<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

20100522

20100522
日曜日が雨なので早めに油壺に向かう。残っている塗装サンディングにかかる、スタンからはじめているとちょっとした拍子にみぞうちと背中がつって動けなくなる。ひーひーいってキャビンに寝ていたら少しましになったので再開。その内東出隊長、仲さんが助っ人にかけつけてくれる。3人で気持ちいい港でほっこりしながらキリンフリーを飲みながらのニス塗りでした。
a0051924_9131219.jpg

サンディングサンディングサンディング
a0051924_9133989.jpg

この後つりました。あまり病気をしないのでびっくりです。
a0051924_9142164.jpg

塗り塗り塗り。先週と今回で6回塗り。後3回ぐらい塗ると完璧かな?
a0051924_914478.jpg

名人にハードドジャーをペイントしたあまりをもらってウレタン(2液)を塗る。補修用に色調合したものをすこし取っておくそうです。さすが!
a0051924_9153783.jpg

20年ぶりに整備されたボートフック
a0051924_916934.jpg

隊長仲さんおつかれでした。来年は八丈島へクルージングしよう!とおっさん3人は誓うのであった!
by hiki-hiroyuki | 2010-05-23 09:21 | Comments(1)

20100515

20100515
昼前に油壷に入る。コーミングのサンディングのため、ソフトドジャー、レール、クリートをはずし、サンディングを行う。気になるチャージングは2時間エンジンをかけた後、再起動し2時間。点滅はしないが13.7V/4.0Aまでになるのでこれでほぼ満充電だろう。ビルジ溜まりには目立った水漏れは無かった。再度ナットを二つ拾い上げて、きれいに乾かす。夜は日高家誕生パーティーに呼ばれる。
a0051924_18593880.jpg

はじめてはずしたクリート。力がかからない場所なのでついつい今頃のメンテナンス。ずぼずぼになっていた。
[#IMAGE|a0051924_1901132.jpg|201005/16/24/|mid|1200|797#
サンディング開始。
a0051924_191215.jpg

カンペリーノハットではありません。やはり小さい方、No9100000が適正サイズ。これで2度目のミス発注。きって付けることが前提でのサイズ表なため。

20100516
コーミングペインティング合間に細かい整備をおこなう。

a0051924_1984497.jpg

これまた22年ぶりのメンテナンス。これも力がかからない部品なのでそのままに。金具を外すと鉛筆のように。
a0051924_1992243.jpg

古いペンキをサンディングでおとす。きれいな正目のスプルース
a0051924_1910391.jpg

エバディアをしっかり浸透させる。
a0051924_19143128.jpg

水が溜まるのので水抜き穴をボール盤で穴をあけてもらう。水を流して実験したところ、すっきり抜けた。
a0051924_19155895.jpg

お愛想でクリートを磨く
a0051924_1917095.jpg

インチねじを5mmのオーバーサイズに交換する。3本はカットする。仮とめして、来週もう一度セトールマリンを塗装してからシリコンをいれてとりつけ、ビス頭はベルトサンダーで丸くする。
a0051924_19201380.jpg

a0051924_19204873.jpg

4回塗るが、完全に落とした場所は塗りが足りない。来週軽くサンディングして再塗装が必要。まだらなところはご愛嬌です。コーミングの塗装だけで丸二日!
by hiki-hiroyuki | 2010-05-16 19:12 | Comments(0)

20100509

20100508
ひさしぶりに油壷へ。午後到着。整備をせずに、ずっと日高さんに一眼レフのレクチャーをする。晩御飯をごちそうになる。久しぶりの船中泊。バッテリーが赤になっていたので5時間ほど回したが一向にチャージができていない?エンジンストップで13.1V?チャージ自体はエンジン始動時22Aぐらいで発電はしていた?
20100509
朝起きてぼちぼちと整備をする。
スイッチパネルを外し、リンク20の配線を確認。一度19のケーブルを外しリセットとする。パソコンやインバータを使って5A/時間を消費3時間ほどしてらからチャージをすると40A以上でチャージを開始。すぐにスタートバンクは点滅で満充電。ハウスバンクも9A流れていながら点滅し満充電となる。途中オルタネーターの温度があがり、温度センサーが働き40Aから20Aへ落ちたり入ったりしていた。赤点滅からの復旧ができなかった原因は不明。オルタネーター後部の配線を確認してシンペイ先生の登場が必要かも。
バウの段ボールをばらし、チャートテーブルに戻どす。ランのパラレルの2口が緩んでいたので一度ばらして清掃。デッキ水洗いとアセトンで清掃。ウイスカーポールプチプチはずしライフラインに固定。ビルジたまりを清掃、ナットから切れたファンベルトなどなどきれいにするまでにかなり手間がかかる。しかしこれでもし水漏れがあればリークが確認できる。現在はアカはしょっぱかった。乾いたタオルでからからにする。フラッグポールをはずす。船検査プレートを取り付ける(9センチ×60センチ)再度制作し直しが必要。

a0051924_21184821.jpg

日本でリセットしてからインジケーターのヘリが顕著で「おかしい?」と思っていたら、やはり赤点滅になっていた。一ヶ月明けてもインジケータが下がることはいままでなかった。やはりチャージがうまくいっていないのか?またまたシンペイ先生よろしくお願いします。
a0051924_212005.jpg

これも交換が必要。シーリングが全くだめ。ケーシングの間からこれではダダ漏れ!
a0051924_21204312.jpg

久しぶりにビルジを大掃除。少し前から塩水がたまりからからにならない?マストを抜いているし、リークする場所がないはずだけに・・・今回の清掃で確認ができる。来週チェックしてみよう。
a0051924_21212717.jpg

ロスの小笠原さんが日本へ奥さんと来日。BCCガフリグの珍しい写真。
a0051924_21331592.jpg

エオラス製作にかかわった職人さんTommy Whislerさん(左)
a0051924_21222753.jpg

もう何か月油壷に泊っているか・・・・。25日にいよいよマストが・・・保険もまだ未定・・・。
by hiki-hiroyuki | 2010-05-09 21:25 | Comments(1)

20100408

20100408
ヤンマー井上さんとオルタネーターのセッティング。シェーパーでマウント側を削り、さらにオルタネーター側の両ナットではさむ部分も幅を短く削り、ワッシャーをかまして前に出す。現在ついているのが新しい方のオルタネータ。古い方は鴨川についてからの工事とする。オルタネーターのプーリー削り出しのサイズと清水ポンプのプーリの削り出しの寸法が違う。これが一緒のものがついていないので調整が複雑になるため、再度同じサイズのプーリになるよう加工をお願いする。
a0051924_20465558.jpg
a0051924_20474958.jpg

by hiki-hiroyuki | 2010-05-09 20:47 | Comments(0)