ducati tt1への道20 カウルをセットしてみたら?

仲川さんところに行ってカウルをセットしにレッツゴー!3型のカウルがフィットすれば新たに購入しなくていいのでお財布が助かります。今後も3型カウルなら手に入れやすくとてもリーズナブルです。
a0051924_18012322.jpg






a0051924_18022071.jpg

a0051924_18022316.jpg
歪んで取り付けられていたメーターステーのベースを再溶接し、それにハンドルストッパーをジュラコンで取り付けてもらいました。緑フレーム塗装をし直すので今後カウルステーなど溶接していきます。






a0051924_18054785.jpg
カウルのフィティングはアンダーも取り付けた状態でジャッキを入れ高さを合わせます。





a0051924_18063783.jpg
緑フレームのメーターステーはカウルに色々干渉するので3型オリジナルステーに交換です。
a0051924_18063314.jpg
なんとかカウルは付きそうそうな感じです。アンダーカウルがタイヤと干渉しそうなのでメーターステーを切断し1cmほど切り詰め再溶接すればいけそうです!!


a0051924_18093069.jpg

a0051924_18093700.jpg

a0051924_18094383.jpg

a0051924_18095079.jpg
意外にグラマラスなリアシートです。位置はもう少し前かもしれません。個人的にはハリスタイプの大きなスクリーンより TT1タイプのF1に近いタイプの方が大好きなので3型を改造して取り付けができれば狙いのスタイルに近づきます!!!楽しみです。



そして気になる体重を計ってみました。まだフロントディスクブックブレンボキャリパーや電装関係・エキパイ・マフラーは付いていませんが、現時点での計量です。


a0051924_18133528.jpg
フロント65.5kg
a0051924_18142332.jpg
リア62kg

な!なんと130kg切りです。フロント側にも荷重バランスがありバッチリのようです。乾燥重量がF1で175kg、モンジュイで155kgなのでかなりの軽量化です。フレームとホイールの軽さが効いていいるようです。最終的にはプラス10kgとしても140kg台は間違いなし!!??楽しみですね!!!









by hiki-hiroyuki | 2018-05-03 18:42 | Comments(0)