ducati TT1への道12 20170810

仲川さんから続々と写真とメールが飛び込んできました!!!!








こんな塊が・・・・・・・・・・

a0051924_23203929.jpg

a0051924_23194626.jpg

これを削り出して!











a0051924_23131622.jpg

ヤッホー!!!かっこいい!!!!












そしてリアブレーキは・・・・・・・・

a0051924_23255724.jpg


これを削り出して!






a0051924_23132066.jpg


おおおおおおおお!!!!!!!!!!!










そしてヤフオクでミス購入したリアマスターを!!!!50mm ➡︎40mmに汎用性のあるプレートを製作!これはオリジナルのベルリッキーフレームをぶった切って溶接する方が早いのですが、あえてフレームは触らないようにお願いしました。あまり意味ないですがなんとなくです。







a0051924_23354441.png

これを手間をかけて付けてもらいました!!!










a0051924_23132365.jpg

おおおおお!直な感じ! 大改造しましたと仲川さんよりメールがありましたが!シンプルすぎる!構造!!!
いやはや、自分で全く作業していませんが感動ですね。

ステップもF1用なのでベルリッキのステップ径とも違うのですがお願いしてスリーブ入れて流用できるようにしてもらいました。


自分では絶対無理な魔法です。すごいな!プロは!ググッとTT1は進み出しました。

しかし夢は大きく日本一乗りやすくて早いF1を目指します。なんちゃって!!!ぜーんぶできたらエンジンやりたいな〜〜〜〜。














部品が足りません・・・・・

a0051924_23394729.jpg

シフトレバー 1番  

この部品が足りないことが判明!写真逆側のシフトチェンジに必要です。

いよいよ気が早いですがこんな物も妄想中。



a0051924_23413391.jpg
もちろんこれではなく!












a0051924_23415013.jpg
こうするために!





a0051924_23414248.jpg

a0051924_23413937.jpg

a0051924_23414546.png

などなど妄想中。(大山さんの影響大)







残るゲットが必要な物と行程は・・・・
大物はカウル(3型流用か?)ペイント、ウインカーリア、チェーン、
何よりもエンジン本体です。

まだまだ先になりますが、小物の取付や電気関係の整理をしつつ楽しんでいきたいと思います。
一度仲川さんの工場からうちのガレージに持って帰ってなぜなぜしながら整備で1年ほど引っ張ります。


仲川さには残作業、
TT1タンク1型から改造して製作、フロントブレーキ周り(ビックブレンボ・ディスク)の取付調整、フレーム調整、車高やディメンション調整(走るバイクにするため)キャブとアクセル取付調整
バイクの基本構成を頼みます。


by hiki-hiroyuki | 2017-08-11 00:10 | Comments(0)

初めてのブレーキメンテンナンス




リアブレーキの引きずりが出たので、一度自分でやってみよう!と奮起しメンテナンス部品を購入し色々なビデオ映像を見て勉強してみました。
















a0051924_22260926.jpg
a0051924_22261273.jpg
これらを購入!万全な体制なはずです。


















a0051924_22270247.jpg
まずはキャリパーを外して、、、、、、」










a0051924_22270554.jpg
ずっと前に買っていた便利グッズを取り出して試してみました。便利!というか必需品です。







a0051924_22270703.jpg
定番中性洗剤でゴシゴシ洗いました。









a0051924_22270945.jpg
洗ってもみ出ししたのですが、やっぱりバラさないと!と!











a0051924_22290470.jpg
フルードを抜いて、ピストンを抜いて、











a0051924_22290799.jpg
シールを慎重に外します。







a0051924_22291043.jpg
シールを掃除してMR−20を塗布して・・・・










初めてのオーバーホール!シールキットが高くてなかなか手に入らないかったのでとりあえずのオーバーホール。








a0051924_22365521.jpg
いよいよ組み上げてから、便利グッズにフルード充填し、フルードを注入・・・・????
ブレーキをいくら踏んだり離したりしてもフルードが上がってきません。














落ち着いていろいろ考えてみて、やっと解決しました。







ブレーキを踏む、ボルト一瞬緩めて締める、フルード送る、ブレーキ離す、ブレーキ踏む、ボルト一瞬緩めて締める、フルード送る。

このサイクルが必要と!

やっているうちにわかり無事にエアーが抜けて完了。

が、、、、しかし症状は変わらず???

結果別マスターから先のジョイント部品のグリス切れが結果原因でした。
バラしてグリスアップしたらななんともなく治りました。


しかしこれでフルード交換、エアー抜き、ブレーキシール交換の行程はなんとなくやっていけそうになりました。マスターのオーバーホールは次の機会に勉強しましょう。











治りました!!!

by hiki-hiroyuki | 2017-08-10 22:49 | Comments(0)