<   2011年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

20110227

20110227
今日はなおさんが続きの作業ができなかったので、持ち帰ったクランクケースを磨いてTIOにとどける。3Mのサンダーに付けるヤスリを使ってみる。使い勝手は非常にいいが細かい傷が残り、結局500#
600#800#と水研ぎしないとつやがでない!アー疲れました!
a0051924_18343890.jpg

どれだけゆっくり耐水ペーパーの目を落としていくかがポイント。焦ってはだめです。
a0051924_18341592.jpg

細かい傷をすべて飛ばすため120#の紙ペーパーで磨き倒す!その割にはびしっとつやが出なかった。時間切れでTIOに走る!
by hiki-hiroyuki | 2011-02-27 18:36 | Comments(0)

20110226

久しぶりの船中泊。きれくなったエオラスは本当にきもちがいい!ミヤマエ君はまだ君本当にごくろうさまです。ちょっとした新艇よりきれいな船底になりました。船齢22年とは思えないまっさらの船底!
a0051924_150376.jpg

やっととれたトランスデューサー。スルハルにします。いずれはトイレの給水バルブにする。
a0051924_1502040.jpg

新しいスルハル。
a0051924_150759.jpg

座礁したところもきれいに治りました。
a0051924_1495480.jpg

a0051924_1494255.jpg

a0051924_1492986.jpg

a0051924_149196.jpg

a0051924_149772.jpg

a0051924_1485428.jpg

a0051924_1483968.jpg

a0051924_1482640.jpg

a0051924_1481122.jpg

a0051924_1475785.jpg

新しいスルハル。これにトイレの給水を取り付けることにする。これでポンピングが楽になるはず。
by hiki-hiroyuki | 2011-02-27 01:57 | Comments(0)

20110226

20110226
大阪から移動!新横浜からTIOへ向かう。なおさんと一緒にエンジンを下ろしてばらす!ベベルエンジンの中身が見れる貴重な体験ができる。金銭的には高く付いたが自分のエンジンの内部がみれるだけでsもありがたい。本来はくみ上げるのも一緒にやりたいところだが、スケジュールが合うかどうか?できれば立ち会いたい。せっかくの機械なので行程の写真をアップしておこう。結果的にはシフターで送り込む位置がしっかりギアを送り込んでなかったようで、きっちりギアが送り込まれないままシフトアップしており、結果ギアが摩耗して抜ける原因となったようだ。これは組んだときの精度の問題。ギアを新調してもらい、しっかりと組み上げてもらうことにする。原因が分かったので治りそう!なおさん!よろしくお願いいたします!


a0051924_17241823.jpg

なおさん!よろしくお願いいたします!
a0051924_17244094.jpg

まずはコンチマフラーをはずします。
a0051924_172517.jpg

エギゾースとのガスケット。
a0051924_17252122.jpg

オイルを抜きます。オイル交換にはここまでの作業が必要。もう自分でできます。
a0051924_2337812.jpg

シフトペダルをはずす。
a0051924_17263822.jpg

いよいよクラッチ側のクランクケースをはずす。エンジンを下ろす前に両サイドのカバーをはずさなければならない!
a0051924_23373396.jpg

クランクケース内側!とてもきれいな構造!
a0051924_135491.jpg

バッテリーをはずす。
a0051924_1344423.jpg

クラッチワイヤーをはずす。
a0051924_1342845.jpg

エンジン側のクラッチワイヤーも外す。
a0051924_1352899.jpg

ギアーシフターチェンジユニットを外す。
a0051924_1354558.jpg

右側オルタネーター側のクランクケースをはずす。
a0051924_136434.jpg

これがオルタネーター。船と比べればおもちゃ!これではたいした発電は無理!
a0051924_1362352.jpg

右側がベベルギアの受け。ラウンドケースはこれがないので耐久性にかける。
a0051924_1364113.jpg

デロルトの上部のビス2本を外し、アクセルワイヤーを外す。
a0051924_1371651.jpg

クランプを緩めキャブレターを外す。
a0051924_137098.jpg

スロットルバルブとリターンスプリング。
a0051924_138070.jpg

アクセルワイヤー。こんなに細いです。
a0051924_138511.jpg

タコメーターを外す。
a0051924_1383070.jpg

左のひょうたん型のところからアクセルワイヤーをいれ、上部の細い穴で止める。
a0051924_1401021.jpg

スプロケットナットを止めているロックワッシャーの曲げた爪をドライバーでのばす。
a0051924_1404170.jpg

スプロケットナット
a0051924_21441.jpg

ロックワッシャーを外す。
a0051924_21208.jpg

チェーンを外す。
a0051924_213745.jpg

このユニットを別部品の六角ナットに変える?
a0051924_215425.jpg

これがオイルシール。このまえ交換したばかり。
a0051924_222027.jpg

SST。これではナットはまわりません。ドライバーでたたいて緩める。
a0051924_223713.jpg

いよいよエンジン下にジャッキを入れる。このときセンタースタンドに木を挟んであげておくとはずれやす。
a0051924_225529.jpg

エンジンとフレームを止めているボルトを外す。
a0051924_232022.jpg

ついにエンジンがはずれる!
a0051924_233688.jpg

ウインチで車体をつり上げる。
a0051924_235485.jpg

ついにはずれたベベルエンジン!かっこいいエンジン!
a0051924_241245.jpg

次はクラッチを外す。
a0051924_242834.jpg

これがクラッチ板を押さえる、クラッチスクリュー、スプリング、カップ。
a0051924_244170.jpg

a0051924_25289.jpg

クラッチ板!
a0051924_251888.jpg

プーリー外し。
a0051924_254050.jpg

エアーツールで一気に緩める。
a0051924_261085.jpg

クラッチアウタードラムが外れる
a0051924_262664.jpg

プライマリーギアーのロックナット。slacken nut
a0051924_264678.jpg

mil用のSST。残念ながらビスが合わず、銅ハンマーで一撃で緩む。
a0051924_27259.jpg

トレッセルでつけられたピックアップ。
a0051924_271876.jpg

プライマリギアーの裏もトレッセルで加工されている。
a0051924_281281.jpg

このSSTはよく説明書でみます!しかしこれも使わず!
a0051924_2102055.jpg

インパクトでがつんと緩める!
a0051924_210371.jpg

赤いマークが見える。
a0051924_2105376.jpg

a0051924_211882.jpg

ベベル窓からベベルギアのマークもマーキングされていて確認ができる。
a0051924_211242.jpg

ヘッドの4本のナットを緩める。かなり固い!
a0051924_2114166.jpg

フロント側のヘッドを外す。
a0051924_212548.jpg

バルブ。ベベルギアを動かしバルブを開けてみる。インマニ側がカーボンが付いていたらバルブのあたりが悪く気密性が欠けていることになる。マイエンジンはきれかった!
a0051924_2122649.jpg

リア側のヘッドを抜く。
a0051924_2124397.jpg

きれいなピストン。この時代はピストンが高価だったため、スリーブの方が減るように作られている。シリンダーを指でなぞると段差が付いていた。
a0051924_2125993.jpg

ピストンピンのピン
a0051924_2131690.jpg

ピストンの頭。番号が見える。
a0051924_2133472.jpg


a0051924_2135457.jpg

クランクセパレターでクランクを割る!

a0051924_214966.jpg

いよいよ割れます!

a0051924_2142791.jpg

ギアが見えました。うつくしい!美しい!
a0051924_2144255.jpg

このマイナスネジを外し、スラッジを掃除しておかないとビックエンドにオイルが行かず、ベヤリングが焼き付く!掃除してかしめる。なおさんに掃除をお願いする。
a0051924_214597.jpg

a0051924_2151520.jpg

a0051924_2153174.jpg

a0051924_2154685.jpg

a0051924_216059.jpg

セレクターフォークも左右のあたりが均等でなかった。送り込みがきっちりいってなかったのが原因!
a0051924_2161794.jpg

クランク!
a0051924_216335.jpg

かなり擦れた後がある!
a0051924_2165487.jpg

偏摩耗しているドック!原因が判明!
a0051924_275094.jpg

これが藤上スペシャル!値段もスペシャルだが作りもスペシャル!これでクラッチワークも軽くなる!
というわけで、初のエンジンばらしに立ち会えました。なおさんありがとうございました。組み立て立ち会えませんがよろしくお願いいたします。
by hiki-hiroyuki | 2011-02-27 01:40 | Comments(0)

2011022

古野電気さんより、インマルサットの取り扱い注意点をいただく。


<<<サービス統括部・古田より>>>

エオラスのPCの設定について以下を比企様に連絡願います。

 Windows updateの設定が自動更新するになっており、更新が中途で停止してます。陸上のネットに接続して
更新を確実に完了してから 自動更新を無効にする必要があります。
陸上のネットに接続している時は、時々マニュアルで更新の確認を行い、更新があれば必ず更新を完了させる
事が重要です。
 エオラスのPCにはアンチウイルスソフトとしてスパイウエアドクターとノートンセキュリティースキャンが
インストールされています。
アンチウイルスソフトは陸上で使用する間のみ有効にし、パターンファイルは最新状態にしておいてください。
FELCOM50に接続するときは有効にしておくとパターンファイルを自動でダウンロードするため、通信費が高く
なるので無効にするほうが良いでしょう。ただし無効にした場合ウイルスに感染する危険性は高くなります。
また有効にしたままFELCOM50でMPDS又は64kDATA接続すると、アンチウイルスソフトが送受信データをリアル
タイムでCheckするためメールの送受信、インターネットブラウジング時のスループットが低下し、これも通
信費を高くする原因となります。(応答が悪くなったように見えます)

上記以外に自動で更新確認をするアプリケーションがあるのでこれらの更新も禁止する方が良いでしょう。
自動更新をするアプリとして、Adobe Reader、JAVA、フラッシュプレーヤー、メディアプレーヤー等があります。
これら以外にもアプリによっては自動更新をするものがあると思われますが、確認できていません。

以上、宜しく御願いします。


本当にお世話なりました。ありがとうございます。
by hiki-hiroyuki | 2011-02-22 10:11 | Comments(0)

20110220

20110220
昨日夜、チェックのためガレージに行く。一応エンジンをかけようと思うが全くかからず。キーをさしたまま一週間前にバイクを離れたのがいけなかったのか?テスターで計ってみると4Vしかない。完全にあがっていた。これではかかるはずが無い。ガレージに100Vを引き込んで充電器をセットして帰る。
初の本格的ツーリング!
当日7時にガレージに到着。バイクを出してラーメンや前でキック!一発で火が入る!ちょっと遅れ気味でスタートし、東名高速から小田原厚着道路大磯インターで降りてから、そのまま 西湘バイパス、西湘PAで集合!5名が合流し川奈へ向かう。12時前に到着しみんなで飯食ってから、伊豆スカイラインを端から端まで走破して、熱海を抜けて帰る。最後の休憩でエンジンをかけようと思ってたが一向かからない!プラグを変えてキックするものの反応なし!江澤さんがキックし続けてようやくスタート。エンストしないように発進する。ブレーキハンドルから茶色い液体が漏れているのと、何となくイグニッションキーの接触が悪いような気もするのでTIOに再び入院。今まで一発でかかっていたのに、何となく火花に元気が無いようだ!一度配線を見てもらう!コレツォーネジャポーネ藤上さんより、シフターとケーブルが届いていたのでそちらも付けてもらうことにする。今度ピックアップできるのは日曜日か?まだまだシェイクダウンは終わらない!

エンストの繰り返しとミスコースでご迷惑おかけしました。無事に伊豆スカデビューできました。
みんさんのお名前まではおぼえきれませんでしたが、今後ともよろしくお願いいたします。
伊豆スカはしっかり走れるようになったら確かに気持ちいい!コースです。事故の内容に走りましょう!

a0051924_214896.jpg

a0051924_21483230.jpg

川奈の飯やさん!腹をこわしているのでところてんのみ!
a0051924_2150586.jpg

江澤さんはベベルではなくムルチストラーダ1000で登場!
a0051924_21503031.jpg

ビモータdb4!
a0051924_21511860.jpg

パンタF1 750
a0051924_21522788.jpg

DUCATI 998s
by hiki-hiroyuki | 2011-02-20 21:54 | Comments(0)

20110218

20110218
古野電気さんと北港ヨットハーバーにて集合。インマルサット取り付け、AISが前回の回航で受信も発信も作動しなかったのでチェックしてもらう。AISは症状がでず、問題なく稼働していたので原因わからず。浮かべてからまたチェックすることにする。
船底は北港メンバーがかんばってくれ、エポキシは完全にはがしてくれていた。思ったよりブリスターの面積もすくなく、全体の10%ぐらいか?座礁の傷も完全にハルに及んでいたのは一カ所だったので大きなダメージも無くよかった。とにかくラダーが一番ひどい。一部はFRPの積層も必要。
a0051924_18145644.jpg

a0051924_18151838.jpg

a0051924_18153586.jpg

吃水付近右舷側がブリスターが多かった。オリジナルの緑色の部分までサンディングして、インタープロテクトを塗ることにする。
a0051924_18173787.jpg

唯一合わせ目で痛んでいる箇所。思ったより本当にきれいだった。
a0051924_1818186.jpg

a0051924_18181768.jpg

モールドの継ぎ目もきれいな状態。一部パテを入れないところもあるが状態はいい。
a0051924_18191322.jpg

浜田君のサンドブラスター!バイクのノウハウです。
a0051924_18201388.jpg

座礁してFRPの積層が必要な場所。
a0051924_18205658.jpg

a0051924_18211667.jpg

昔パテを入れてごまかしていたスルハル。これできれいになります!
a0051924_18215428.jpg

ウォータージェットでめくれたFRP。積層が必要。
a0051924_18221471.jpg

a0051924_1822378.jpg

とにかくラダーは全面的にブリスター。しっかり剥がして、パテ入れて、ゲルコートをぬってインタープロテクト塗って、プライマー塗って船底塗料!
a0051924_18231766.jpg

a0051924_18234292.jpg

またまたお世話になります。
a0051924_18241490.jpg

すっかりハルと一緒に色になったエオラス
a0051924_1825999.jpg

船底塗料とエポキシで60キロ!!!
a0051924_1826370.jpg

北港のミヤマエ君です。ごくろうさんです!白くなったところがオピタルサンダーで粗したところ!
by hiki-hiroyuki | 2011-02-19 18:26 | Comments(0)

20110213

20110213
やっと修理が終わりTIOさんにピックアップに行く。昼前に到着。エンジンは一発でかかる!
ベベル窓も楽しい。最初はどろっとしてベベルギアが見えないが、突然エンジンオイルがあったり、オイルがシャバっとした瞬間!ベベルギアが現れる!おもしろい!
自宅へ向かう。途中でリアブレーキがすかすかになった。見てみるとなんと割りピンが抜けたのか?ピンが抜け落ちはずれている。駐車場のほうが近いので前ブレーキだけでとにかく無事に到着。しかし何が起こるかわかりません。途中高走でやはりギア抜けがあった。4速4500回転ぐらいでアクセル一定で走っていると、スコット抜ける。別にエンジンがふけ上がることもなく、抜けた感じに気づき、
確認を含め、アクセルをあおるとバイクが進まずに回転が上がる。ワンアップして5速に入れると
すぐに治まった。とにかく一定で高速を4速で走っていた。う〜んなんだろう!もう少し様子を見てみよう。バイクの大掃除が終わってから、コーナンで作業用の投光器を買ってくる。なかなかアイドリグが安定しないので「ちょい乗り」ではエンストばかり!ベベル手強し!

a0051924_22435878.jpg

a0051924_22442160.jpg

オートバックスでM6のステンのボルトナットを買ってきて応急処置。
ダブルナットで緩まないように締めておく。割りピン自体「こんなもんで
とれないかな〜?」と思っていたら、やっぱりはずれた!くわばらくわばら!
a0051924_22451268.jpg

エキパイのリングナットも緩んでいた。ついでにはずしてバフがけする。
ブリッツモーター製のリングナット締め!大活躍!
つなぎ目の金物もナットが締めにくく、しっかりしまっていないかもしれない。
部品を注文しておこう!
a0051924_22455763.jpg

今度のスタンドはばっちり!ただし!ブーツのかかとでひっぱりだすには
出っ張りがすくないので何かビニールホースでも切って突っ込み、引っぱり
出しやすくしよう!
a0051924_22453116.jpg

サイドカバーやリヤカウルのねじ締め用に丸いドライバーを専用工具として
グラインダーで加工。しかしカウルのねじはこれでは太すぎて入らない。
共通のねじにしなくては勝手が悪い!
a0051924_22462240.jpg

a0051924_22465242.jpg

イモラタンクが付きました!
by hiki-hiroyuki | 2011-02-13 23:01 | Comments(0)

20110211

朝から北港ヨットハーバーに行ってミヤマエくんハマダくんと打ち合わせをする。
7割は船底塗料は落ちていた。やはり固いところもあり手こずっているようだ。
結構ブリスターもおおくでている。完全にサンディングしてつぶして
ウオータータイトのパテで穴を埋め、インタープロテクト3回塗り、
中国塗料のプライマーシージェットバインダー015を塗ってから
船底塗料を塗ることにする。
ラダーは結構壊滅状態。FRPもガンの圧力で剥がれてしまったところもあり、
今日ラダーもはずして本格的にメンテナンスをお願いする。ラダーはゲルコートを再塗装
してからインタープロテクトを塗ってもらうことにする。
気温が低いのでなかなか大変だがよろしくお願いします!
a0051924_20435839.jpg

雪の北港ヨットハーバーは珍しい。
a0051924_2045655.jpg

a0051924_20453481.jpg

東北まで完成!
a0051924_2046244.jpg

ブリスター。爪で押すと黄色い水がでた。ここまでなるのに22年。後十年早くに
エポキシを剥がしていたら、このようにはならなかっただろう。しかしその時では
エポキシはしっかりついているので剥がれず、とんでもない作業量になっただろう。
a0051924_20481835.jpg

喫水線の下側とミドル部分にブリスターが多い。
a0051924_20492077.jpg

a0051924_2050635.jpg
20110211


東京にもどってからTIOさんに交換したスチールのオリジナルタンクをピックアップに行く。
前輪のディスクも新品に交換してもらった。(無償修理)ありがとうございます。
スタンドも新しくなり、まだ試していないがおさまりは良さそう。その他の
ポイントも修理が終了!いよいよ乗れます。チェンジは遊びを少し取ってアップする際
の動きをもうすこしタイトにしたとのこと。後はエンジンオイルを交換!日曜日ピックアップに
行くことにする。
a0051924_20505999.jpg

新品のディスクに交換。
a0051924_20512323.jpg

イモラタンクを装着。たくさんのベベルやパンタや最新のドカティーに
囲まれたAEOLUSⅡ!!!
a0051924_20514567.jpg

by hiki-hiroyuki | 2011-02-11 20:53 | Comments(0)

20110206

20110206
夜中に北港ヨットハーバーへ。久しぶりの船中泊。
とにかく寒い!夜半までは結構暖かかったが朝方にかけて一挙に冷え込む。
ひさしぶりにやかんをかけて寒さをしのぐ。

マストが!!!
マストにブロックがぶらぶらしてマストにあたり続けていたためすっかりとペイントが
剥がれていた。ショック!またまた修正が必要。ペンキを注文しなくては!
番手は何番だったけ?あーアルマイトでないので気をつけないと!!!

翌朝、関西隊員ケチキくん、クルージング部ヤスヤス、岩瀬親子、岩田が手伝いにきてくれる。
9時から上架する。一度みんなで貝をしっかりウォータージェットとスクレッパーで落とす。
今後どこまで船底を整備するかハーバーのミヤマエ君と検討する。
エポキシが剥がれているところに強くウォータージェットをあてるとばりっとはがれる。
一部にはブリスターもみられる。もう22年経つのでここが観念のしどころと決断!
すべてをはがすことにする。一度終了していた作業を再開!とにかくはがすはがす。
ざっと二時間でここまで剥がれた!ちょっと大変な作業になるが、
ブリスターもでているところもあり、
大整備の時期で丁度思いきりがついてよかった!
北港ヨットハーバーのみなさんよろしくお願いします。
a0051924_22254557.jpg

a0051924_22262025.jpg

a0051924_22264942.jpg

スクレッパーがすっと入るとことはガンで一挙に剥がれる!
a0051924_22271497.jpg

ブリスターが!!!エポキシが浮いているところはやはり!これはゲルートを削ってエポキシを!
a0051924_22274025.jpg

ラダーは全滅だ!これは全部落としてからゲルコート塗装してエポキシか!
a0051924_22282185.jpg

a0051924_22285677.jpg

a0051924_22292487.jpg

日本地図作りでばか騒ぎ!楽しい!楽しい!
a0051924_22301847.jpg

卵の殻をめくるようにつるつるの船底が現れる。一部はブリスターがでているが
基本的にはピカピカの船底。しっかしメンテナンスしてまたインターナショナルで
エポキシコーティング!
by hiki-hiroyuki | 2011-02-06 22:32 | Comments(0)