Ducati TT1への道41

仲川さんとこへキャブのエルボーを届きに行ってきました。またまた進化していました!いよいよ最終段階です。



スイングアームのリアフェンダーを固定するためのネジ穴をとても微妙な位置にタップを切ってもらいました。
a0051924_21114308.jpg
スイングアームの上のフレームが邪魔をして、ドリルもタップも入ることはできません。






a0051924_21114213.jpg

a0051924_21240584.jpg



3mmの下穴をドリルで開け、リューターで4mmに拡大し、特殊加工溶接したタップ(短く頭に六角ボルトを溶接)をスパナでネジ山を切る!見た目の出来上がりはなんてことないですが、よーく考えると??あれ??どうやって??です。仲川さんのこだわりです。僕ならタイラップで終了です(笑)最終ネジは六角ナットです。












TT1おきまりのトラスフレームから直付けのカウルステーを製作してもらいました。カウルがオリジナルなのでストラントが立っているため、どうしてもレーサーより長くなります。(やっぱり完成後はカウル理想に近づけたいです。)
フレームにステー用のネジが最初から溶接されているので、やっぱりこれを使わないと!と・・・・。かっこいいですね!






a0051924_21114377.jpg






a0051924_21114337.jpg





a0051924_21114295.jpg






a0051924_21114272.jpg
キャッチタンクのパイプ経路をフレーム内側に移動してもらいました。これでリアカウルとの干渉は無くなりました。



いよいよ最終段階。キャブのエルボーは結果リアも70度の方が収まりがいいので再発注しました。9月中旬の入荷待ち。後はアクセルワイヤー製作とセットで仲川さんのお仕事は一旦終了です。夢のTT1ついに!完成まじか!

でもハーネス作るのにまた一年かかりそうですね・・・・休みなく・・・・・・(笑)





by hiki-hiroyuki | 2019-09-01 21:34 | Comments(0)