カテゴリ:未分類( 595 )

Ducati TT1への道42

仲川さんから連絡あり!
a0051924_20200105.jpg




アクセルワイヤーのアウターが入らない!とのこと!アクセルワイヤー自体はドカティF1用なので???グッチーノさんで購入しまいたが、ドカティF1のアクセルワイヤーのスタンダードは6mmで、グッチーノさんの部品は内側にネジが切ってあるタイプでデロルト42とはあいませんでした。

そこで!仲川さんが「ドカ仲間で42のデロルト使っている人いたら聞いてみたらわかるかも!」で早速ハマヒロさんに電話したところ!!!

「その部品ありますよ!差し上げます!」とのこと!なんでこんな物までストックしているのかびっくりです。

お言葉に甘えてお伺いしていただくことにしました。フェラーリのドアミラーの付け方も聴きたかったし、お借りしているTT1タンクをお返しに上がることになりました。









a0051924_20153712.jpg
   


a0051924_20153713.jpg



a0051924_20282897.jpg


ハマヒロさんのお持ちの部品がこれです。














仲川さんところで合わすと!ビンゴ!バッチリでした!




a0051924_20460787.jpg

















続いてハマヒロさんに見せてもらいたかったフェラーリドアミラーテールランプの実際の取り付け方でした。



a0051924_20153641.jpg




a0051924_20153672.jpg

これが秘技「フェラーリの技」です!!!











a0051924_20541184.jpg





a0051924_20550046.jpg
幅と高さこんな感じでアルミの板に穴を開けてます。










a0051924_20564711.jpg





a0051924_20565051.jpg










外から見るとこんな感じです。電球も教えてもらいました。


a0051924_21003698.jpg
a0051924_21004750.jpg
a0051924_21005093.jpg
これで電球のタイプもわかりました!











a0051924_21074019.jpg
a0051924_21074032.jpg
a0051924_21074085.jpg
a0051924_21074072.jpg
ヤフオクで落札したミニのランプをメンテしました。










仲川さんにアルミ板をいただきました。これで3連のフェラーリの台座の製作とミニクーパーフォグランプを TT1のテールランプの台座を製作します。切った張ったはお得意です。



a0051924_21094595.jpg


久しぶりに自分ができる作業領域です。楽しんでやっつけます!

















by hiki-hiroyuki | 2019-09-22 21:12 | Comments(0)

Ducati TT1への道41

仲川さんとこへキャブのエルボーを届きに行ってきました。またまた進化していました!いよいよ最終段階です。



スイングアームのリアフェンダーを固定するためのネジ穴をとても微妙な位置にタップを切ってもらいました。
a0051924_21114308.jpg
スイングアームの上のフレームが邪魔をして、ドリルもタップも入ることはできません。






a0051924_21114213.jpg

a0051924_21240584.jpg



3mmの下穴をドリルで開け、リューターで4mmに拡大し、特殊加工溶接したタップ(短く頭に六角ボルトを溶接)をスパナでネジ山を切る!見た目の出来上がりはなんてことないですが、よーく考えると??あれ??どうやって??です。仲川さんのこだわりです。僕ならタイラップで終了です(笑)最終ネジは六角ナットです。












TT1おきまりのトラスフレームから直付けのカウルステーを製作してもらいました。カウルがオリジナルなのでストラントが立っているため、どうしてもレーサーより長くなります。(やっぱり完成後はカウル理想に近づけたいです。)
フレームにステー用のネジが最初から溶接されているので、やっぱりこれを使わないと!と・・・・。かっこいいですね!






a0051924_21114377.jpg






a0051924_21114337.jpg





a0051924_21114295.jpg






a0051924_21114272.jpg
キャッチタンクのパイプ経路をフレーム内側に移動してもらいました。これでリアカウルとの干渉は無くなりました。



いよいよ最終段階。キャブのエルボーは結果リアも70度の方が収まりがいいので再発注しました。9月中旬の入荷待ち。後はアクセルワイヤー製作とセットで仲川さんのお仕事は一旦終了です。夢のTT1ついに!完成まじか!

でもハーネス作るのにまた一年かかりそうですね・・・・休みなく・・・・・・(笑)





by hiki-hiroyuki | 2019-09-01 21:34 | Comments(0)

Ducati TT1への道40

グッチーのさんよりキャブのエルボーが届きました。90度がフロント70度がリアに取り付けとなります。いよいよこれでアクセルワイヤーのセットとなります!




a0051924_21554032.jpeg






もう少し車両ができてからと思いましたが結果発注しました。前川エンジンイアリング製のレデューサーです。ドカティー空冷750で使用しますと問い合わせしたところ、「この商品はツインリードの弁が0.05mmですが装着予定の車種ですと0.07mmが適切ですので、0.07mmのリード弁を装着したレデューサーを発送させていいただきます」とのことでした。パイプ系は22mm、エンジン側をできるだけ太さを確保するためです。乗り心地どんな感じか楽しみです。今のF1−2型には装着してません。

懸念されるオイル乳化で詰まる問題に関しては仲川さん曰く
ワンウエイはどれをつけても、乳化はあると思います。エンジンが高温になるサーキット走行では、オイルも高温、ブローバイも高温になって水分は蒸発し乳化しません・・・。

ガンガン走るには問題ないということです・・・。ストリートも使うので注意が必要ですね。






a0051924_21553919.jpeg


by hiki-hiroyuki | 2019-08-02 22:07 | Comments(0)

Ducati tt1への道39

ぐぐ〜〜〜と進んでいました。仲川さんの作業はほぼファイナルに近づいていました。すべてがセットされていくとこれはストリートナンバー付きのマシンではなく、完全にレーサーです(笑)いや〜かっこいい!


計量したところフロント75kg/リア66.5kgで合計141.5キロ ちょっと古い体重計なので自分の体重で確認したら各プラス1.5kgほどだったのでカウルも載せて乾燥重量で130キロ台です。後はレギュレターやウオタニ・ハーネスぐらいなのでF1よりかなり軽く仕上がりそうです。何より全体からでる雰囲気がただものではない!本当にレーサに仕上がってます。仲川さんが組むとほんとにすごい!です







a0051924_00262795.jpg


フロント







a0051924_00263723.jpg


リア













純正のブレーキスイッチ、ここも配管終了してました。すでにフルードも入り動作します!フロントブレーキライン完成!!


a0051924_01085897.jpg








a0051924_23585054.jpg







a0051924_21164406.jpg





     


a0051924_21164450.jpg







a0051924_23540957.jpg


















a0051924_00050515.jpg








a0051924_23571017.jpg







a0051924_23570673.jpg






a0051924_23592150.jpg




19✕18ではストッピングパワーが強すぎるとのこと、いずれは交換か?とりあえず一本指で行きましょうとのこと。レースならいいですが公道ならコケてしまうとのこと。効きすぎるブレーキのようです













リアブレーキも完成

a0051924_00001344.jpg
















クラッチ系もすべて完了してます!」


a0051924_23580312.jpg








a0051924_23583013.jpg









a0051924_00023033.jpg













オイルラインも完成

a0051924_00033173.jpg







a0051924_00034753.jpg

















チェーンも付きました!!


a0051924_00060997.jpg


スプロケのアジャスターもかっこいい!アルマイトしよっかな?









a0051924_00062278.jpg







a0051924_00062278.jpg















フロントキャブの頭がタンクに干渉するのでグッチーノさんに部品発注



a0051924_00070790.jpg






a0051924_00082543.jpg








a0051924_00102104.jpg



リアもエルバーの90度をつけたほうが収まりがいいので発注しました。












a0051924_00093401.jpg



リアフェンダー取り付けにも細かい技を見つけました。












a0051924_00110086.jpg



キャッチタンクのホースの取り回しはリアシートカウルと鑑賞するので変更します。












a0051924_00311120.jpg

車検対応用ハンドルロックとキーシリンダーも完了












a0051924_00315725.jpg








a0051924_00320303.jpg








a0051924_00322595.jpg








a0051924_00324448.jpg







a0051924_00325852.jpg









a0051924_00331141.jpg










a0051924_00332523.jpg







a0051924_01085758.jpg



この加工が大変です。上3つはすでに購入しましたが。。。。ミニクーパー用しかないかな〜と最後の悩みです(笑)











a0051924_00360663.jpg











a0051924_00454929.jpg















80年台ドカで2度8耐をライダーで走った仲川さん!すっかりドカは忘れたよ!と・・・・(笑)
でもずっとレーサーかつエンジニアの仲川さんの手にかかれば、部品の寄せ集めから本物のレーサーに変化していきました。
仲川さんにレースマシンを作ってもらうのがこのドカを入れて3台目です。一貫した仲川さんのポリシーに感嘆します。


仲川さん残作業 リアフェンダースイングアーク取り付けネジ加工
        キャブレター燃料配管
        アクセルワイヤー取り付け

これが終われば自宅に持ち帰りハーネス製作して、エンジンオイルを入れていよいよ火入れです。(これにはまだまだかかります)
追加にブローバイガスのワンウエイ(マエカワエンジニアリング)購入取り付けを検討中、ハマヒロさん伝授のキャブレター同期配管加工を考えてます。


さあ!いよいよですね!





by hiki-hiroyuki | 2019-07-21 00:51 | Comments(0)

Ducati TT1への道38

天見さんの3Dプリンターでビタローニの台座作ってもらいました。サイズバッチリです!ありがとうございます。
a0051924_21052740.jpg
a0051924_21052783.jpg
a0051924_21052760.jpg
a0051924_21052632.jpg
バッチリです!つけるの楽しみですね〜。
by hiki-hiroyuki | 2019-07-06 21:07 | Comments(0)

ducati TT1への道37

フォトショップで本物のTT1と2型カウルを写真で合成してみましたが意外や意外にそんなに変わりがなかったです。ペパクラの皆さんはストラントがもっと寝ているとのことですが・・・。
a0051924_21014986.jpg



a0051924_21020113.jpg
かなり近いです。ストラントの角度も変わりません。ゼッケンナンバ−1番のカウルはF1にかなり近いかもしれません。確かに別のレース車両はストラントが寝ている。バージョンもあります。


by hiki-hiroyuki | 2019-07-06 21:03 | Comments(0)

ducati TT1への道36

4月29日 久しぶりに仲川さんところに覗きに行ってきました。









キャッチアップタンク レギュレーション変更で500mlから1000mlに容量が変更になったようです。
a0051924_10243072.jpg






a0051924_10242766.jpg











これがアウト側でリアキャブの入りぐりにリターンを配管します。              
a0051924_10242557.jpg









a0051924_10252937.jpg









a0051924_10254367.jpg
上がエンジンからで下側がリアキャブの吸い込み口にリードします。





















a0051924_10291122.jpg
a0051924_10290789.jpg
a0051924_10290537.jpg
リアフェンダーも取り付けられてました。左前はスイングアームのステーが干渉しているので短いタップでビス穴を揉んでから短いスパナで緩めることができるように改造しておきますとのこと。現在はタイラップなんですが不細工なんでと・・・・仲川さん。













チェーンから巻き上げゴミ防止のプレートです。結構手間がかかったとのことです。リブを全て溶接でビス固定になってます。
a0051924_10315587.jpg







a0051924_10315820.jpg







a0051924_10315147.jpg







a0051924_10314933.jpg







a0051924_10314309.jpg











a0051924_10332342.jpg
プレスで曲げ加工をしてもらいマフラーとの干渉は解決です。
a0051924_10332518.jpg


いよいよフレームを弄るのは車検用ハンドルロックの受けのみとなりました。













GWは空いた時間でガレージの拡張を試しましたが結局は広くならずやはり3台置くのは難しそうです。
a0051924_10354992.jpg






a0051924_10354376.jpg






a0051924_10355541.jpg





by hiki-hiroyuki | 2019-05-04 10:43 | Comments(0)

ducati TT1への道35

仲川さんところより写真が送られてきました。またまた進んでいるようです。早く見に行きたいですね。





a0051924_22351951.jpg
マフラーにギリギリ干渉していたチェンジペダルを曲げ加工してもらいました。加工して外に出すこともできるとのことでしたが、曲げの方がしっくりいくと思いお願いしました。なんとなくレーサーぽいですね!





a0051924_22382127.jpg
a0051924_22381798.jpg
キャブカバーも完成です。とても凝った作りですね。必要がなかったリブを再溶接してもらいました。チェーンからの跳ね上げからキャブを守るためだそうです。F1にあるフェンダーとは違います。リアフェンダーはタイヤ側につきます。モンジュイのスイングアームにするか?ノーマルを取り付けるか?迷ってます。




a0051924_22411766.jpg
バッテリーの後ろにキャッチタンクがつきました。





あとはリアフェンダーの取り付け(これは溶接なしかな?)とハンドルロックの溶接でフレーム加工は終了です。仲川さん本当に素晴らしい仕事をありがとうございます。



by hiki-hiroyuki | 2019-04-07 22:45 | Comments(0)

6年前のクジラと激突しましたが無事に帰還した二人。新たにヒロが挑戦します。先週サンディエゴで見送ってきました。
無事に日本に到着することを祈ることしかできません。
前回から健常者と障がい者の太平洋横断に疑い等々あります。
僕は本当に意味が分かりません。だれだって太平洋横断はみんな初めてのチャレンジです。
障がい者と健常者が力をあわせて太平洋を渡ることになんの問題があるのか?
夫婦で世界一周する時、旦那さんはヨットが大好きでも。奥様は全く初心者ってことあるわけで・・・・。
シングルハンドで太平洋を渡ることのほうが安全?
僕はヒロとセーリング繰り返しして、シングルよりずっと安全だと思えるようになりました。
僕はシングルハンドの怖さをしっかり味わった人間です。ひとりよりヒロと航海する方がずっと楽しいし頼もしいです。

真っ暗な海でのセーリングです。
ライトをつければ見える???
そんなこと関係ないです。
月夜は昼並みにあかるいです。
でも本当の闇夜で時化なら、手のひらも見えないのです。
五感を研ぎ澄まし・・集中できた二人は・・・すばらしパフォーマンスを生むと信じます。

楽しんで太平洋横断という貴重な時間を・・・・。陸にあがればすべて過去の想いで・・・今しかないよ(笑)

がんばれダクさん ヒロさん

https://voyageofinspiration.com/




by hiki-hiroyuki | 2019-03-02 03:11 | Comments(0)

ducati TT1への道36

動画を作りました。仲川さんのすべての作業がここに!
by hiki-hiroyuki | 2019-02-10 23:32 | Comments(0)