ドカティーF1レストア絶好調中31

久しぶりに日高さんにお邪魔してプロのバフマシンをお借りして作業しました。




まずは作業前の写真





a0051924_2249412.jpg

チェーン油でこてこてでした。リベットなのでまな板が取り替えられないので・・・。一度外して再取り付けします。


a0051924_22502621.jpg
a0051924_2250236.jpg
a0051924_22495249.jpg
a0051924_22494065.jpg




a0051924_22503746.jpg

塗装フィニッシュのトップブリッジ!剥がした後の鋳物の質はどうでしょうか?鏡面加工できるかな?





作業時間5時間!プロの道具助けられ、一応鏡面作業は成功!???


a0051924_2231866.jpg
a0051924_223779.jpg
a0051924_2225756.jpg
a0051924_222361.jpg






3Mのスコッチブライトで錆や巣穴や傷を落としていくと、フラットなチャーミングな面がどんどんがたがたになりました。



日高さん曰く、砥石(バフマシンの横に同時に回る)と青とうを上手に使うとかなりの線でもっとフラットになるとの事。時間切れなのでとりあえずは帰宅!日高さんありがとうございました。



そして自宅に帰った後、トップブリッジはアクリルの板の上に耐水ペーパーの800番で仕上げ(傷を消すための400番で研磨)。かなり正確なフラットな面が作れました。








a0051924_2210495.jpg

まずは自宅でぱちり!自宅でできる作業開始!






a0051924_22103177.jpg

この波がグラインダーの後ですね。ただ傷や腐食を直すとこうなります。平板に耐水ペーパーをつけてごしごし1日やればとれるでしょう!今度やってみるか!



a0051924_22123881.jpg

見た目はきれいな鏡面ですが・・・・。




a0051924_22122281.jpg

目立つ写真の撮り方ですが・・・・。治したいな・・・・。




a0051924_22134194.jpg

トップブリッジはアクリルのきれいな平面に耐水ペーパーを引いて削ったので、バフがけなしでもきれいにひずみがありません。




a0051924_22181011.jpg

型取りしておこかな・・・。




a0051924_22184915.jpg

a0051924_2219317.jpg

リベットを飛ばしたので、スイングアームの中で永久にカランカランとなってます!がしかたないです。タップを6mmで切ります。テフロン側も穴を広げ皿ビスで止める事にする。




a0051924_22224429.jpg

ホワイトダイアモンドで磨きあげました。いや〜気持ちがいい!ピッカピッカ!






a0051924_2361660.jpg

一番嬉しかったのはこの刻印を見つけた事です。
by hiki-hiroyuki | 2015-11-08 22:36 | Comments(0)