<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

20121228

20121228
朝一からチェックにくるが残念ながらところどころ未乾燥でした。仕方なく用意した石油ファンヒーターを回し温度をあげて見る。塩見さんが工事に9時30分に到着。
床板を再びめくって、清水タンクの押さえをはずして温度センサーを取り付けました。MC614の繋ぎ込みをやっていただきヤンマーさんも到着いよいよ試運転開始。
増設したオルタネーターとてもスムースに回って一安心。そして両方のバッテリーに充電スイッチをいれると、うん!!!と回転が落ち一瞬60アンペアが発電。見たことない数字です。その後はしっかり充電を確認できました。10Aぐらいの発電ならエンジンに負荷を感じないです。とてもいい感じでいけそうな雰囲気。とはいえこれからロードテストを兼ねてシェイクダウンしていかなければなりません。
とにかく懸案であった充電システムは行けそうでほっとしました。、ヤンマーさんマリンエレックさん本当にありがとうございます。
a0051924_1785189.jpg
a0051924_179881.jpg
a0051924_1792213.jpg
a0051924_1794015.jpg
a0051924_1795574.jpg


中村坊や、牧野さんも応援に駆けつけてくれる。仕方ないので倉庫の整理と船の荷物をすべておろしました。ほとんど船には荷物が無い状態。

残念ながら年内に整備終了はできませんでした。明日も塩見さん工事はいります。

エオラスボランティアチームには本当にお世話なりました。年明け5日6日から開始です。
よろしくお願いいたします。
by hiki-hiroyuki | 2012-12-29 15:47 | Comments(0)

20121227

201227
午前中は会議でハーバーに行けませんでした。午前中はヤンマーさんのオルタネーター増設工事が前入りして作業。多田さんと昼に待ちあわせしたものの間に合わずハーバー集合。
さて乾いているか???
結果は残念ながら乾いていません。8割の部分は硬化していますが、右舷側は、陽が当たらないのも要因でべとべとの個所がたくさんありました。
a0051924_17134177.jpg

しかもこれがぶよぶよ!塗って見ないとわかりません。またサンディングだ!

結果多田さんとフォクスル内にセラミックヒーターを移動し、さらに別の配線でもう一台の電気ストーブを投入。入口をふさぎ明日の結果待ち。

こんなに年末に予定を狂わせられるとは・・・。年内整備完成は無理でした。しかしみなさんのボランティアで助けられました。ダダさん曰く「明日だめでも来週やればいいやん!年末正月ということで特別に思うけどただの来週!みんな集まる5日6日でやれるよ!」に助けられました。

ヤンマーさんチームはエンジンの各部のメンテナンスをしながら、オルタネーター取り付け作業。向かって右にオルタネーターで引っ張るためエンジンマウント防振ゴムが右にずれ、ベースのテンショナーに干渉。旧今日サンダーで切断したりで20時に装てん完了。明日塩見さん配線後試運転となる。

基本整備も行っていただく。
ホース類交換、清水ポンプ海水ポンプ交換、燃料フィルター交換、冷却水ベルト交換、エルボー交換、燃料噴射ベン交換。などなどひと通りやっていただきました。

ジュルジュルゲルコートは明日固まっててたら、ぶよぶよ部分をはがして再塗装します。今年最後の粉まみれです。ただし天気は雨・・・・。きびいしいな~。中村坊やと後輩が助っ人にきてくれます。固まってなかったらあきらめ、石油ファンヒーターを稼働させます。

a0051924_1765287.jpg
a0051924_177822.jpg


さて明日の朝楽しみです。なんとか硬化してますように・・・・・。

1、バウのゲルコート塗装
5、トイレ下部木工事 トイレ取り付け配管
7、プロパンふたニス塗り、
8、バウビットウレタン塗装
9、ウインドベーンウレタン塗装
9',ティラー作り変え(ウリン材サイズ計ること)
来年でいい工事
10、ポート側元エアー抜き穴ふさぎ
専門工事
12、バウスプリット交換工事
13、リギン交換工事
15、ラダー周りチェック工事

18日整備日誌からだいぶ減りました。へへへ!山本さん工事もまだあるか・・・よろしくお願いいたします。
by hiki-hiroyuki | 2012-12-27 22:30 | Comments(0)

201212126

20121226
東京から早朝移動し、ハーバーにかけつける。気になるのがゲルコートの固まり具合。船にかけつけて異常な臭気!よしよしこれは固まってるサインだ!と思いながら船内に。
バルクヘッドを触るとさらさら!
よ~し固まった!と一歩踏み出すと!ぐにゃ~~~~~~~~~~。まったく硬化してません。
パニックになりながら、元トイレの塗料がゲルコートとあわないようで、ぶよぶよ状態。硬化はしないいし、最悪です!

とにかく温度をあげるべく、セラミックヒーターを、フォクスルに直に噴き出すようにセットしなおし、入口の開口部をすべてプラ板で密閉しました。さて明日硬化しているか?

もし明日硬化してないなら、石油ファンヒーターで船内全体を加熱します。

もうくたくた。間に合いません。年内整備は積み残しだらけ・・・。

明日この窮地に多田さんも助っ人に来てくれます。ありがとうございます。

そんななかカメさん本日登場。パニックの間二人でもくもくと山本さんの作成した木部にニス塗りを2回しました。フォクスル下部の木部もバルクヘッドの押さえのべニアもすべてゲルコートはあきららめ、湿気の多いところのはすべてエバデュアをがん浸させてから、ニス塗りにしました。
時間ない中、無茶な整備計画すべて僕の計画失敗です。

とにかく明日固まってくれていること祈ってねます。多田さんありがとです。明日固まっていたら
午後から一挙にサンティングして塗り直して、加熱します。無理かな~~~~~。

多田さん明日連絡しますね。
by hiki-hiroyuki | 2012-12-26 21:21 | Comments(0)

20121222

20121222
年末大整備の3連休。
初日はKGさんと清水タンクの取り付け。バッテリーを下ろそうとすると、いきなりネジがなめていてはずすのに苦労する。塩見さんのバッテリーをつなぐ真ちゅうのプレートをかなり気を付けてはずさないと、ボルトの山を傷めるので注意が必要。
先ずはスタン側タンク。エポキシで過去穴を埋めて再セット。左舷側はそのままビスが収まったので、右舷側のみ新しい穴をあけてタッピングでとめる。しっかり取り付け完了。続いてバウ側のタンク。セットすると少しガタがあるので、左舷側に木を挟み込んで、その上に両舷トリム材をセットする。これでずれることは無いでしょう。苦労したのが、下の給水側のニップルから水漏れ。タンクに水を入れては抜きの繰り返し。傷んだホースを切って、ニップルにシーリング4回巻きで、結果的には無事に止る。(翌日見ましたが止まっていました!ホッ!)やっとのことで清水タンクもセット完了。多田さん牧野さんも途中参加。船内清掃に励んでもらう。
宮原君カメさんも参加してもらうが、有効に仕事が無く、すいませんでした。
年内の打ち上げで手羽のから揚げ屋さんにみんなで打ち上げに!

a0051924_16553329.jpg
a0051924_16554719.jpg
a0051924_1656194.jpg
a0051924_16562884.jpg
a0051924_16564769.jpg
a0051924_165721.jpg


20121223
多田さんと作業開始。
1、多田さんガンネル補修後に埋木エポキシ充填。(サンディングは来年です。)
2、バウハッチサンディング(後はコ―キングやり直しが残作業)
3、プロパン元コック鉄ビス抜いてステンに交換。
4、久保さん修理した蓋取り付け。
5、スタンハッチ取り付け(結構ビス穴傷んでいました。しっかり清掃して3M4000番で止める。)
6、ルーラービルジポンプエルボー取り付け、30センチホースを延長してセット完了熱湯で柔らかくするとすんなり入りました。これでビルジ溜まりにしっかりとセットできました。
7、山本さんの残業作業をみんなで手伝う。9割完成。とても大きな物入れになりました。結局7時過ぎまで作業。
8、チャートテーブル棚つけ直し。鴇田さんにサイズを送ること。
今日はやっとガスが開通・清水も開通したのでコーヒーを久しぶりにヨットで飲む。多田さん牧野さんとでいつもの焼鳥屋に行って寝る。くたくたです。

a0051924_165758100.jpg
a0051924_16581088.jpg
a0051924_16582432.jpg
a0051924_16583879.jpg
a0051924_16585674.jpg
a0051924_1659102.jpg
a0051924_16592943.jpg
a0051924_16594756.jpg
a0051924_170329.jpg
a0051924_1702512.jpg
a0051924_1704465.jpg
a0051924_1705979.jpg


20121224
1、多田さんと作業開始。わき目も振らず、山本さんの木造作をすべて撤去。
2、倉庫に運び込む。
3、べニアの裏側、縦板裏側、フォクスル床下木部にすべてエバデュアを塗装。(残念ながら時間切れ!床板下の底上げにゲルコート塗装と棚板・受け材のニス塗りがまだです。)
4、比企岩田でバウの掃除、マスキング、アセトン磨き。
5、いよいよゲルコート塗装。ハーバーの浜田君にも助っ人をお願いする。
6、14時からスタートして18時まで!しっかり4時間!塗りっぱなし。セラミックヒーターを付けて帰る。乾きますように。

a0051924_1721644.jpg
a0051924_1723285.jpg
a0051924_1724680.jpg

a0051924_1734333.jpg
a0051924_174537.jpg
a0051924_1742089.jpg
a0051924_1743659.jpg


今日は昼飯も食べずに朝から夜まで作業しっぱなし。だいぶ年内の残作業が残ってしまいました。この今週の整備でなんとかしなければ・・・。

本日も激務ありがとうございました。何とか、年内の作業のおおよそが終了することができました。
すべてボランティアの皆様のおかげです。改め!感謝いたします。本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
寒い中ほんとうに!ほんとうに!ありがとうございます。

27日ヤンマーさん工事(オルタネーター取り付け)
28日塩見さんオルタネーター配線後、ヤンマー合流して試運転テスト
29日30日塩見さん残工事

いや~多田さんも岩田さんも昼ごはん食べずに整備し続けました。くたくたです。ほんとありがとさんです。
by hiki-hiroyuki | 2012-12-24 20:52 | Comments(0)

20121218

20121218
14時30分に東洋ステンレスさんと待ち合わせ。いよいよタンクの完成です。ジュラコンの受けもきっちりつき、ジュラコンキャップも完成してました。みんなでワ―ワ―いいながらセットしました。受けの木部の両端のビスだけが若干バウ側に5mmほどずれているだけ。これは改めビス穴を埋めてサイドタッピングでビス止めすればばっちり収まるでしょう。週末の整備に持ち越しです。バウは山本さんの木工事、マリンエレックチームの弩涛の配線工事!
年内の完成はどうも無理そうになってきました。う~んいかん!いかん!

再度整備事項整理すると・・・・・

1、バウのゲルコート塗装
2、山本さん木工事にゲルコート塗装、ニス塗り
3、リア清水タンク取り付け 
4、フロント清水タンク押さえ木部取り付け
5、トイレ下部木工事 トイレ取り付け配管
6、スタンハッチ再シーリング
7、プロパンふたニス塗り、シーリング再取り付け
8、バウビットウレタン塗装
9、ウインドベーンウレタン塗装
9',ティラー作り変え(ウリン材サイズ計ること)
来年でいい工事
10、ポート側元エアー抜き穴ふさぎ
専門工事
11、オルタネーター増設工事
12、バウスプリット交換工事
13、リギン交換工事
15、エンジン消耗品交換工事
チェック工事
15、ラダー周りチェック工事
by hiki-hiroyuki | 2012-12-18 21:39 | Comments(0)

20121214

20121214
三時に北港到着。先ずは下架作業。山本さんが作業中で協力して下ろす。無事に終了し、バースに戻る。東洋ステンレスさんがタンクのフィッティングテストに北港まで来ていただく。きれいな作業に感謝です。バッテリーも東洋システムさんから無事に到着、ハーバーの浜田くんに運んでもらい、おおいに助かりました。明日の朝コーナンでバッテリーの動き止めのラバーを購入して明日いよいよ取り付け作業です。
a0051924_2251618.jpg

a0051924_2251376.jpg

久保さんが自宅に持ち帰ってもらい無事に修復。見事に雨に間に合いました。ありがとうございました。助かりました。
a0051924_2252673.jpg

いよいよ東洋バッテリーさんよりDEKAのジェルセルバッテリーが到着。前回の実績に今回も採用!長距離航海には、やはりこれでなければ!今回はスターティングも同じもので9発!!!!
a0051924_22522328.jpg

緑の塗料が無かったので赤を上まであげました。バウが浮いたように見えます。
a0051924_22524994.jpg

浜ちゃん重くてすいません!助かりました。
a0051924_22531191.jpg

これが東洋ステンレス製のニュータンク!!
a0051924_22533660.jpg

ほんとうにきれいな作りです。元のタンクを検診してもらいましたが「いつ漏れてもおかしくないですよ!」と、ピンホールの個所を見せてくれました。
a0051924_2254976.jpg

きれいな作りです!アメリカ製とは違います。
a0051924_22542843.jpg

東洋ステンレス、西村さん山
本さんありがとうございます。

20121215
今日はダダさん牧野さん岩田さんの助っ人のもと、山本さんと一緒の作業です。届いた清水タンクの前側にバッテリーを装てん!作業です。偶然雨がやんだので作業ができましたが、150キロのバッテリーを延べ15回は上げ下げしました。一個31キロ、右腕がだるいです。イヤー参った。けど偶然コーナンで購入したウリン材がびっちりサイズがあり、工事としては完璧にバッテリーを押さえることができました。

a0051924_22545284.jpg

先ずは並べて見ていろいろ考えました。予定していた塩ビの無垢材は結局使いませんでした。あまりにもウリン材の70×50がばっちりにはまったので!
a0051924_2255861.jpg

ウリン材に感謝です。
a0051924_22552851.jpg

しっかり3M4000番を塗り込んで圧着。少しすくなかったかな?全面はみ出しブチューとはなってっません。4本の5mmタッピングで固定。
a0051924_2256112.jpg

ウリン材にエバデュアをぬりたかったですが、とても強い木なのでそのままシリコンで接着しました。
a0051924_22563017.jpg

無事にばっちり収まりました。左がバッテリーの角で固定。左は18mmの合板の角材でバッテリーを押さえました。ばっちりです!
a0051924_2257075.jpg

打ち上げの時間がないので西宮駅でカンパーイ!

年内の整備完了をめざしているが、まったく間に合いそうにありません。バウの木工事は山本さんにお願いしているので大丈夫なのですが、

1、バウのゲルコート塗装
2、山本さん木工事に塗装、ニス塗り
3、リア清水タンク取り付け
4、フロント清水タンク押さえ木部取り付け
5、トイレ下部木工事 トイレ取り付け配管
6、スタンハッチ再シーリング
7、プロパンふたニス塗り、シーリング再取り付け
8、バウビットウレタン塗装
9、ウインドベーンウレタン塗装

アー終わりません!!!!!!!!
by hiki-hiroyuki | 2012-12-15 22:58 | Comments(0)

20121207

20121207
朝一でヤスヤス助っ人で、「船検取得」と、ついでに船底整備で上架する。意外に喫水線以外は本当にきれいな船底状態。緑のドクちゃんだけが、効いてないようです。しかし部分的に水膨れが出ていた。あれだけ完璧にやったのに????船齢からくる症状か?
上架後
ヤンマーさん部隊、マリンエレック塩見部隊が合流。先ずはダブルオルタネーターの位置の確認作業。温度センサーをはずし、逆さまにした状態で、できるだけブラケットを小さくお願いする。エンジンルームへのアクセス確保が重要なので、というか入れません。

コックピット排水のスルハルをエルボーでスタボー側に逃げると、解決するかも。

打ち合わせ後、ヤンマーさんチームに、なんとか!年内に工事完了!をお願いしました。

マリンエレックチームは終日恐ろしいスピードで配線をこなしています。プロは違います。スピードメーター20年物の撤去も鈴木選手に助けてもらい無事に撤去。
昼からは、さらなる助っ人、元家具職人のセーラー山本さん!藤本さんの紹介で、いきなり電話でお願いしバウの木工事をお願いしました。ありがとうございます。プロの仕事ぶり見せてもらいました。
輸送のための計測、プロパンの配管をやり直そうと思いながら事前リークテストは見事に漏れが発覚。間髪いれずに銅管の撤去にかかるも、時間切れ、何をやっているのかわからないまま、スペシャリストとやすやすにかこまれた、どーも?すすまない一日でした。みなさま明日もよろしくお願いいたします。
a0051924_13181274.jpg

キムラ海陸通商の杉本さんが今回のオルタネーター工事を担当してもらいます。
a0051924_13182465.jpg

この位置にオルタネーターが付きます。二つのオルタネーターが2系統のバッテリーをそれぞれ担当しいます。担当BTが満充電になれば違う側の発電を助けます。補完し合う構造です。
a0051924_1318331.jpg

ヤンマーさんよろしくお願いいたします。
a0051924_1319552.jpg

藤本さんから紹介してもらった山本さんです。家具職人さんです。
a0051924_13191646.jpg

型どりがとにかく早いです。マネはできません。
a0051924_1319398.jpg

ピシッと!あいます。
a0051924_13194823.jpg

ステムから全長を計測しました。
a0051924_13195645.jpg

スピードメーターも古野さんの製品に交換です。
a0051924_1320459.jpg

24年ものだったのでこれですっきりです。

20121208
ヤスヤス多田さんケチキさんボーやに11年卒鶴田君女子部の牧野さん岩田さん!そして助っ人に久保さんが来阪!
本当に寒い中ありがとうございました。ほんとうに寒かった!みなさんの献身ぶりに感謝感謝!

恐ろしい寒波の来襲で強風の中の整備となる。本当に参ります。船底のサンディングチームは暴風の中サンディング。多田さんは自分の手をサンディングしていました。
ケチキさんと私はプロパンの配管を行いました。結局プロパンケースをはずし、全部やり直しとなる。強風で蓋が逆に開き大破!助っ人久保さんに結局もって帰ってもらい修復をお願する。
とにかく新しい皮膜付きのステンレスのフレキシブルパイプをコンロから通していくのが本当に難しかった!二人がかりで4時間!結局無線機上の元の元栓があった場所の意味がわかりました。船外から通して、コンロから通して、結果元の元栓の場所で合わさらないと入らない!なんとか無事に終了しました。明日はガス屋さんの工事となります。
スピードメーターのスルハルも交換。鈴木君にお願いして撤去!きれに掃除してとりつける。あまりの寒さにシリコンが硬化しません。
山本さんとみんなで三角の床板切りだしで時間切れ!寒い寒い!
手羽食って寝る。

a0051924_13202529.jpg
a0051924_13203559.jpg
a0051924_1320487.jpg
a0051924_13205780.jpg
a0051924_1321646.jpg
a0051924_13211683.jpg
a0051924_13212423.jpg

a0051924_13224364.jpg
a0051924_13225313.jpg

20120912
豚汁の差し入れ牧野さんありがとう
プロパン 箱取り付け シーリング 固まらないので電気付けっぱで暖めたまま帰る。
ガンネル埋木カットエバデュア塗装
バウステムのボブステー取り付け部ペンキはがし、再シーリング
船底塗装 ペラクリン ジンク取り付けシャフト、ウインドベーントリムタブ金具
ハルバフガケ
船底ライン換え(緑 塗料発注ミスで)久保さんの技で助かる。

とにかく鬼のような整備でした。大寒波の来襲で強風の中、皆様には大変のお世話なりました。ぱっとみは楽しそうな写真ばかりですが、日中の気温は3度、風速10M以上の中での作業はとんでもない作業でした。本当に感謝感謝でございます。

a0051924_1321333.jpg
a0051924_13214298.jpg
a0051924_13215229.jpg
a0051924_13220100.jpg
a0051924_1322888.jpg
a0051924_13221795.jpg
a0051924_13222427.jpg

by hiki-hiroyuki | 2012-12-10 13:23 | Comments(0)