20101017

20101017
二日間久しぶりの船中泊。朝7時に起きて久しぶりにエオラスを水洗いする。バウスプリットの付け根のデッキのクラックを見つける。ゲルコート部分のクラックだが、また補修が必要。一度デッキ全体でゲルコートがかけているところは一斉に補修するのも必要。隅から隅まできれいに洗う。フランスで買ったFRP洗浄クリーナーでハードドジャーの水あかを落としてみる。まま落ちるが劇的は落ちない。ライフラインのロックナットが緩んでいるのを発見!全部しめてから、いつものテープで巻いておく。夜TIOによって社長の川瀬さんと会い、いろいろドカの話を伺う。パンタかベベルか迷っている。心はベベルに決まっているが、サーキットを気持ちよく走りたいという思いもあるがやはりデビューはベベルか!組み上げた900ssのエンジンを聞く。本当に凄いバイクです。乗りこなせるか不安だらけ。ショップに戻り江澤さんとまたまたいろいろお話を聞き見積もりをお願いする。さあ!「エオラス2世」となるか!
a0051924_215998.jpg

ハードドジャーをこれでふく。ポート側をやったので今度行ったときに汚れのつき具合を確認。
a0051924_2245991.jpg

エオラスには珍しいゲルコートクラック。さてどうやって直すか?数年前にシリコンをST4000を入れてやり直したがコーキング切れているかもしれない。ここは一度も抜いてのメンテナンスはしていない箇所。一度外してコグチをエバデュアで固めた方がいいかも?まあのんびりやりましょう。
a0051924_2292764.jpg

このテープはほんとうに優れもの。フィット感といい使いやすやといい!もっと早くであっていれば!

ここからはベベルのコーナー。さあ「エオラス2世」となるか!
a0051924_2221129.jpg

TIOでフルレストアされた900ss。81年か82年製。なんと30年前のバイクです。
a0051924_22213448.jpg

タンクはアルミタンクに交換されている。
a0051924_22215962.jpg

カウルは日本製のレプリカ。
a0051924_22221513.jpg

コンチマフラーは新品が装着されている。
a0051924_22223347.jpg

ベベルツイン864cc。いい音していました。

風になろう!と決心した。インターネットで自分のイメージのバイクを探していたらドカティーイモラレプリカ750ssにたどり着いた。調べるともう乗るというより飾るバイクの値段にびっくり。台数の少なさとシルエットの美しさはもうたまりません。それからどんどん調べていくういちにすっかりドカの虜に。900ssならまだなんとか手に入る値段であることがわかり、TIOさんとご縁があり探してもらうことに。たまたまショップに半年前にくみ上げた900ssがあり、これがそのバイク。調べて行くうちにMHR900やハリスパンタF1も気になってきた。しかしやはりデビューはベベルから!さあ!見積もりは?「エオラス二世」になるか!
by hiki-hiroyuki | 2010-10-17 22:31 | Comments(0)