ducati TT1への道21 

ずっと仕事で休み取れなく久しぶりに仲川さんところへお邪魔してカウルのフィッティングを打ち合わせしてきました。
a0051924_21563577.jpg
これが以前仲川さんより送られてきた画像です。フォークはSR4に延長キットをつけたもの。ややカウルが上に付きすぎな印象。







a0051924_22004405.jpg
a0051924_22003147.jpg


a0051924_22003615.jpg
新たに900SS用にセットし直した写真。延長キットの移植はトップの部品が違い延長せずそのまま付けてます。ギリギリフロントタイヤのカウルから120mmのクリアランスが取れているのでこのままで行けそうです!!!





a0051924_22032585.jpg
フレームが短い分カウルが後ろに下がりオイルゲージとの差が長さの差となってます。この分メーターステーを短くカットして取り付けてみることに。エンジンに対しての高さはオリジナルとほぼ同じ収まりです。




a0051924_22051758.jpg


a0051924_22054927.jpg
まだマフラーに干渉しているので曲げ等々加工が必要です。




a0051924_22064449.jpg
現在キャスターは27度、スイングアームは無荷重で11度ディメンション的には問題ない!と仲川さん談。
トップの部品がSR4オーリンズと違い延長キットは使えませんでした。がギリギリ行けそうです!!






a0051924_22064957.jpg
a0051924_22065363.jpg
ここもまだ微調整が必要です。再溶接しなければならないかもです。



a0051924_22122933.jpg
遂に付きました!ビックブレンボディスク!!!!




パンタクラブ仲間よりショーライバッテリーのチャージャーを譲ってもらいました。肝心のバッテリーはこれからですがとにかく軽く仕上げたいのでショーライバッテリーの導入です。

a0051924_22162810.jpg





番外編!
a0051924_22092240.jpg
気になるレース車両。仲川さん力作半年かかった力作。ノーマル200KGオーバー車両が160KG、次はアルミタンク制作するそうです。







by hiki-hiroyuki | 2018-06-30 22:16 | Comments(0)