2年間にわたる仲川さんところでやってきたレストアもいよいよ終了に近づいてきました。緑のTT1を再び仲川さんところで預かってもらいついにF1は自宅に帰ってきました。

TT1への道

リアフェンダーの巻
ヤフオクで落としたモンスター400用のリアフェンダーなんとか使えそうです。
a0051924_22181580.jpg
a0051924_221811.jpg
a0051924_22174793.jpg
a0051924_22173781.jpg
a0051924_2217219.jpg
a0051924_22171090.jpg
a0051924_22165946.jpg

なかなかレーシーな感じでいいですね!タイラップとスペーサーを入れてベルリッキの
フェンダーの耳にゴムを当ててねじ止めしましょう!

いよいよ配線図も作ってみました。
a0051924_22202338.jpg

a0051924_2220357.jpg

a0051924_22204791.jpg

テスターで全ての導通を取りました。しかし2型のハーネスとは全く違います。これは迷宮入りの予感。

これが配線図だ!
a0051924_22214369.jpg



いよいよ緑が嫁入りして2型が帰ってきました。

キャブ調整にこんなものも購入
a0051924_22222864.jpg



a0051924_22224261.jpg

初めて陽の下に出たTT1。なかなかかっこいいです!2型に比べれば本当にエンジンが低い。仲川さん曰くあまり低いとバイクが倒れない!とのこと。不安定な状態が曲がるきっかけ!になります。ディメンション含め色々お願いすることになります。


a0051924_22251549.jpg
a0051924_222548.jpg

初対面の兄弟!


a0051924_2225527.jpg
a0051924_22254289.jpg

お世話になりました。そしてまたお世話になります。

a0051924_22261963.jpg

1、フロントメーター取付(900SS)調整
2、リアスプロケ製作、ドリブンスプロケ製作、ダンパー取付、ブレーキキャリパー製作
3、ディメンション測定
4、フロントハンドルロック溶接加工
5、フロントエンジンキー取付
6、フレームとエンジンの間の隙間のシム製作
7、リアブレーキシリンダー取り付け加工40mm→フレーム50mm
こんなところをお願いします。

a0051924_22291516.jpg

a0051924_22292830.jpg

a0051924_22293937.jpg

a0051924_22294930.jpg


日高さんに車をお借りし、水野さんに手伝ってもらい、2型が帰ってきました。あとは昔の写真を見ながら
一度タンクを外して配線、配管の整理してインシュロッック!して再セット、キャブが濃いようなのでスロージェットを一番てお落とすこと、そして車検ともう少し乗り出しまでには時間が必要です。
by hiki-hiroyuki | 2016-08-22 22:18 | Comments(0)

日本一早いCBR250

8月5日6日
もてぎ4時間耐久ロードレース選手権に参戦してきました。

アルビスポーツスペシャルCBR250R改

ほぼ日本で一番早いバイクであります。

我々のリザルトは大したことはありませんが、エースライダー寺田くんが予選で出した2分23.686秒。

予選会で15位だったWSクラスのCBR250改は2分20と23秒台というタイムです。

しかしこのマシンには全日本の選手が乗り込みエンジンも触ってる車両と思われます。

アルビスペシャルはエンジンはフルノーマルです。

その次のベストラップがこのアルビスペシャルの記録です。



ネオスタでのCBR250Rの記録が22秒台が最高です。

おそらく我々のアルビスペシャルをプロが乗ったらおそらく19秒台は出るのではないでしょうか?


ここでアルビスペシャルCBR250改は日本で一番早いと宣言します。




なんちゃって・・・ですが多分本当に早いと思います。

a0051924_1311118.jpg










もて耐久レースを走ってみて・・・・・

CBR250はリザルトを見ても完全に戦いには不利なバイクとなってます。NinjaとYAMAHAばかりです。完全に2気筒に軍パイが上がります。(2気筒新CBRの動きが・・・)

予選通過二人の合計タイムが4分48秒がボーダーライン。

平均2分24秒が通過タイムとなると、ネオスタの上位選手が22秒台が優勝タイム!!???

と、、、するとそれより2秒しか余裕がないということになります。

そのタイムですら上位から77番手となります。




しかし海宴隊は仲川さんのマシンをさらに煮詰めていき予選通過を目指します。フロントリアサスをNSF250を移植し、さらにエンジンを触ります。


全体スピードを上げてサスペンションを変えれば戦えるマシンになります。



寺田くんが22秒、日高さんが25秒を出せると予選通過が目指せます。
僕はやっとこ36秒なので論外ですので練習しかありません。



ホームストレートで接触しコケかけました。かなりへこみました。


とにかく僕のタイムでは遅すぎて危険です。練習しかありません。





結果予選落ちしましたが逆に間違って通ってたら事故ってもおかしくない状況です。





本当にもて耐はレベルが高いです。草レースですがプロも走っていますし、僕たちのレベルではまだまだです。ピットの作り方も整備体制も給油も全てまだまだです。



来年に向けて頑張ります。




a0051924_13243731.jpg

a0051924_13245899.jpg

a0051924_13242284.jpg

a0051924_1325872.jpg

これも仲川さん作のKTMスペシャル!いろいろ教えていただきありがとうございます。
来年は一緒のピットでやりましょう!
a0051924_13264671.jpg

a0051924_1327732.jpg

a0051924_13273182.jpg

a0051924_1327476.jpg

a0051924_13283453.jpg

a0051924_13285427.jpg

a0051924_13294456.jpg
a0051924_13293552.jpg
a0051924_13292043.jpg

a0051924_13312411.jpg

同じピットの平岡さん!お世話になりました。

a0051924_1331625.jpg


a0051924_1332332.jpg

a0051924_13323062.jpg

a0051924_145753100.jpg


a0051924_13324389.jpg

新垣さんも顔を出してくれました。まさに僕たちの先生です。
a0051924_15165060.jpg

いつもありがとうございます。
a0051924_14582373.jpg

a0051924_15172489.jpg

a0051924_15174291.jpg

a0051924_1518564.jpg

a0051924_15184337.jpg

a0051924_1519019.jpg

a0051924_15191718.jpg



a0051924_13341883.jpg





a0051924_13343616.jpg










































a0051924_15194587.jpg





夏は終わりました。また来年頑張ります。仲川さん本当にありがとうございました。
by hiki-hiroyuki | 2016-08-07 13:35 | Comments(0)