ducati TT1への道28

ちょっと撮影して遊んでみました。オリジナルF1とベルリッキフレームーアルビスポーツ仲川製作とどれだけ違うかを写真で見てみましたが
そもそもアングルが違うので・・・・よくわからなと思いますが・・・。


a0051924_22241062.png

a0051924_22241032.png
カメラアングルが違いますがやはりTT1の方がカウルの絞りこみが強く細いイメージに仕上がってます。





a0051924_22240991.png



アッパーカウルはさらに幅が狭く設定してます。







a0051924_22241034.png
ここが一番の違いです。この違いがレーサーフレームとの違いです。20mmほど短いのはここの部分です。キャスターも立っていてさらに
チューブの長さも10mm短いです。







a0051924_22240995.png
カウルのエンド(左)緑フレームはクラッチカバーより20mmほど後ろにずれているのがわかる。これが仲川さんが苦労したところです。
カウル幅はオリジナルF1よりさらに絞っていることがわかります。全体的にさらに細身な感じがします。

Commented by hiki-hiroyuki at 2018-11-01 01:21
テスト!テスト!テスト!
by hiki-hiroyuki | 2018-10-30 22:34 | Comments(1)