ducati TT1への道29

久しぶりに仲川さんとこへお邪魔してきました。
a0051924_21555673.jpg




a0051924_21555705.jpg
ステアリングダンパーを持って行き、取り付け位置を確認してきました。ここに収まればいいのですが配線やケーブルが密集している場所ですね。








a0051924_21555745.jpg

リアブレーキのステーを移動。溶接し直してもらいました。これでリアシートカウルとの干渉もクリア!




a0051924_21555719.jpg

カウルとフレームの間にボスとスリーブを入れて固定します。







a0051924_21555702.jpg











a0051924_21555806.jpg
逆側にもボスを溶接してもらいます。















続いてスプロケの妙!!!

a0051924_21555824.jpg
モンジュイエンジンに交換。スプロケを新たに調達。ザムさんのデッドスットクを購入。仲川さんの細かい作業でワイヤーロック加工もバッチリです。










a0051924_21555904.jpg






a0051924_21555960.jpg
外側のスリーブです。










a0051924_22004696.jpg
これが内側のスリーブ。圧入です。これでスプラインときっちり治ります。









a0051924_22004643.jpg





a0051924_22004622.jpg






a0051924_22004669.jpg






a0051924_22004731.jpg



ザムさんのストックスプロッケにスペーサーを両側より製作。圧入側は抜けませんがとても細かい作業です。品番が残っているので今後はスプロケは製作が可能です。仲川さんはスペーサーを入れることにより、市販のスプロケを使えるように加工してもらいました。プロですね。スプロケのトラブルや理屈がまだよくわかってません。少し外側チェーンラインを出していることはわかりますが???

スプラインとスプロケに、ガタがないような加工をどうすればいいのか? 
未熟者の僕にはまだ理解できません。




a0051924_21555886.jpg
リアカーボン製ですが、タイヤが細いのでちょっとブサイクです。なんとか取り付けはできそうです。






by hiki-hiroyuki | 2018-11-09 22:06 | Comments(0)