<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

いよいよ整備開始

201010130
いよいよ整備再開です。急きょ来週に下架をしなければならないので、皆さんに招集をかける。
隊長、水野さん、作山さん、竹野、安藤マンがかけつけてくれる。曲がったマストをボートショー展示用に日高さんが復旧。グースネックも取り付けてもらい安全に展示できそうです。ありがとうございます。前日に鴨川に前のリギンすべてをピックアップして日高さんにとどける。まずはパテが足りないところに増しパテをいれながら、作山さん持参のボッシュのオピタルでがんがん船底を荒らす。プロペラやスケグの金属部分を作山さんがグラインダーできれいに磨き上げる。人数が多いのでがんがん進む。バウスプリットも木部をやめにすべてサンディングし、塗装に備える。夕方にはパテを打ったところ意外は船底塗料を塗り終わる。皆さん大変お疲れさんでした。作山艇に移動して安藤マンと3人で鍋をして寝る。なんと作山さんに初孫誕生!生まれたのが昼、知ったのが夜中!スージーママのお怒りに動揺しながらも笑顔が!

a0051924_2137599.jpg

折れたブームレストの切り出しの準備、下の板はチークの一枚板。曲がったトップパーツが届いたら切り出す(これは船大工さん工事でお願いしてます。)
a0051924_21395995.jpg

ひん曲がったグースネック、金槌でポンとたたけば、ぽろっととれたそうです。
a0051924_21412832.jpg

工場横から桟橋横にマストを移動。長いもんです。
a0051924_21425784.jpg

磨き上げたスケグ。この後ジンクをつけ忘れ。
a0051924_21444497.jpg

ペラクリンのプライマーを塗る。真剣な顔です。
a0051924_2149754.jpg

水野さん隊長による、バウスプリットサンディング。ちょっとニスの部分がなくなるのは残念ですが、これからもたくさんの整備があるので、お許しあれ。
a0051924_23153883.jpg

へこんだハードドジャーが。
a0051924_21501423.jpg

直ったハードドジャー。以前とかわりません。握りぶぶんの溶接の後は勲章の傷!
a0051924_21521621.jpg

皆さん本当にお疲れさまでした。
a0051924_21535991.jpg

これが初孫が生まれたことをメールで知った決定的瞬間!

20100131
9時に油壺へ。沢田君(スージー)をピッックアップして安藤マンと油壺へ。作山さんは朝一番で
お孫さんのもとへ!バウスプリットは手塗りもなんなので山ちゃん名人に塗装をお願いする。塗料のインターの2液のパーフェクション。一缶すべてを吹いてもらう。5回塗りしてもらう。ピカピカになる!バウがけチームと船底チームにわかれ作業開始。無事に終了。昼からは防舷用の真鍮についたセトールマリンをみんなではがしてサンディングする。ウオーターラインの緑色の船底塗料も塗装。コーミングの補修をおこなう。とりあえずエポキシを充填し、山ちゃんにインゴットを借りて押さえて接着する。最後にみんなでデッキを水洗いして、汚れをアセトンで拭き取って完了。長距離航海をしたことがわからないほど、ピカピカのエオラスとなる。
先週に鴨川ヤンマーさんにエンジン整備をやっていただいた。プーリーにも新たにピンをつけてもらい、空転しないよう細工をして再取り付けしてもらう。その他すべての消耗品オイル交換などなどやっていただく。来週浮かべて試運転と浮き芯をとってもらう。アラームの警報がならないのでそこもやっていただくようお願いする。

a0051924_2263667.jpg

名人山ちゃんが5回吹きしてもらう。ぴっかぴか!虫がとまったところだけプッチとなる。
a0051924_2285786.jpg

ぴっかぴかになったバウスプリット。ここにBCCのシンボル「星」をつけよう!ボートショーまでに!
a0051924_22111529.jpg

仕事師安藤!
a0051924_22121351.jpg

ティラーも修理!見かねた日高さんが船大工さんにお願いしてもらう。いつかはいつかはと思っていました。とうとうプロの手をわずらわせてしまいました。
a0051924_22134678.jpg

割れたガンネル。やはりセトールマリンを直接塗っているだけなので、割れてしまうのか?エバヂュアでやはりめどめをしてからぬるべきだったかな?
a0051924_22153165.jpg

ドライバーでばりばりとめくり、エポキシを充填。インゴットを乗せて圧着する。
a0051924_2217364.jpg

この塗料が喫水線の緑色の塗料。
a0051924_22185676.jpg

沢田君もまたまた助っ人にきてもらう。ありがとうございます。
a0051924_22194783.jpg

二日間にわたり皆さんの手伝いでがんがん進みました。ありがとうございました。来週はバウスプリット取り付け、ボートショーが陸送になったのでまたまたレーダータワーを外さなければなりません。

PS.ヨミセさん差し入れありがとうございました。日高さんから昨日お聞きしました。急きょのイスタンブール行きとなりました。お許しくださいませ。現実的な差し入れとなりますと恐縮いたします。ブログでの応援で十分でございます。本当にありがとうございます。今後ともアースマラソン、寛平さんをよろしくお願いいたします。
by hiki-hiroyuki | 2010-01-31 22:23 | Comments(5)

お正月

12月31日
朝8時30分から竹野運転で油壷へ向かう。途中で延長コードやコードリールを買出しする。
油壷到着してすぐに作山さんチームが応援に駆けつけてくれる。毎度のことながらありがたくお手伝いをお願いする。船内の防水バックやヘリハンの服を竹野に新宿に持って帰ってもらう。廣川さん沢田さん3人に大将も加わり、バウスプリットの取り外しをする。デルロンのキーピンがなかなか抜けずに手間取る。ポートからスタボーに抜こうとしたのが失敗のようです。今度抜く時は逆にしないと・・・。すったもんだして、やっと抜ける。今度は全面白ペンキにする。ボートショーに向けてのお色直し第一弾です。
とにかく風が強く、油壷湾は水曝で一面真っ白。30メートルは超えるブローが吹き、とにかく寒い!エオラスに泊まって・・と思っていたが、作山さんのお誘いを受けスージーへ移動。ほうれん草がはいった豚ナベで年越しを迎える。あっという間の一年でした。来年もいい年でありますように・・・・。

a0051924_23192516.jpg

a0051924_23472915.jpg

風速はブローで30メートル近いのではないか?地形から起きる独特の風。
a0051924_23393175.jpg

いつもはすっと抜けるバウスプリットが・・・・・・。


次回は抜くときはポートからスタボーへ、向かって左から右へ→

1月1日
あけましておめでとうございます。昨日は夜中まで飲みあかしたにもかかわらず翌朝は初日の出を拝む。とにかく眠く昼過ぎまでウトウトしながらおせちをよばれたり、お雑炊をいただいたり、まったりした正月の朝で過ごさせていただく。このままでは整備が進まないので、ヒーターがきいた、あまりにも心地のいい、スージーのキャビンを離れ油壷へ!シンペイ先生がまたまた応援に駆けつけてくれる。昨日に続き、作山さん澤田さんも再度油壷に一緒に来ていただき、みんなでスタンデッキのアーチを取り付ける。みんなでやると早い!その後、作山チームは横浜ベイサイドに戻られる。本当にありがとうございました。夕方からは一人エオラスの中を整理する。少し離れてだけなのにどこに何をしまっていたのか、さっぱり記憶がない!ゆっくりと思いだそう。昨日ほどではないがまだまだ西風がとても強く、2280円800ワットの電気ストーブを締め切った船内で付けているがそれでも寒い。ビールを飲んでもどんどん冷たくなる一方。ビュービューいう中で一人酒。久しぶりの感じです。陸上げの船は本当に寒い!

a0051924_23231936.jpg

初日の出/アースマラソン無事に完走できますように・・・・・・。
a0051924_2323379.jpg

シンペイ先生の差し入れおせち。
a0051924_2324529.jpg

久しぶりについたアーチ。

1月2日
すっかり8時過ぎまで爆睡。着こんで寝たので寒さを感じずに寝ることができた。朝からはがれた船底部分をスクレッパーで落とし、ウォータータイトのパテを入れる。いつも使う倍の缶だがほとんど使うほど船底塗料がはがれている。そろそろ船底の大整備が必要。エポキシの下地もそろそろ貼り替えか?それはそれで大工事!アースマラソンが終わってからゆっくりやろう!ウインドベンのトリムタブのラダー側もチークラダーのシャフト側の木部やパテが欠けたりしている。やはり大洋航海でかなりの力がかかった模様。サンディングしてパテを入れる。昼過ぎまでかかり、パテ入れ終了。その後竹野が合流。手伝ってもらい、シーミー、21メガ、気象FAXアンテナをスタンに取り付ける。配線は未処理。21メガのプッシュピット部分の六角6mmのネジが一本ないので再取付けすること。
横浜中華街に新年のあいさつに行く。


a0051924_2331222.jpg

a0051924_23313965.jpg

a0051924_2328122.jpg

これはもう厚化粧です。塗り過ぎです。長年の船底塗料が厚い層に!


今後の整備項目

1、船底キズパテ埋め・サンディング・船底塗装
2、ペラクリン
3、アースプレートビス取り換え(砲金ネジ外し)
4、バルマーオルタネータープラスティック割れ部品発注。
5、壊れたバルマーオルタネーター修理OR購入(ヤンマーさんと相談)
6、オルタネーター新・予備プーリーにキーピン装着(ヤンマーさんと相談)
7、プーリー芯だし(ヤンマーさんと相談)
8、エンジンスチッチパネルアラーム基盤交換(ヤンマーさんと相談)
9、リューマーオープンスナッチシャックル、スリーブ注文
10、マスト交換・再艤装・マストカラー・マストステップ交換
11、レーダーアーチ再配線(VHF・インマル・FAX・GPSなど古野電気さん)
12、GP−7000同軸ケーブル修理(古野電気さん)
13、ガンネル割れ修理(ポート側バウより)
14、マストブーツ発注(ウエストマリン)
15、ルーラービルジポンプスイッチ発注交換
by hiki-hiroyuki | 2010-01-02 23:36 | Comments(6)