20100109

20100109
TIOに修理に持って行く。寺田夫妻にまたまた助っ人をお願いする。だいぶ足は良くなったが、まだフルキックは無理なので、人間スターターをお願いする。オイル漏れを確認してもらうため、スプロケットカバーの中をしっかり掃除してから、走ってTIOへ向かう。少し距離も必要なので大井松田で引き返して向かう。途中のドライブインもすでにオイルが飛び散り、垂れもも確認できる。ギア抜けも何度が起きた。メーターの故障ではなくやはりギア抜けのようだ。4速から5速へアップした時にニュートラルになるのが3回、4速か5速で走っているときにスコッとニュートラルに抜ける症状もあった。そしてハプニング。風が強い中高速で走っていたためか、リュックが全開していて、中のスニーカーが無くなりました。D700、iPad、は無事だったので••••。本当にバイクは何が起こるかわかりません。

a0051924_22213520.jpg

一度手前側は掃除をしたのでわかりにくいが、スプロケットの奥はオイルでベットリ。
a0051924_2222363.jpg

大井松田のドライブインではカバー横の下側からオイルダレ。スイングアームもオイルが飛び散る!
a0051924_22223359.jpg

a0051924_2223050.jpg

やっと入荷した。定番の「窓」入院あけは早速付けてみよう。

整備お願い
1、スプロケットオイル漏れ
これはベベルの定番の症状とのこと。なかなか液状のガスケットを塗り込んで入れても同じ症状がよく出るとのこと。藤上さんいわく「フッ素系オイルシールを2枚」がコツとのこと。
2、リアキャブのガソリン漏れ。パッキンがだめになっているのか?
3、前輪のかじり?すこしディスクが引きずっているのか、回りがスムーズでない。
4、クラッチの切れが甘い。これはエンジンが冷えているときは仕方が無いそうで、ベベルならではのようです。ローギアに入れてブレーキを踏んで引きはがしオイルをまわしてやる。TIOに付いたときはだいぶましになっていた。
5、ギア抜け。これはなかなか難しいようだ。とにかくチェックしてもらう。
6、リアカウルねじ注文
7、デロルト前のほうがすこしコッツっとあたるのが早くて大きい。
8、ステップねじ交換。ステップはMHR用なので900ssのリアショックでは長いのでどうしてもおさまりが悪いようです。川瀬さん「宿題にさせて!」とのこと。


シフトギアをばらしてみるとのことで今月いっぱいはTIOで入院となります。2月は遠出ツーリングに挑戦です。TIOさんよろしくお願いいたします。
by hiki-hiroyuki | 2011-01-09 22:23 | Comments(0)