久しぶりに仲川さんところへ!西村コーティングからダイアモンドコートの塗装が上がってました。バッチリのつやつやです!ピレリーのタイヤもmotoGPのような風体となってます。リベット後もビスを打ってもらいました。
オリジナルの部品で必要のない物はすべて持ち帰ってきました。これまたとんでもない量となってます。




a0051924_17465571.jpg

ピレリースーパーコルサ motoGPのタイヤのようです。フロントは最新の倒立フォーク、リアがガチガチのスイングアーム、ホイルも軽量のマルケのマグ!タイヤも今のタイヤでがっちりグリップ!フレームが負けるのですが、負けることがわかるかな?早くサーキットで走りたいです!

フロント 120 70 17インチ 3.5J
リア   160 60 17インチ 4.5J



a0051924_17471168.jpg






ハブの部分も削って再塗装でほぼオリジナルの精度で仕上げるサービスもありましたが、今回はできるだけ触らずにしました。





a0051924_17481391.jpg


a0051924_1748285.jpg





a0051924_23205327.jpg

UVカット! いつデビューできるかわかりませんので、サランラップでぐるぐる巻きにしました。


a0051924_23222367.jpg

すれ止めの穴をビス頭が入るようにさらってもらいセット完了!







a0051924_2325537.jpg
a0051924_23245391.jpg
a0051924_23244439.jpg
a0051924_23243042.jpg

a0051924_2326277.jpg



レストアに加え、最新のギアを導入すると、オリジナル部品が溜まります。しかし貴重なオリジナルです。しっかり梱包します。でもいつこれらが再び・・・。まずはありえませんが、F1ー2型のオリジナルのキープです。


仲川さんにはフロントホイール、リアホールの調整をお願いしてます。もしかしたらスプロケットをオフセットしなくてもリアのタイヤホイルセットなら・・・・簡単にいけるかも・・・とのこと。オフセットは力学的にはあまりよくなく、泉田さんの4.5Jに!のアドバイスが効きました!グリップがあがっているのでこのタイヤで十分すぎるデス!

いよいよ計測後スプロケットの発注!フロントのスピードメーター、タコメーターの調整、リアのスプロケット取り付けとオフセットとの調整!仲川さんにお願いです。これが終わればいよいよパワーハウスさんから組み上げたヘッドをゲット!

スタッドボルトはボトムの絞り込みが最新にはあり、オリジナルと太さが違うので追加発注!ナットワッシャーも追加発注!


さあ来年の春には!エンジンが目覚めるかな?エンジン以外のチューンナップの方が変化が激しく、別のバイクになったぐらい変わってると思います。

しかしもうF1にまたがった記憶がありません。だれかさま!オリジナルを少しだけ乗らせてください!
でないと乗った瞬間にこれが当たり前のF1になり、全くありがたみのないバイクとなります。

マルゾッキ38パイのガチガチサスを味合わないとです・・・・。楽しみです===!
by hiki-hiroyuki | 2015-11-23 00:02 | Comments(0)

久しぶりに日高さんにお邪魔してプロのバフマシンをお借りして作業しました。




まずは作業前の写真





a0051924_2249412.jpg

チェーン油でこてこてでした。リベットなのでまな板が取り替えられないので・・・。一度外して再取り付けします。


a0051924_22502621.jpg
a0051924_2250236.jpg
a0051924_22495249.jpg
a0051924_22494065.jpg




a0051924_22503746.jpg

塗装フィニッシュのトップブリッジ!剥がした後の鋳物の質はどうでしょうか?鏡面加工できるかな?





作業時間5時間!プロの道具助けられ、一応鏡面作業は成功!???


a0051924_2231866.jpg
a0051924_223779.jpg
a0051924_2225756.jpg
a0051924_222361.jpg






3Mのスコッチブライトで錆や巣穴や傷を落としていくと、フラットなチャーミングな面がどんどんがたがたになりました。



日高さん曰く、砥石(バフマシンの横に同時に回る)と青とうを上手に使うとかなりの線でもっとフラットになるとの事。時間切れなのでとりあえずは帰宅!日高さんありがとうございました。



そして自宅に帰った後、トップブリッジはアクリルの板の上に耐水ペーパーの800番で仕上げ(傷を消すための400番で研磨)。かなり正確なフラットな面が作れました。








a0051924_2210495.jpg

まずは自宅でぱちり!自宅でできる作業開始!






a0051924_22103177.jpg

この波がグラインダーの後ですね。ただ傷や腐食を直すとこうなります。平板に耐水ペーパーをつけてごしごし1日やればとれるでしょう!今度やってみるか!



a0051924_22123881.jpg

見た目はきれいな鏡面ですが・・・・。




a0051924_22122281.jpg

目立つ写真の撮り方ですが・・・・。治したいな・・・・。




a0051924_22134194.jpg

トップブリッジはアクリルのきれいな平面に耐水ペーパーを引いて削ったので、バフがけなしでもきれいにひずみがありません。




a0051924_22181011.jpg

型取りしておこかな・・・。




a0051924_22184915.jpg

a0051924_2219317.jpg

リベットを飛ばしたので、スイングアームの中で永久にカランカランとなってます!がしかたないです。タップを6mmで切ります。テフロン側も穴を広げ皿ビスで止める事にする。




a0051924_22224429.jpg

ホワイトダイアモンドで磨きあげました。いや〜気持ちがいい!ピッカピッカ!






a0051924_2361660.jpg

一番嬉しかったのはこの刻印を見つけた事です。
by hiki-hiroyuki | 2015-11-08 22:36 | Comments(0)

迷うホイールカラー・・・・何色に?
昨日西村コーティングさんにダイアモンドコーティングをお願いしました。
a0051924_233672.jpg

やっぱりシャンパンゴールドかな〜
a0051924_2334063.jpg

カウルを取るといい感じの白!カウルを付けると・・・明るいけどしまりがな!
a0051924_2344261.jpg

やっぱり黒かな!
現在黒塗装い90%で思案中。マルケ3本は白がかっこいいのです!
by hiki-hiroyuki | 2015-11-01 23:05 | Comments(0)

久しぶりに仲川さんのところへ!ディメンションの計測をし、今後の方向性の相談に行ってきました。

a0051924_2124538.jpg

オーリンズが付き付きました。上部がウイニングラン製の延長キット50mmです。これを利用するとF1のオーリンズ化は容易になります。ポールスマートやモンスターのオーリンズが付けられます。900SSのオーリンズは手に入りません。


a0051924_21262552.jpg

やりました!このトップブリッジ!オーリンズブルーだ!トップブリッジは自宅に持ち帰り、鏡面加工の刑にしてやる。



a0051924_21273257.jpg

ここが車高調整。♪♪


a0051924_21285621.jpg

スイングアームの垂れ角は?
a0051924_21291976.jpg

12.2度。ゼロGになるように車体を吊るしての計測です。仲川さんいわく「やや車高がさがりますが延長(リアサス自体を改造しロッド延長オーダー)しなくていけるでしょう!」とのこと。オーバーレーシングではなく、スポルトベルリッキでは修正が必要だったです。こっちはヤフオクで売り!フロントのマルケも売り!


a0051924_2138301.jpg

a0051924_21384852.jpg

フロントもウイニングラン製の延長キットで50mm延ばしてさらに最長延ばした状態で25.8度!少し短くするも知れませんがいいところにきてます。

a0051924_21413118.jpg

天井から吊って、タイア下にはアルミプレート引いて!ゼロ加重状態にして計測です。

a0051924_21435015.jpg

a0051924_2144481.jpg

a0051924_21441964.jpg

a0051924_2145716.jpg

a0051924_21444827.jpg
a0051924_21443663.jpg






a0051924_21455261.jpg

a0051924_2145338.jpg


マニシングできれいに作られていますが、ボルト荷重で止まっているだけのなんちゃってです。これもバイク屋さんの仕事?そもそもこの場所にはベアリングはいらないようです。



a0051924_2150627.jpg
a0051924_21495020.jpg

なんとか付きそうです。ブラケットは再製作となります。
フロントだけが超現代バイクです。やっぱり赤に塗らないと似合わないかも?
ヤフオクのクレーバーウルフのガッツリしたキャリパーサポート。ブレーキディスク8mmオフセットはディスク側で仲川さん製作です。

a0051924_21521165.jpg
a0051924_2152353.jpg

オフセットスプロケットも発注してもらいました。


a0051924_21534225.jpg

リアも全く使えません!このホイールはFZ-Rと書いてあり落札しまたがFZ用だったようです。
ブレーキキャリパーも製作しなくてはなりません。

a0051924_21572448.jpg

a0051924_21571386.jpg

a0051924_2157328.jpg
a0051924_21565284.jpg




a0051924_2201358.jpg

スイングアームの仲川メモ!
a0051924_2212434.jpg

フロントホイールの仲川メモ!
a0051924_2224060.jpg

リアホイールの仲川メモ!

これで調整部品を製作してもらいます。本当にバイクを知り尽くしてる人です。


a0051924_2241899.jpg

フロントのこの部分も製作です。

a0051924_2253798.jpg
a0051924_225780.jpg
a0051924_224535.jpg
a0051924_2244381.jpg



仲川さんのデッドストックのレージングマルケをゆずっていただきました。西村コーティングさんに前後ホイールの塗装をお願いしました。やはり腐食が進んでいるので、サンドブラストしてもまた塗装した後に浮き上がる事もあるそうです。とにかくダイアモンドコーティングをお願いしました。バランス取りのためにもベアリングの打ち変え、タイヤ装着もお願いしました。
a0051924_22141879.jpg

by hiki-hiroyuki | 2015-11-01 22:08 | Comments(0)

番外編
引っ越しに伴いテーブルを群馬指物師の吉澤さんにお願いしケヤキの一枚板を購入しました。某ショップであった机の足をコピーし仲川さんに製作をお願いしました。元プロライダー・メカニックが作る匠のテーブル脚が出来上がりました。
a0051924_21181440.jpg

a0051924_21183427.jpg

a0051924_2121364.jpg

みつろうで仕上げました。小口はウレタンニスで割れ止め。しかし効かないだろうな・・・。
a0051924_21215370.jpg

by hiki-hiroyuki | 2015-11-01 21:20 | Comments(0)