<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

20080923

20080923
今日は整備が続きすぎているので気分転換に買い出しに嫁とでかける。まずは秋葉原にSSBの予備機YAESUFT-857DM一台、家で操作の練習用に100V→12VDC変換機と受信用の短いアンテナを購入。その後、サンハヤトの接点復活王ポリコールキング2本(大小)接点洗浄剤ニューリレークリナー一本を購入する。その後買うのはネットの方が安いので現物を東急で確認するため渋谷へ。フィスラーロイヤルシリーズ2.5リットルとシャトルシェフ2.6とシャトルシェフパスタクッカー選択。シャトルシェフがギャレーの下でジンバル式におけるようにセットできればかなり省エネでパスタをゆでたり飯を炊いたりできそうです。はやめに購入してギャレーしたにセットしよう。その後りギンカッターを買いに町田のカインズへ合わせ充電ドライバーの電池も購入しようと思ったが在庫なし、わざわざ一時間以上かかったのに・・・、ARMワイヤーロープカッターMS450を購入。12mmまで切れるとのこと。45cmとかなり小さい。こんなものを使うことがありませんように。結局家に戻ったのが7時30分。買出しだけでも時間がかかります。
a0051924_003393.jpg

世界一周をされた大瀧さんの本に載っていたデブコンを購入。やたら高いが強力な接着剤。リギンが一本ささくれたのにステンレスの針金をぐるぐる巻きにしてデブコンSTでがちがちにかためたそうです。アルミ用FRP用ゴム用を加えました。
a0051924_2359279.jpg

とうぶん家で練習します。本当に操作が複雑・・・というかハム音痴なだけです。
a0051924_23592229.jpg

6mmはすぐに切れました。ちょっと硬いですが・・・つかうことがありませんように・・・。
by hiki-hiroyuki | 2008-09-23 20:50 | Comments(0)

20080919

9月19日
台風ワッチに車で油壷へ向かう。どしゃぶりののなか、船中泊。夜中3時頃がピーク。南を通ったのでたいしたことはなかった。
9月20日
台風一過とはならず相変わらず蒸し暑いままの整備。まずは買ってきたチークでエンジンルームの一番下の部分を固定する。細かい作業で時間がかかる。昼過ぎまでかかってしまう。すべてをビスで押さえると、ガタついていた階段部分もばっちりととまる。
a0051924_14251391.jpg

a0051924_14253592.jpg

つづいて名人に耐水べニアにノコを入れてもらい縦板を製作。エマージェンシの板部材にもなる。マスト横のプロパン入れにパッキンを入れようと思ったが思ったより隙間が多く、買っていったCRゴムではだめ。再度購入すること。アルミの5キロのタンクがABSにあり、ダメ元でいれてみるとぎりぎりで入った。ラッキーである。これで5キロ×2本 2キロ×2本が収納でき、合計14キロとなる。これだけあれば足りるであろう?
a0051924_14264356.jpg
a0051924_1427014.jpg

a0051924_1428324.jpg

あとはチークのバテンが余っていたので、スイッチパネル上のカバーの固定に使う。今の取り付けは内側に水が垂れてしまうが、スプレー除けなので様子を見てみよう。朝から整備のやりっぱなしでへとへとです。夜はもとワイルドワンズ森さんのライブがあり、すっかり楽しませてもらう。
9月21日
天気がくずれるので早めに終了することにする。台風ワッチの夜きっちり閉めていない丸窓から水が漏ったので、シリコングリスを充填し、水道でバシャバシャ水をかけて漏れのテストをする。かなりの量をかけても漏らなかったので、他の全部もパッキンをはずし、溝を掃除しシリコンを塗る。これで外洋の大しけでも本当に漏らないかは少し心配。ストームトライスルをセット。高さをタックができるまでクルーをあげて使う場合はオープンスナッチをスタンクリートに付けて、ターンしてウインチ。
a0051924_14294987.jpg

a0051924_1430816.jpg
a0051924_14302432.jpg

タックをいっぱいまで下げて使うときはウインチ前にオープンスナッチを通してダイレクトにウインチへ。シートは予備のジブシートを使用。タックのシートはセールに付けたままでマジックでマーキングをする。いよいよの時のセットはレールに付けたままでセールがたためる。タックが外れないようにシートをマストアイに通して上に引っ張っておくと外れない。トライスルは結構面積もある。ちょっと大きすぎないかという不安も?
a0051924_14305327.jpg
a0051924_14311231.jpg

a0051924_14312963.jpg

a0051924_14314986.jpg

雨が降ってきたので整備終了。五十嵐さんにガンネル用セールタイにベルクロを縫いつけたものをリーフ用に2本ガンネル用に6本お願いする.

しかしおそろしいスピードで時間が進む。スタートまであと3日月しかない。整備はソーラーと予備のオルタネーター取り付けの大物を残すのみ、これからの3か月は積み込み品やセーリングを快適にするためのシェイクダウン、通信や撮影機材の積み込みなどなど・・・・、まだまだやることが山積み。しかし2か月の冬の太平洋横断。やりすぎる準備はないのでしっかりやりましょう。しかし時間がない!2ヶ月間という未経験の大洋航海、不安と期待が入り混じる今日この頃。日本を出るときはしけませんように・・・・。
by hiki-hiroyuki | 2008-09-21 14:27 | Comments(0)

セーリング合宿

20080913
昼前に油壷乗り込む。まずはやぶれ傘アンテナ取り付け、同軸の半田付けを行う。昼過ぎに山本電気さん到着。魚探のバージョンアップやインマルサットのダイヤルアップのセッティングをやってもらう。無事につながりインターネットが見られるようになる。日本語の説明書もいただけた。その後、二人で八重洲のアマチャア無線機のテストを測定器を取りに戻ってもらい調整をするがいい数値が出ず、またまたチューナーが動かない?????
20080914
よしこちゃんの差し込みぐちが割れていたので、新品に交換。ケーブルを止めるねじの部分が錆びていたので、電線を少し切り、半田付けをして再取付する。昨日アマチュア無線が動かなかったのを気にしてくれて、山田電気さんが再び船に来てもらう。本当にありがとうございます。コントのようですが、またまたチューナーが動かず???片っぱしから調べていくが、結局昨日きっちりつけたはずのケーブルがまた外れていただけでした。防水のカバーを切り取り、しっかりとビニールテープで抜けないようにしてから、自己融着くテープで止める。測定したところ21MHZは無事に電波がでました。ただしやぶれ傘の方はまだまだ調整が必要。シンペイ先生の登場を待つことにする。昼過ぎに永嶋選手隊長が到着、クルージングの準備をしながら、買出しにでかける。いつもの喫茶店で3人で夕食をとって隊長は帰宅。永嶋選手と船中泊。台風がゆっくり近づいてきているため、ロングクルーズは断念する。
a0051924_18215130.jpg

これもクルージング中は便利なアイテムになるでしょう!
a0051924_18221688.jpg

しかし部材が悪いのか?力がかかる部分でもないのに?
a0051924_18224275.jpg

半田付けをした線をしっかりねじ込む。なんどかスタート〇〇?という表示がでてアラームがなった?一度説明書を見ないと。
20080915
寛平さん9時に到着。いよいよセールトレーニングのスタート。
a0051924_1827478.jpg

チャートで位置関係を確認する寛平さん。
台風が来ているので、24時間帆走トレーニングにする。とにかくエンジンを一切使わず、寝ずに走るトレーニング。少々緊張しながら10時過ぎに出港。三宅ぐらいまでいくか!とでていったものの、いきなりべた凪に捕まる。
a0051924_18285948.jpg

なんと14時間で5マイルしか進まず!予報では5メートルの北東明日は3メートルで東風の予報はまったく当たらなかった。

a0051924_18294017.jpg

はじめてのオーバーナイト!このあとリーフやジブセールセットなど大活躍の寛ちゃんでした。

やっと夜中12時ごろから風がでてきた。北風である。アビームで初島を狙うことにする。フルセイルからいきなり1ポン、すぐにジブを80%、またすぐに2ポン、まあ夜中なのでファーリングをしまって、レギュラーにするか!と2ポンレギュラーにしたままどんどん風と雨が吹き上がる。全く天気予報がはずれた。初島からはひたすら上りで三浦に戻ってきた。うっすらと三崎が見えたのは朝の5時やれやれである。プチ低気圧が急に発生し、大島では大雨強風注意報がでており、その低気圧に向かって北風が吹き込んだようだ。全くこれほど天気予報が外れるのも珍しい。24時間にはすこしたりないので、そのまま土砂降りのなか、寛平さんは舵をもってタックジャイブを繰り返す。寝ていないでそのまま練習はかなりきついがものすごくがんばっていました。さあ!もどるか!とエンジンをアイドリングにしてハーバーぎりぎりまで帆走でむかっていたら、またまた「ピー」の警報がなる。すぐにエンジンルームをあけてチェックする、ファンベルトは切れていないがエンジンがオーバーヒートしている。冷却水の蓋を触ると熱い!またまたトラブルです。とにかく帆走でこの場所をキープしてください!と永島選手寛平さんでタックタックのくり返し。すぐに日高さんに電話をしたところ、まずはホースをはずして吹いてみる?それで詰まっていなかったらぜったいインペラです!これぐらいは自分で治してもどってきてください。寛平さん一人で走らせられるでしょう!とかわいい子には旅をさせる!戦法!あっぱれです!まずは冷却水取入れ口のコックを回そうとするがやはり硬くて回らず、あきらめインペラ前のホースを抜き木栓で止めておく。息を吹き込むとストレーナーがしっかりしまってなかったので空気がもれて失敗。再度ストレーナーのふたをしっかり閉めて吹き込むとぼこぼこぼこ!と空気がでて、入口が詰まっていないことを確認。日高さん曰く、「それならまずインペラでしょう!」
毎年交換しているだけに????まあやってみようと蓋をはずすとビンゴ!インペラがぼろぼろになっていた。すべて取り出し新しいインペラを取り付け、エンジンを回すと無事に冷却水がでた!ホット一息。一応念には念をということでエンジンを切って帆走で油壷ぎりぎりまで入りエンジンスタート無事に入港。やはり冷却水取入れ口に何かがつまり、インペラが過熱してばらばらになってしまったようです。しかし今回の24時間せーるトレーニングは強風無風、エンジントラブルなどなど大変でしたがとてもいい練習になりました。ハードドジャーとソフトドジャーもものすごくあったかく土砂降りにもかかわらずドライをキープできた。寛平さんには結構きつい練習でしたが、あっぱれあっぱれでした。昼過ぎからなんと寛平さんはそのまま15キロランニング。恐るべし59歳です。日高夫妻といつもの木村屋に行って大宴会。民宿豊月でお世話になる。
a0051924_18311255.jpg

夜明け。さすがにお疲れです。本当にいいトレーニングでした。
a0051924_18313575.jpg

ばらばらになっているインペラ
a0051924_1832059.jpg

破片の数をきっちりかぞえること!他で詰まることもある。ラッキーですべて回収OK.
20080917
舵の取材で朝食を食べて8時30分ハーバー集合。安藤くんカメラマンの山岸くんと9時出港でハーバーを出る。晴天で蒸し暑くなくそよ風が心地よい、最高の海でした。タックジャイブ、下手まわし上手回しをぐるぐる練習し、13時帰港する。もどって全員でスパゲティーを食う。すこし整備をする。永嶋選手にはギャレーのふたをショックコードで固定。ボースンはオープンスナッチにショックコードをつけ、ジブのリーダーになるようにする。追加でオープンスナッチを2個発注する。ツインジブやセールのトリムによって2つは常時必要。夜はまたまた舵安藤くんを招待し日高ファミリーと焼き鳥や!またまた大宴会で盛り上がる。見事な酔っ払い「安藤君」になりました。またまた民宿豊月で就寝。
a0051924_18345511.jpg

a0051924_18351442.jpg

a0051924_18353465.jpg

安藤君は酔うと本当におもしろい!

20080918
朝からどしゃぶり、少々テンションも下がってしまったので整備に充てる。マストからの配線をきっちりやりなおす。方位センサーのフューズケースもテープで留める。べとつかない様に緑のマスキングテープをしてからビニテでがっちりとめておく。永嶋選手にはリーフロープにガイドロープに取り付けるひもを付けてもらう。昼ごはんを食べてから、台風セット、ウインドベンをはずし各所をラッシングする。今週末に備える。いったん合宿は無事に終了。寛平さんもいよいよ近づいてきているスタートで少々ナーバス。この気持は僕もよーくわかります。ここのところは二人の共通の心理状態です。ただし寛平はぼくよりもっともっと長い時間の冒険なので、共通ですが何倍も強い不安と期待がいりまじっていると思います。さびしさがひしひしと感じているでしょう!頑張れ59歳寛平マン!
a0051924_18365084.jpg

a0051924_183777.jpg

by hiki-hiroyuki | 2008-09-18 18:26 | Comments(1)

20080907

20080907
永嶋選手昼合流。破れ傘を取り外す。新しいケーブルに変えようと抜いてしまい、結局アンテナ接合部をシールしていたのでとれない!延長すればよかったが後の祭り、またまた部品が入るまで3週間はかかる模様。整備が進みません。船底を洗う。かなりフジツボが喫水部分に付いていた。素潜りでやる2時間弱ふらふらです。これで来週はばっちりと走る。夜は西岡家日高家とバーベキューの御呼ばれになる。
a0051924_12333749.jpg

ソフトドジャー。夏は暑いが冬は最高にあったかい!
a0051924_1234380.jpg

ライフラフト入れも完成。なぜかスライドハッチカバーが行方不明???
a0051924_12342140.jpg

ジブのタックピークをスナップシャックルにする。これでジブ交換の際、シャックルを落としそうになりがらひやひやドキドキが無くなるだろう。
a0051924_1235102.jpg

取り合えずジブリーダーを付けてみる。これは帆走してみての調整。奥の緑がプリペンダー
a0051924_12352927.jpg

へとへとになりました。喫水が下がりスタン部分からミジップまで喫水部分にフジツボがびっちり!

20080907
永嶋選手ととり合えず同軸だけは通しておく。高いケーブルなので硬くて大変である。その後永嶋選手は、テンピュールにお願いするためのバースクッションの型取りをお願いする。ボースンはまずはバースの落ち止めの取り付け。Sカンが一つないので日高さんには発注。その後、ジブファーラーのアイにブロックを付ける。ランタン入れにクリートシート取り付け、セティー物入れ上部ニス塗り、バウルーバー埋木してニス塗り、予備シャックル、スナップシャックル(発注)購入。ジェネカーシート取り換え、スピードメーター配線やり直しVHFスイッチに取り付ける。(これはもしかしたらVHF側の電源を入れなくても、レディーで電気を食うのでNGかも)
a0051924_1236481.jpg

やっとついたバースの落ち止め。
by hiki-hiroyuki | 2008-09-09 12:36 | Comments(0)