DUCATI F1-2型 整備日記「フロンントカウル修復」夢工房ハイライトさんに依頼 20171105

夢工房ハイライト岡さんのところへカウルを持って行きました。
やはり小さい傷を治したりすることは中々難しく、古い塗装も活かすことはできないとのことでした。
細かい割れは治しても塗料が跳ねてしまい綺麗にはならないとのこと。全塗装は高額なのと味がなくなるので一旦諦め、
フロントカウルの割れとスクリーン周りの修正塗装(わかりますよ!とのことでしたが)と、
アンダーカウルの穴あきを裏から積層と、クイックファスナー穴の破損の修正積層、
両方裏側のフラットブラックの手塗りをお願いしました。

DB1のマニアさんで仲川さんともお知り合いでした。もちろんTIO江澤さんの紹介でしたがPHの高見沢さんとも
お仕事仲間のようです。みんな仲間ですね。(笑)

a0051924_17384424.jpg
a0051924_17384188.jpg
車で夢工房ハイライトへ
a0051924_17390306.jpg
岡さんはかなりのマニアックでした。
a0051924_17385917.jpg
a0051924_17385674.jpg
a0051924_17385268.jpg
a0051924_17385070.jpg
a0051924_17384739.jpg
DB1のモデルはワンオフで作っているそうです。


そしてリアカウルは持ち帰ってまたまた傷埋めやってます。
a0051924_17390684.jpg
まずは3000番で水研ぎ。細かい傷は消えました。


a0051924_17391137.jpg

a0051924_17391506.jpg
a0051924_17412448.jpg



この割れも味ですね。
一ヶ月は乗れません(笑)
ハイライト岡さんよろしくお願いいたします。

タンクタッチアップしようかな〜〜〜〜。


by hiki-hiroyuki | 2017-11-05 18:03 | Comments(0)