グッチーノさんにお願いしたアトマイザー・ニードルK8・スロットルピストン・新しいメインジェット140・スロー65をリアの2型オリジナルキャブを取り外し、新たにガンメタ(ヤフオク)キャブをリアに取り付け、全ての部品を同じ条件へと昇華します。







まずは現行のアイドリング映像です。
すぐにアイドリングします。う〜〜んちょっとバラすの躊躇しますが、「起点」を作らないと・・・いつまでもニュアンスでやるしかないので!全部新調しますよ!!!





a0051924_20304527.jpg
a0051924_20310483.jpg
まずは丸裸に・・・とアンダーカウルを外すとオイルがべっとり・・・どこかからお漏らししているようです。エンジン下部をチェックしましたがリークは見つからずでした。

a0051924_20360133.jpg
本当に裸にしてばかりですねF1は!!!
a0051924_20352499.jpg
フロントキャブ写真メモ







a0051924_20351856.jpg
リアキャブ写真メモ





a0051924_20405044.jpg
フロントキャブ写真メモ








a0051924_20330786.jpg
このガンメタを新たにリアに装着します。
a0051924_20331687.jpg









a0051924_20343782.jpg
それなりに役に立ちました。







a0051924_20385124.jpg
リアのガンメタ。前後共同じキャブの方がセッティグが出しやすいということで付け替えです。ピカピカの部品が付きました。








なぜかリアの加速ポンプが作動しません。
a0051924_20423708.jpg
このポンプが動きません。ダイアフラムも新品で組んでますが全然吸い上げませんでした。結果2型オリジナルキャブの加速ポンプを外して移植したらあっさりと復活しました。いまだにわかりません????デフォルトで加速ポンプがダメ!ってことなんでしょうか?









a0051924_20450279.jpg
ダイアフラムのバネを入れ忘れてて、これだ!!と思って装填しても結果治りません?本当に不思議でした。








a0051924_21300559.jpg
フロントキャブにも新しい部品を全て装着。こちらは部品交換だけなのであっさりと終了。




a0051924_22091975.jpg
バネがきついのでこうしてからニードルをセットすると簡単です。
















エンジンは無事に始動しました。


アイドルスクリュー:まずは緩めた状態から少しづつ締めていき、スロットルに当たったところでストップ。左右同じ状態にしてから2回転ずつ締める。
ミクスチャースクリュー:フロントの反応が悪いようだが、まずま全閉から1.5回転緩める。
プラグ:まずは新品に交換
エンジン始動:アイドリングスクリューを前後ゆっくり緩めアイドリングを確認。
エンジンストップ:明日の試走に備える。


by hiki-hiroyuki | 2018-04-30 21:10 | Comments(0)

デロルトセッティングの整理
現在デロルトは2台分をストックしている。

①現在のF1に本日取り付け終了
通称:ガンメタ
ヤフオクで落としたもので一番状態がいい。このガンメタにアトマイザーアB265、ニードルK8、メイン140スロ−65、スロットルピストンを全てを新調しやっとこさで取り付け完了。
a0051924_18413960.jpg
a0051924_18421004.jpg
右上が本日リアに取り付けたガンメタ。

a0051924_18441277.jpg
インテークが樹脂とパッキンタイプ。














②F1−2型オリジナル
a0051924_18460709.jpg
上の二つがオリジナル。
a0051924_18464136.jpg
インテークはパッキンはなく樹脂の加工が丁寧に一体で形成されているのが特徴。この部品はもう手に入りませんね。













③3型キャブ
a0051924_18460709.jpg
下の二つがセットとなります。これもヤフオク品ですが状態は良いようです。これをオーバーホールして予備としましょう。


インテーク側はストレートの樹脂のスリーブのみ
a0051924_18504867.jpg
ガンメタ同様にこの44mmのパッキンが手に入れば良いのですがこれはグッチーノさんに頼んでも品番がわからず入手できません。

インシュレーターも欠品なのでモトグッチさんに注文が必要です。


by hiki-hiroyuki | 2018-04-30 19:04 | Comments(0)

ducati tt1への道20

久さしぶりに仲川さんところ行くとフロント三又加工が終わりフロントフォークがセットされてました。

そもそもSR4モンスター用をヤフオクしたのち、900SS用のオーリンズのフロンントフォークを手に入れ、延長キットをどっちに入れたか再確認が必要です。

SR4に50mm 900SSに50mm
どちらに延長したのか確認必要です。


2018年4月5日追記
仲川さんに実測してもらいました。どうやら短い方SR4モンスター用(アスクルセンターからトップ705mm)に延長キットが付いてたようです。よって900SS用(アスクルセンターからトップ730mm)に延長キットを移植し、全長840mm仕様にして、突き出し量を調整できる方が良いとなりました。いよいよ高く買ったSR4用モンスターオーリンズはヤフオク行きです。売れるかな〜、、、、、。高かったので。



ステムシャフトは微妙な段差があります。

オリジナル900SSの三又だと、アンダーブラケットがフレームにヒットします。(そもそも10mmステムチューブがF1より短いです)
ハンドルの切れ角を稼ぐためにスペーサーを入れてアンダーブラケットを下げるべくステフシャフトの大改造を仲川さんにお願いしました。
溶接による肉盛りしたのちの加工なので本来は良くないことなのですが、トータルで考えて両サスペンションも支えている構造なので、改めシャフトを作らず蘇生させる神業加工と成りました。








a0051924_20535041.png
これが900SS用。全長が79cmとあります。








a0051924_20544749.png


こちらがSR4用。全長が715mmと成ってます。現在取り付けているフォークが900SSに延長50mmだとすると、こちらは売却です。高かったのでまた大損の予感!!ショップヤフオクだったので。状態は最高ですが・・・・。






a0051924_20572236.jpg






a0051924_20593980.jpg
写真はボケてますがこのスペーサーを入れてアンダーブラケットを1センチ下げました。

a0051924_21011037.jpg
その結果アンダーブラケットがフレームに当たらなくなりました。もちろんストッパーをつけなければフォークのアウターがフレームにヒットします。




a0051924_21020378.jpg
上からの写真です。ジュラコンのストッパーでギリギリまで追い詰めますが、そもそものスピードメータの取り付けブラケットがステムチューブのセンターになく仲川さんに取り外しのち再溶接をお願いしました。(ベルリッキ製のレーシングフレームにはそもそもこの受けは無いようです。後付けセンター芯がでてい溶接だったようです)このままジュラコンをセットすると左右の長さがかなり変わってしまいます。





a0051924_21070492.jpg




a0051924_21070437.jpg




a0051924_21070433.jpg




a0051924_21070448.jpg




a0051924_21070311.jpg




a0051924_21070370.jpg




a0051924_21070357.jpg


おそらく790mmの900SS用に50mmの延長キットを付けたと思いますが・・・・。また確認です。しかしこれがゼロ荷重です。前のツッコミは改善されました。仲川さん曰くリアをもう少し上げれば大丈夫でしょう・・・とのこと。
以前のフォークではかなり前のめりでした。一体何を伸ばしたのか?昔のブログ戻れば判ります。よし・・・・見てみます!(しかしどう見ても900SS用を延長してますね。そもそもの全長差が・・・・)

いや〜〜しかしゴールドはテンション上がります。80年代をトレースするなら、ありえないカスタムですが(笑)







これでいよいよフロント周り(スピードメーター・ビックブレンボ・ディスクキャリパー取り付け・フェンダー)に進みます。



by hiki-hiroyuki | 2018-04-01 21:19 | Comments(0)

仲川さんからシリンダーにダメージがあること、吸気のバルブが摩耗し交換時期とのこと。
現物を見せてもらいました。

a0051924_20045336.jpg
a0051924_20045705.jpg
後方に傷があります。排気側です。




a0051924_20050482.jpg
a0051924_20050624.jpg
マイクロゲージで計ると明らかに変摩耗、台形に削れてます。



a0051924_20064740.jpg
これがニューシンリンダーです。少し大きめなのでピストンにコーティング加工をして少し大きく加工中。

a0051924_20083917.jpg
a0051924_20083388.jpg
計測工具はやはり大事なものなんですね。僕には必要ありませんがいつかは覚えたい・・・ですね。



続いて吸気バルブもくたびれているので交換です。排気側は熱問題もあり最初から強いものが入っているのですが、吸気側はガイドのところが痩せてきてました。今回はガイドの打ち替えはまだ大丈夫なので吸気側を新しく交換します。

a0051924_20101144.jpg
a0051924_20101184.jpg
a0051924_20101133.jpg
マイクロメーターは全ての温度を合わせてから計るのが基本とのこと。体温だけでも膨張し、正確に数値が出ないとのこと。デリケートなものなんですね。すごい!すごい!
a0051924_20101161.jpg
a0051924_20101246.jpg
a0051924_20101211.jpg


by hiki-hiroyuki | 2018-04-01 20:14 | Comments(0)