック(フットポンプとの切り替え)が見事に作用し、トイレの給水はものすごく楽になった。これでみんなもトイレが楽になる。
by hiki-hiroyuki | 2008-05-06 20:49 | Comments(0)